結婚についてのメリット

生活

以前、子供を授かる時に不安だったお金の話を記事にしました。

子供が出来た時に不安だったお金の事。将来お金に困らない為の行動。
お金の不安はありましたが30万円で少し気が楽になりました。

改めて結婚して良かったと思います。

結婚の経済的メリットについてのお話しです。(好きな人と一緒にいられて幸せとか、手を繋ぎ放題とかは書きません。)

スポンサーリンク

経済的メリット

 

メリット

私はサラリーマンなので、普通の会社員としての記載になります。

稼ぎ手が二人用意出来るという事。これは最強にメリットでしょう。たとえ生活費が1.5倍になっても収入は2倍です。サラリーマンで収入を2倍にする事は、非常に難しいです。税金も上がります。

うちはまだ子供が小さく、妻は専業主婦です。特に問題が無ければ私一人の稼ぎで何とかしたいとも思っています。

ななし
ななし

ネットでは色々書かれている専業主婦ですが、それでも二人で1家族を支えれば良いというメリットはやはり絶大です。

ただし1家族の年金と保険料はかなり大きい金額です。

子供が生まれる前、4ヵ月ほど無職を満喫していたのですが、国民年金2人分と健康保険の支払いはやはり辛いものがありました。社会復帰した時に改めてサラリーマンの有り難みを実感しました。

また、将来働くにしても扶養範囲内であれば税負担は少なく済みます。サラリーマンも自営業の方も羨む税負担の無い収入です。

今後、減っていくかも知れませんが103万円までの非課税労働収入が期待可能というは大きいです。

 

資産形成のメリット

徐々に積みあがるお金

お小遣い制になってATM扱いとか言われますが、収入と資産を一本化できるのもメリットでしょう。二人で一つの資産を作っていく事が出来ます。

簡単なところだと、つみたてNISAが2アカウント使えます。非課税枠が年間80万円×20年で1600万円になります。

若ければ、これを主軸にして生活防衛費と通常貯蓄だけで老後の不安はかなり解消されるでしょう。

稼ぎ手側の収入で生活が出来ていて、子供が大きくなり相方側に余裕があれば月数万、例え月1万円の収入が増えたとすれば、それを投資に回すことで資産形成には非常に大きなリターンとして還ってくるでしょう。

パートに出なくても今ならブログと広告収入で何とかなる範囲です。改めてAdSense凄い。。

まぁ、働いた分のお小遣いの割合相談は家族内で、となりますが。お小遣い制を引いていれば、その割合で良いと思います。

パートしている家庭のお小遣いの取り分ってどうなってるでしょうか。気になります。

 

その他メリット

親戚付き合いが嫌だ、とかも聞きますが、何かあった時に互いの親族に頼る事が出来るのもメリットです。

一人で生きていけるとは思っていても、人生何があるか分かりません。親戚が増えるという事は、味方が増えるという事でもあります。

 

まとめ

  • 働き手が二人
  • 資産の一本化

この二つがずば抜けてますね。デメリットなんて言いだしたらきりがないので、結婚のメリットを記事にしました。

 

晩婚化のニュースが多いですが、若いうちに結婚して二人で稼いでがっつり貯めて、つみたてNISAで老後の投資も進めておけば、経済的不安は少なくなるしメリットばかりと思うのです。

収入が少ないほど、上記2点のメリットを活かせるので、節税や有利なお金の使い方などと合わせて上手いこと家庭で伝えていけるよう頑張ります。

教育現場では中々言えない事かも知れませんが、実際に二人で働いて貰えるお金や税金、借金の勉強は授業に入れて欲しいです。

結婚をする事で、現実的にお金の不安が減る事をメリットとして伝え、子供を持つ家庭が増えて少子化を解消していく。

国にとってもアピールしがいがあるような気もします。年金も学校で教えると面白いと思います。個人的にはメリットの方が大きいと思っているので、これもまた調べて記事にしたいです。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする