2022年3月時点の老後資産状況|そろそろリバランス検討の時期かも

お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2022年は激動というスタートになりました。年初から米国株の下落が続き、ロシアのウクライナ侵攻、止まらないインフレ・・・

どうなるか分かりませんが、資産形成は淡々と続けたいところ。。

 

さて、管理人は3ヶ月に一度、老後資産の状況をチェックしています。

人の資産状況って気になる人は多いかと思います。私は気になる方なので。笑

 

記事内容は、老後資産の状況を書いたものです。好調だった2019年あたりの資産ともちょっと比較しています。

 

株高が続いているのでログを取っておき後日のネタになればとも。笑

管理人のリスク許容度などが参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

リスク資産の状況

blank

楽天証券リスク資産状況20220319時点

ほとんどのリスク資産は楽天証券に集まっています。

海外ETFが主力で、つみたてNISA、国内株式(ETF)などが続きます。海外ETFだけで1000万円くらいあるので最近は100万円くらい余裕でブレるようになってきました。

外貨MMFは分配金をプールしている分ですね。預かり金が3,524,435円とそこそこな金額ですが暴落時に突っ込む資金ですね。あと同じような感じで楽天銀行にも無リスク資産がります。(つみたてNISAの待機資金とかもあるけど超大雑把。)

ここに無リスク資産(現金等)が入ることで大体のポートフォリオを把握しています。

 

2022年3月19時点でのポートフォリオ

blank

(参考)2021年12月18日時点

blank

2022年3月19日時点

カウチポテトから若干ズレてきています。

2022年初からの下落で半々くらいになったかと思ってたら変わらずでした。

さすがに「じぶん年金」を売ってでもリバランスしようかな、と悩み中です。まぁカウチポテトなので多少株式売っても暴騰には乗れるし、気楽にいきます。

未来は誰にも分かりませんが、株価が高値更新を続けてもラッキー、しばらく下落相場が続いても安く買えるだけのキャッシュも用意しているのでラッキー。

心の平穏を保てるお気楽ポートフォリオです。

 

記事を書き終わったあとにリバランスをしました。後日リバランスした銘柄や金額などを記事にする予定です。

 

昨年は下記の2つをリバランスで売りました。

残しておいたら儲かったかもですが、そんなことより生き残ることと自分が続けやすいことが大切な気がします。

関連記事リバランス|コロナショックで拾ったVTIを全部売りました

関連記事【リバランス報告】HDV(一般NISA)を完全売却しました【気分スッキリ】

※リンクは新しいタブで開きます

 

ただ、過去の資産がほとんど一般口座での海外ETFなので売れる手持ちが無くなってきました。

金額的に150万円のキャッシュを作る必要があるんですが、そんなにない模様。。

blank

現金化できそうな資産202220319時点

ざっくり50万円くらい?

週末なので記事を先に書いて準備してるんですが、公開するときにはすでにリバランス発動してるかも。

 

けっこう売るのが難しい、という声を聴きますが慣れたらカンタン。下記が参考になれば幸いです。

関連記事リバランスで株売るのって勇気いりますよね?→売り注文出してたら超カンタン

※リンクは新しいタブで開きます

 

リスク資産と無リスク資産の金額

blank

  • リスク資産:18,748,688円(17,206,164円)
  • 無リスク資産:15,562,513円(14,819,187円)
  • 合計:34,311,201円(32,025,351円)

※()は2021年12月の数字。

副業+配当のおかげもあって大幅に増えます。

これはカウチポテトの素晴らしいところなんですけど、株価大暴落で半減したとしても老後問題2000万円をクリアできるだろう、というのは心強いですね。

 

株高と副業の調子がよければ50歳までに4000万円が見えてきそうですが現実はそんなに甘くないでしょうね。

株式受難の時代もあるでしょうが、それもバイアンドホールドで乗り越えて老後に1.5倍くらいになっていると嬉しいなぁ、と。

つみたてNISA買い増しをしていくので5000万円が見えてくるかも。

 

参考|2019年12月末の金額

過去の記事を探したら一昨年末の金額が出てきました。

  • リスク資産:9,689,585円
  • 無リスク資産:11,315,105円
  • 合計:21,004,690円

2年で1300万円増えたというのは低収入、一馬力のふところ事情から考えると大きいですね。

リバランスで現金化してたのをコロナショックに突っ込んだ株式のおかげではあります。今は無リスク資産の比率が逆転しているので、どこかでブレーキ(リバランス)を踏まなきゃですね。

 

2021年は副業がバグった数字を出したり株価もバグっていたりと、資本主義の恩恵を感じた一年となりました。

今後もリスク資産と無リスク資産の比率をみておけば焦ることはないかな、と。長期投資の後半入口なので焦らずのんびりいきます。

 

今後はポートフォリオを変えるかも

blank

今回はリバランスをしようかと思ってるんですが・・・

転職をしたので老後資産はあまり伸びません。。

副業収入があるときに国内ETF(2558、2559)が増えていくと思います。

無リスク資産の部分を増やすのは、給与からの入金です。ここが厳しい。。

大きくポートフォリオが変わらないように見ていきたいですが、つみたてNISAなどでリスク資産が増えていくのは止められません。

 

個人的にはこんな感じになったら、投資も労働もしなくて良いかな、と。

  • 海外ETF 1500万円
  • 国内ETF 1500万円

配当+副業でゆるい生き方は見えてくる?

(つみたてNISA+キャッシュ1000万円は老後取り崩し用)

 

今から3000万円はさすがに草wwという声もありそうですが、海外ETFが1200万円、国内ETFは350万円くらいあります。

海外ETFは配当再投資

国内ETFは副業でコツコツ買い増し

低迷用に貯めてるキャッシュ350万円で買い向かう

とか、やってると10年くらいしたらクリアできる気がします。副業で毎年100万円は無理だけど株価低迷と暴騰があればワンチャン…

 

カウチポテトどころじゃなくなってるけど、その頃には登場しているであろう債券ETFを多めに入れたら解決する気がします。

 

ETFは配当を使っていても投資元本が成長してくれるのも嬉しい点ですね。しばらくは2558(S&P500ETF)と2559(全世界ETF)を買っていきます。

20年後くらいには今買った2558って、投資元本から見るとそこそこ良い配当利回りを生んでくれてると思うのですがどうでしょうか。

おわりに|そろそろリバランスを考える時期・・・

blank

2022年第一四半期は思ったより資産は下がらずでした。

どういった状況でも楽しめるとは思うのですが、株式の上げ下げに付き合っていたら疲れるので普段は忘れるくらいがちょうど良いですね。

 

積立投資も日々のお仕事があってこそ。

管理人のように仕事が無くならないよう、読者の皆様におきましては「いのちだいじに」で乗り切って貰いたいところ。

幸いにしてコツコツと資産を積み上げてきたこと、生活防衛費を用意していること、その他いろいろあって焦る状況には陥りにくくなりました。

 

ちょっと市場が不安定な時期が続きそうですが、ゆっくり資産形成していけたら思っています。

お互い焦らず頑張りましょうね。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

人の資産状況見るの好きやねん、という方からのポチをお待ちしております。

 

本業、副業を頑張りました。二つ頑張れば、どちらかが失敗しても、もう片方があるというのはメンタル安定に役立っています。

人生100年時代を考えると一生続けられる仕事ができる人はホント限られているのでしょう。

そういった意味ではライトシフトで書かれていた色んなスキルを使いながら生きていくポートフォリオワーカーが現実となっています。少なくとも管理人はそうなりました。

老後の不安というのはお金を稼ぎ続けられるか…ということでもあるので、年末年始に読んでみるのも良いかもですね。どうやって生きていこうかと考えるのはこれからもっと大切になってくると思います。

ちなみに管理人はオーディブルで聴きました。

>>オーディブル30日間無料体験

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました