SPYDは経費率0.07%で高配当銘柄を均等投資する海外ETF|利回り5%以上

アメリカ国旗 海外ETF

高配当ETFといえば、バンガードのVYM、ブラックロックのHDVが有名ですが、ステートストリートからもSPYDという商品がでています。

2社のETFとは、方針もガラリと変わっていて非常に面白い高配当ETFです。

記事内容はSPYDを紹介したもの。

基本情報と共に、競合商品との比較や、分配再投資をした場合のリターンを紹介しております。

ポートフォリオの一部にインカムを重視したい方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

SPYDの基本情報やチャート

アメリカ国旗

SPYDはステートストリートが運用する高配当株ETFです。

ステートストリートは世界で初めてのETF、SPY(S&P500)が有名ですね。

構成はS&P500から選ばれた高配当銘柄の上位80社で、イコールウェイト(均等加重)という面白みがあります。

SPYD基本情報

ティッカーコードSPYD
運用会社ステートストリート
ベンチマーク
(連動指数)
S&P500高配当指数
保有銘柄数80
S&P500の高配当銘柄から上位80社
投資スタイルイコールウェイト(均等加重)
リバランス年2回
配当スケジュール3月、6月、9月、12月
経費率年0.07%
高配当ETFとしては超低コスト
直近配当利回り5.13%
設定日2015年10月22日
歴史が浅いのが残念。でも将来有望
上場市場NYSE Arca

注目したいのが均等加重という事。

高配当銘柄というと、どうしても古くから続く企業への時価総額加重が大きくなってしまいます。

 

例えばタバコ株であるフィリップモリス(PM)やアルトリアグループ(MO)、エネルギーだとエクソンモービル(XOM)など。

状況によっては金融株も比重が大きくなります。

 

一方でSPYDの場合は、、

  • 1銘柄あたり1.25%(100÷80銘柄=1.25)を基本とします
  • 当然、株価は動くのでズレが出ますが、年2回のリバランスで修正

こうすることで、特定の1社が大きく下げても全体としてのダメージを軽減できます。

S&P500の銘柄は優良大型株といっても、クラフト・ハインツ(KFC)のゼネラルエレクトリック(GE)のように、1社が業績不振や悪情報で株価が落ちた場合も被害は小さいのは魅力。

 

代わりに勢いにのって、大きく値上がりを取るというのは受けられません。

2015年からS&P500がGAFAといったモンスター企業の成長をうけ一気に値を上げたような事が期待できないのです。

しかし、安定して高配当銘柄からのインカムを考えている管理人は好きな方式なので、購入を考えています。

 

詳細情報はステートストリートのSPYDプロダクトシート(PDF)もご参照ください。

外部リンクSPDR® ポートフォリオ S&P 500® 高配当株式 ETF

※リンクは新しいタブで開きます

設定来と直近のチャート

SPYD年初来チャート

SPYDの年初来チャート

画像元はYahoo!financeです。

2018年終わりの急落から回復したものの、米中貿易戦争などで揺れ動いています。

しばらくは、この状況が続いたり、急落があるような気がしますね。

 

意外と1株単価も安いので、海外ETFが初めての方が買ってみるというのもしやすいかも。

2019年9月1日終値は36.05ドルと、日本円換算すると4,000円を切っています。

個別株と違って倒産リスクは無視できます。

 

見方を変えて設定来のチャートです。

SPYD設定来チャート

設定日が2015年10月22日なので、ちょっと日が浅いですね。

2016年、2017年の株高をうけ、約3年で20%くらい成長をしているので、あとは下落体制がどのくらいあるかが問題です。

連動指数はS&P500高配当指数

S&P500の採用銘柄のうち、高利回りの上位80銘柄へ連動を目標とします。

加重平均であり、1銘柄当たり1.25%となるのが特徴です。

現在、この指数に対応した投資信託はありません。

米国株式配当貴族インデックスより、信託報酬を安くしたSPYD投信を作って欲しいですね。

関連記事SMT米国株配当貴族インデックスの実質コストは年率0.68%と優秀(信託報酬は0.59%)

※リンクは新しいタブで開きます

SPYDの経費率は年0.07%

経費率は驚異的な0.07%です。

ETFは購入時に手数料を払うため、かかるコストはガラス張りです。

投資信託のように隠れコストなどを心配する必要が無いのもメリット。

ライバルである、VYMが0.06%、HDVが0.08%ですので、ステートストリートの本気具合がうかがえます。

SPYDの保有上位10銘柄

銘柄保有比率(%)
ニューウェル・ブランズ(NWL)1.54%
クラウン・キャッスル・インターナショナル(CCI)1.50%
キャンベルスープ(CPB)1.48%
HCP(HCP)1.45%
ペンタス(VTR)1.44%
エンタジー(ETR)1.44%
ケロッグ(K)1.44%
ウェルタワー(WELL)1.44%
リアルティ・インカム(O)1.42%
デューク・エナジー(DUK)1.42%
合計14.57%

上位10銘柄ですが、半年ごとのリバランスがあるので特に心配する必要はありません。

ここらへんは均等加重のメリットです。

しかし知ってる銘柄が全然ありませんね。。

キャンベルスープ(CPB)とケロッグ(K)くらいです。

ケロッグは朝食で有名な、あのケロッグです。

SPYDのセクター

SPYDのセクター比率

SPYDのセクター比率

業種保有比率(%)
不動産24.5
公益21.70
一般消費財10.9
生活必需品9.00
エネルギー8.2
情報技術5.8
コミュニケーション5.3
ヘルスケア4.1
資本財2.3
素材2.2

SPYDはS&P500の中から高配当銘柄を選出したものです。

あまり知られていないかも知れませんが、S&P500の中には不動産銘柄であるRIETも含まれています。

そしてRIETは利回りのほとんどを配当で出すので当然高配当。

という事で、セクター比率では不動産がトップという事で、けっこうな偏りがあります。

不動産と公益で半数近くを占める形になっていますね。

 

ブラックロック社のHDVは生活必需品やエネルギーセクターが大きく、バンガードのVYMは金融に占める割合が大きいです。

 

3社の高配当ETFでここまで違いが出るのも面白いですね。

また、均等加重で1銘柄当たりの下落リスクは安心感がありますが、不動産というのは超景気敏感株です。

リーマンショックの時は地獄の様相をみせていたので、高配当=低リスクではない事は注意が必要かな、と。

SPYDの配当利回りと伸び率

SPYD配当金推移

SPYD配当金推移

配当日1株当たりの金額(ドル)
2015/12/70.331
2016/3/210.277
2016/6/170.326
2016/9/160.326
2016/12/160.585
2017/3/110.318
2017/6/160.343
2017/9/150.363
2017/12/150.712
2018/3/160.349
2018/6/150.376
2018/9/210.451
2018/12/210.443
2019/3/150.339
2019/6/210.462

分配金(配当)は緩やかですが、順調な右肩上がりを見せています。

現在価格で保有した場合、20年後には投資元本に対して超高利回りのキャッシュマシーンとなる事を期待してしまいますね。

SPYDが成長すると投資元本で見たら超利回りになる

こういったポケットにお金を入れてくれる資産を、コツコツと増やしていきたいと思っています。

 

ななし
ななし

現在は、VYMとBNDを増やしていますが、不況時にRIET部分の影響で大きく下がったらSPYDも積極的に買っていきたいです。

関連記事BNDは米国債券市場へまるっと投資する海外ETF【安定した利回りが魅力】

※リンクは新しいタブで開きます

 

SPYDとVYM、HDVの比較や個人的評価

子供たちのボール遊び

競合となる他社ETFは以下の2銘柄です。

  • バンガード:VYM
  • ブラックロック:HDV

VYMは銘柄数400と分散に優れておりセクターごとの偏りは少ないです。

HDVは銘柄数75と絞り込んでいるのが特徴で、ヘルスケア、エネルギー、生活必需品セクターで60%以上を占めます。

商品詳細は記事を読んで頂けると嬉しいです。

関連記事VYMは信託報酬0.06%で米国高配当株式へ投資が出来る海外ETF

関連記事【高配当海外ETF】長い付き合いの老後資産HDVを紹介【実際の配当金画像あり】

※リンクは新しいタブで開きます

高配当ETF勝負|SPYD、HDV、VYM

SPYD、VYM、HDV比較チャート

青色:SPYD

水色:VYM

紫色:HDV

セクター比率が三者三様なので、状況次第で強い弱いがでてきますね。

SPYDの見方としては、不動産セクターが大きいので景気には敏感です。

上がる時は一気に上げて、下がる時も速い。

 

チャート上では配当を含んでいないので、結果的には3つの銘柄とも近いリターンになるのではないでしょうか。

 

SPYD設定来チャートで一番結果の良かったVYM(28.6%)と、悪かったSPYD(19.65%)の配当込み比較です。

SPYD設定来での対VYM配当込みチャート

チャートはETFreplayです。

緑色:SPYD

水色:VYM

2019年8月の急落が大きかったのか、現時点では6%ほどVYMに負けています。

とはいえ、他の期間を見てみると、やはり配当込みチャートの場合は大きく変わらないイメージですね。

SPYDの将来見込み(モンテカルロシミュレーション)

SPYDモンテカルロシミュレーター

上記の予測は将来を表すものでは無いのでご注意を。

設定来の期間が短いため、あくまでも参考といったイメージです。

景気敏感株の不動産セクターを多く含んでいるので、不況で大きく凹んだ場合は30年保有してもリターンがマイナスの可能性が出ています。

実際には長期再投資をした場合、所感ですが、、、

  • SPYDを15年バイアンドホールドして1.5~2倍
  • SPYDを30年バイアンドホールドして2~3倍

くらいが理想的なリターンと思います。

その間、S&P500指数の中から選ばれた高配当銘柄から、定期的に配当が受け取れます。

 

ちょっとS&P500ETFである、VOOとの比較チャートも見てみましょうか。

VOOとSPYDの比較チャート

直近3年の配当込みSPYDとVOOのチャート

緑色:SPYD

水色:VOO

直近3年データ、配当込みの結果です。

AppleやAmazon、GoogleといったIT界の巨人がS&P500を引き上げていたので、大きく離されていますね。

S&P500だけ投資するのが一番効率的と言われる所以でしょうか。

 

とはいえ、未来は誰にも分かりません。

そして、どちらも良質な海外ETFであり、良質な指数です。

悩んだらVOO、高配当が好みならSPYDといった選び方でも、どちらも明るい未来があると思います。

リスクを負った上でのリターンは正当なものとなるでしょう。

管理人の所感|SPYDはどんな人へおすすめか

管理人の所感となりますが、キャピタルだけ追いかける商品よりも、元本を取り崩さずに配当インカムをしっかり受け取りたい人には最適かな、と。

2019年9月1日時点で、分配金(配当)利回りが5%出ているというのは、他の高配当ETFやハイイールド債券ETFを見ても難しいです。

※かなりリスクが高いハイイールド債券HYGも年5%くらい

関連記事年5%!HYGは高利回りのハイイールド社債を集めた海外ETF【評価と将来見込みあり】

※リンクは新しいタブで開きます

 

米国REITを直接買いは怖いけど、ポートフォリオに少し含ませたい、という人には良い選択肢だと思います。

SPYDの口コミ、Twitterでの反応

SPYDの現時点でのリターンを心配している声は少ないです。

長期的に見て、配当による手残りをしっかり確保したい声が多いですね。

Twitterでの反応

個性的なこともあってか、SPYDは危険という声は見当たりません。

やはり配当金を生活の一部にする、という考えは多いようです。

SPYDを買える証券会社

SPYDは以下の証券会社で購入ができます。

もしかすると、オフラインで取り扱いがある証券会社もあるかもですが、手数料を考えると上記3社での取引が最良でしょう。

 

SBI証券、楽天証券、マネックス証券は、最低手数料もなく、この3社から買うのが一番です。

ななし
ななし

管理人は楽天証券を使って海外ETFを買っています。

まとめ|SPYDはS&P500の高配当上位80社へ投資する海外ETF

  • S&P500という優良企業集合体の中から選ばれた高配当企業80社へ分散投資
  • 半年に一度リバランスをしてくれる
  • 銘柄は平均加重(各1.25%)
  • セクターは不動産が多く景気敏感型

コアはVOOVTといった主要商品で抑えつつ、サテライトで運用をしたいETFです。

管理人は、じぶん年金としてVYMBNDを半々で積み立てていますが、SPYDも組み込みたくなってきていたり。笑

※リンクになっている部分は各ETFの記事が開くようになっています

 

今後もこういったポケットにお金をいれてくれる資産をコツコツと増やしていこうと思います。

 

関連記事です。

資産と負債|ポケットにお金をいれてくれるものを増やして、奪うものを減らそう

お金持ちになる必用はないと思っていますが、チャリンチャリンとなる資産を増やして、老後の不安を解消していきたいですね。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新しているので、通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました