投資初心者向け|株式と現金のカウチポテトより債券を使う方が良いかも

黄金の天秤お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

当サイト(氷河期ブログ)では株式半分、現金半分のカウチポテトポートフォリオを推奨しています。

メリットはこちら。

  • 株式クラスが上がれば資産が増えてラッキー
  • 株式クラスが下がったら安く仕込めてラッキー

どっちに転んでも精神的に楽で、投資を続けやすいのです。

関連記事株式相場の値動きが気になる人はカウチポテトポートフォリオがおすすめ

※リンクは新しいタブで開きます

 

しかし最近になって投資初心者は株式半分、債券半分の方が良いのでは?と思い始めました。

奇しくもコロナショックの暴落で、その一面が強調される場面も見えてきたように感じます。

 

 

記事内容は現金を使ったカウチポテトポートフォリオより債券をおすすめする理由を書いたものです。

 

暴落で買い増しするのが怖い。2020年初頭は株が高過ぎるからそろそろ売ってしまいたい。

そういった方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

投資初心者は株式と現金のカウチポテトより【債券】を使う方が良いかも

先日、以下のtweetをしました。

現金だと、、、

☑️もっと下がってから買おう

☑️まだまだ伸びるかも

☑️今売ると税金がかかる

あたりがハードルになるかな、と。

2017年、2019年の利確してリバランスは心が揺らぎそうでした

 

インデックス投資をしようと思ったときにアセットアロケーションを決めたと思います。

先進国株式は〇%、日本株式は〇%、債券は利回りが期待できないから現金でいこう。みたいな。

ですが、いざリバランスをしようと思った時に、けっこう心理的ハードルが高いのでは?と思いました。

 

きっかけはHIROBUN(@indexhikakuさんのtweetです。

株式が上げたら利確すればよい。
株式が下げたら買い増せばよい。
しかし、もっと下げたら?そして、もっと下げたら?
いつまで買い増せるだろうか?

 

個人的には「現金」というのが大きな部分かな、と。

 

現金で暴落中の株式を買うのは怖い

ほとんどの個人投資家にとって、現金はしんどい労働をして得たお金ですよね。

1ヶ月働いたうち、投資に回せるお金は10~20%が大半だと思います。

 

人間は感情の生き物なので「損をするかも」という行為が苦手。それを暴落中にお金を突っ込むのはかなり勇気がいります。

なのでドルコスト投資法というのがあるんですよね。(実態は庶民のフルインベストだとしても。。)

 

しかし運用規模が大きくなっていくにつれて、現金比率も高くなっていくので、いつかは現金を使って暴落に買い向かう日がやってきます。

ただ、こちらは株式の歴史や、なぜ自分が投資を始めたのか問い直すと対応できます。

難しいのは逆パターンで、値上がりが凄くて株式を売ってしまうケース。

 

買うのは難しいけど、売るのはもっと難しい

一番多いかな、と思うのはここ数年で投資を始めた人だと思います。

年毎に書いたらこんな感じでして、、

  • 2017年:買ったら何でも上がった一年
  • 2018年:投資の厳しさを知る一年
  • 2019年:リセッションどこ吹く風、マジで何でも上がった一年

 

特に2019年に上がり過ぎたので、

「いくらなんでも上がり過ぎなんじゃない?」

「これはそろそろ売り時だ」

「いや、でも税金がかかるし…」

こんな風に悩んだまま、という人も多いかな、と。

 

ちなみにですが、管理人は2019年に上がり過ぎているので11月に一部現金化しています。

関連記事楽天VTIを60万円分売却しました。リスク資産と現金比率を優先します

※リンクは新しいタブで開きます

 

この部分が難しいかも知れませんね。

ただ、売った場合も次に難しい問題もあります。

2019年の何でも上がる相場を指をくわえて見逃すリスクです。

 

現金化しすぎると暴騰に乗り遅れるリスク

2019年は5月ごろに調整があったものの、結果としては「いつ買っても良かった」という一年でした。

大きめの調整があると記憶に残りやすいので、

「まだ下落するのでは?」

「もう少し落ちてから毎月買っていこう」

といった感じで、少し弱気になる、というかアセットアロケーションを忘れがちになります。

 

対策としては、リバランスなんて年1回で十分なので相場を忘れるということですが、これが案外難しいのは皆さんご承知の通り。

もう一つの方法として、現金(無リスク資産)だから難しいのであって、債券(リスク資産)を使えば良いのでは?というのが最近思ったことになります。

現金よりも債券の方がリバランスをしやすい理由

牡牛と熊、上昇と下落、暴騰と暴落

そう思ったときにしたtweetはこちら。

 

こちらは小林亮平(@ryoheifree)さんきっかけでした。

投資初心者だとそもそも株式の下落幅自体に驚いて精神的に余裕持てないと思うから、一緒に債券など持ったりして比較運用するのが良いかなと思う。

 

ななし
ななし

tweetもしているけど、小林さんをフォローしておくと初心者向け情報がめちゃ丁寧なのでおすすめです。

 

個人的には2つの理由から債券は入れた方が良いんじゃないかな、と思っています。

  • 債券を入れることでポートフォリオの値動きをマイルドにする
  • 現金を使ってリバランスが難しいから値動きのある債券を使ってリバランスをする

 

無リスク資産だから手堅くなりすぎる

上の方でも少し書いたのですが、現金(無リスク資産)ってめちゃくちゃ安心感があります。

反面、安心感が強過ぎてメンタル鍛えるレベルじゃないと最初のアセットアロケーションを忘れがちになります。

 

たぶん無リスク資産ゆえの難しさかな、と。

リスク許容度みたいな言葉で置き換えるのもアリですが、暴落経験を何度かしないと安心できる現金をロボットみたいに扱うのは難しいです。

そういった意味で、多少は値動きのある債券を保有しておいて、これを流動的に動かす方が初心者には優しいのでは、と思うのです。

 

じぶん年金で使っている債券ETFは使い勝手が良い

管理人は海外ETFで「じぶん年金」を作っている最中ですが、半分はBNDという債券ETFで組まれています。

じぶん年金20191231

2019年12月31日時点のじぶん年金

2019年から買いだして気付いたのですが、もし暴落をしてもBNDを売って高配当ETFのVYMを買えば良いとめちゃ気が楽になりました。

考え方は以前記事にしていますね。

関連記事債券ETF【BND】を購入する理由|配当を貰いながら暴落時には実弾にする

※リンクは新しいタブで開きます

 

BNDは株式より安定しているとはいえ金利などの影響で値動きがあります。

値動きで儲かるか損するか分からないので、それなら当初のアセットアロケーションを守ろうとなりやすいですね。

今の金額だと買い増しだけで調整(ノーセルリバランスとも言います)できるので、もう少し増えてきたら実際に局面にどうしたか記事で書く事もありそうです。

 

とはいえ、海外ETFはハードルが高いですし、投資信託で外国債券を持つと思った以上に為替の影響を受けます。

そういった意味ではバランスファンドは使いやすいですね。

そして債券部分に為替ヘッジのついた楽天バランスファンド均等型は最適解ではないでしょうか。

 

究極なのは楽天バランスファンド均等型

楽天バランス均等型のイメージ図

この商品、あまり売れていないのですが優秀な投資信託です。

株式部分は楽天VTで、残り半分は全世界債券ヘッジありです。めちゃ分かりやすい。

投資信託なので自動的にリバランスしてくれるのも良いですね。

 

 

値動きはマイルドになりますが、2019年の上げ相場でも株式100%に食らいついていました。

長期ウォッチ20200102棒グラフ

長期ウォッチ投信状況2020年1月

 

株式100%にしたい気持ちは分かりますが、リバランスを機械的に行ってくれる部分に価値があると思います。

関連記事楽天・インデックス・バランスファンド均等型は資産形成に最適な一手

関連記事やはり楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)は健闘している

※リンクは新しいタブで開きます

 

ちょっと現金の代わりに債券を持つ方がリバランスをしやすい、ということからズレてきました。

とはいえ、少しニュアンスが伝わるかな、と思います。

 

おわりに|株式と現金のカウチポテトだけでなく少しだけ債券を持ってみよう

いきなり現金を全て債券に置き換えるとか狂気なのでやめましょう。

資産のうち、暴落対策費みたいなものを債券にするイメージですね。

株式より値動きが少ないけどリスクはある。その分、株式急落のときは債券を売って株を買いやすい。

こんな形で少し持っておくと気が楽になるかもです。私はけっこう楽になりましたよ。

 

まだまだ投資の期間は続きます。今から急落一発目にできる心と実際の準備をして楽に続けていきたいですね。

一緒に頑張りましょう。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

債券とは違いますが、暴落用に明治安田「じぶんの積立」を使うのは良いかもです。

生命保険控除が使えたら、その分お得に運用しつつ貯めることができます。

関連記事反則級?保険控除が使えて元本割れナシの生命保険「じぶんの積立」を紹介します

関連記事生命保険控除を丸儲け!お得に株式の暴落対策費を準備していく方法

外部リンク明治安田生命「じぶんの積立」

※リンクは新しいタブで開きます

いつ解約しても元本割れもないので、まさに反則級の保険ですね。

 

関連記事です。

もし海外ETFに興味がある人は債券ETFなどはおすすめです。

BNDは米国債券市場へまるっと投資する海外ETF【安定した利回りが魅力】

年5%!HYGは高利回りのハイイールド社債を集めた海外ETF【評価と将来見込みあり】

保有すると債券ETFも良いと思うようになりますよ。

金額が少ないうちは明治安田「じぶんの積立」(年6万円×5年)を準備するのも良いですね。

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました