ベストバイストック2020開催中

自分が死んだときに備えて証券口座のIDやパスワードを家族に教えておく必要はない

ハテナ?マークの画像お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

もし自分に何かあった場合、証券口座にある資産はどうしよう。すぐに引き出せるようにパスワードとかを家族に教えていた方が良いかな?

色々、悩んじゃいますよね。

こういった心配をしている場合、パスワードは教えず、利用している証券口座一覧などを作り、万が一のときは死亡届を用意して証券会社へ連絡してもらうようにしておくと良いです。

むらちゅう@saikintoushiさんのtweetやタイムラインが超参考になります。

ななし
ななし

死後のログインがなりすまし扱いになる可能性は考えもしなかったので勉強になりました。

スポンサーリンク

自分が死んだときに備えて証券口座のIDやパスワードを家族に教えておく必要はない

自分が死んだときに備えて証券口座のIDやパスワードを家族に教えておく必要はありません。

これは証券会社に死亡届と住民票があれば向こうで処理してくれるからですね。

ちなみにお世話になっていた先輩の話だと銀行や保険でも死亡届が一番手っ取り早いようです。先方もプロなので対応は慣れている、とのこと。

 

一緒に住んでいる家族が当面の生活に困ってしまう、というケースがあるかも知れません。そんな場合は生活防衛費を配偶者にも分けておくと良いかも。

良く考えたら管理人はそこまでしていませんが、妻と子がしばらく生活できるお金くらいはあるでしょうし、実家もあるので心配は不要かな、と。(ホントに現金が必要なら子供の銀行口座には確実にお金が入っている。)

 

便利なのは銀行口座、証券口座、クレジットカード、連絡して欲しい友人といった感じで一覧を作っておくことですかね。

管理人はエクセルで管理しており、3ヶ月に1回、資産チェックと合わせて更新したものを妻のデスクトップに貼り付けています。

結婚前は印刷したものを机の中に入れてました。もし事故で死んでも家族の誰かが見つけてくれるだろうと。

 

どんな感じで作れば良いかは、ブログを始めたころの記事に書いていました。PDFもあるので良ければどうぞ。

関連記事いざ自分が死んだ時の資産はどうするのか(遺言的なもの?参考PDFあり)

※リンクは新しいタブで開きます

 

年に一度くらいは資産の棚卸しと身辺整理をかねてやっておくと良いかも知れませんね。

まぁ、作っておいたけど使われなかったというのが一番良いんですけど。。

 

タイムラインがけっこう参考になったのでtweetをご紹介して終わります。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

関連記事です。

生活防衛費という枠で「じぶんの積立」を月5,000円だけ使うのは良さそうです。保険控除を使いつつ、もし自分が死んだら1.1倍の払い戻しもありますので。

反則級?保険控除が使えて元本割れナシの生命保険「じぶんの積立」を紹介します

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました