高配当戦略

blankお金と投資

2000年以降のダウの犬投資法がけっこう凄い【子犬かPPPをしたい】

ダウの犬投資法をご存知ですか?一時期、有名になり過ぎて有効性を失いました。マルキール先生には「ただの負け犬」と称される始末。本記事では投資法の紹介と輝きを取り戻した2000年以降のリターンを紹介しております。サテライト運用としても面白いのでご覧ください。
blankお金と投資

SMT米国株配当貴族インデックスの実質コストは年率0.68%と優秀(信託報酬は0.59%)

読者の方より質問があったSMT米国株配当貴族インデックスを少し調べてみました。実質コストは想像と違い優秀でした。また、使用している指数もかなり優秀なものに感じます。いろいろ調べると発見がありますね。
blankお金と投資

楽天VTIの積立をやめて、米国株配当貴族インデックスにしたい。大丈夫かな?

読者様よりご質問を頂きました。高配当というのは、人を惹きつける魅力があります。サテライト運用の楽天VTIを配当貴族インデックスへ乗りかえても大丈夫?という内容に、私ならこうするな~と記事にまとめました。
blankワンタップバイ(現PayPay証券)

楽天証券で海外ETFが買いやすくなったのでワンタップバイと比較をしてみる

楽天証券が米国株式の最低手数料を大幅に下げました。管理人はワンタップバイというネット証券で米国株を少額運用しているので、どちらがお得か比べてみました。
blankお金と投資

マクドナルド(MCD)からの配当金。こつこつと再投資をしていく

マクドナルド(MCD)より2019年6月分の配当金が入金されました。せっかくなので半期の配当金を見たら昨年より下がってそうな感じです。世界経済が失速しているんでしょうか。
blankワンタップバイ(現PayPay証券)

石油株(XOM)が下がっているので買い増し。今月のお小遣い投資終了

お小遣い投資をしているワンタップバイで、エクソンモービル(XOM)が下がっていたので6月初日に買い増しをしました。早くも今月のお小遣い投資は終了しました。
blank海外ETF

複業(副業)で一定金額が貯まったので、自分年金のBNDを買い増し

徐々に復業(副業)でのお金が貯まってきたので、BND(米国トータル債券)を自分年金用に買い増しをしました。先は分かりませんが、愚直に続けていこうと思います。
blankワンタップバイ(現PayPay証券)

エクソンモービル(XOM)は世界最大の石油精製品頂点ブランド【石油メジャー】

石油メジャーであるエクソンモービル(XOM)の評価と保有理由を書いています。高配当銘柄として米国株投資家には人気の銘柄でもありますね。
blankワンタップバイ(現PayPay証券)

火中の栗。GWに落ちていたエクソンモービルを拾う

最近、ワンタップバイの調子が全体的に良すぎたので、久しぶりにマイナスになったエクソンモービル(XOM)を購入しました。一年前との比較も載せています。
blankお金と投資

こどもの日に向けて株式投資を考える。投資信託、海外ETF、ドルMMFどれにするか

子供用口座は自分の口座以上に見る事がありませんが、誕生日、年末、そして子供の日に少し見たり考えたりします。ちょうどDIAを買おうと考えていたので、改めて思った事を記事にしました。
blank海外ETF

読者質問|海外ETFの配当課税は、もしかして長期投資に向かないのでは?

読者様より、私がしているVYMとBNDの自分年金作りを気に入って下さり、ご質問をいただきました。記事にてご回答を致します。
blankワンタップバイ(現PayPay証券)

個別株でもバイアンドホールドを継続。ファイザーを買い増すターン到来

お小遣い投資のワンダップバイで下がり続けているPFE(ファイザー)を購入しました。昨年のP&Gがこんな感じでした。
blankワンタップバイ(現PayPay証券)

アクティブ投資は確実にS&P500に負けるのか。私の実績と見合わせてみる

アクティブファンドはインデックス投資に勝てない。これは事実ですが、しっかり分散した銘柄をバイアンドホールドをしていると案外大負けはしていないので、私の実績を紹介します。
blankワンタップバイ(現PayPay証券)

小額からの米国株高配当戦略。資産の推移や保有銘柄も紹介【ワンタップバイ】

ワンタップバイで小額から始める高配当&再投資戦略についての紹介です。資産や損益の推移と保有銘柄の簡単紹介もしています。
blank海外ETF

VYMは信託報酬0.06%で米国高配当株式へ投資が出来る海外ETF

バリュー株ETF的な性格をもつVYMの紹介です。高配当を貰いつつ、S&P500に匹敵する成長力も期待ができます。