SPY(S&P500ETF)をカナリアにSPXLを購入する戦略|ワンタップバイ

鳥かごワンタップバイ

SPXLという海外ETFがあります。S&P500の3倍の値動きをするレバレッジ金融商品です。買ってみたいと思う人もいるのではないでしょうか。

信託報酬は0.95%と割高ですが、他にはない魅力というか魔力を秘めたETFです。ちなみにレバレッジはかかっていますが、マイナスになり過ぎて借金をするという事はありません。

記事内容は以前書いた記事の変則版です。国内債券をカナリア代わりに運用する記事を、まるでS&P500が債券のようだと書いていた記事を組み合わせたキメラのようなものです。

インデックス投資は暇なので、ついつい色々な事を試そうと思ってしまうのですね。

SPXLという少しヤンチャな商品を買ってみたい、と思っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

SPY(S&P500ETF)をカナリアにSPXLを購入する戦略

S&P500を4千円分購入

S&P500を4千円分購入

大きなお金で遊べるほどは無いので、ワンタップバイを使います。

2019年5月8日の早朝にSPYを4千円分購入しました。ちなみにSPDR S&P500ETFのティッカーコードがSPYです。

合わせて2019年5月7日夜にSPXLとSPYを売却しています。

一度、SPXLとSPYは利益確定で売却

売ったタイミングはバッチリでしたが、早々にSPYの買い戻しをしています。

カナリア戦略とは

カナリアとは皆さんご存知の鳥の事です。

昔、某掲示板で良く出ていた「国内債券をカナリアにする」という使い方になります。

カナリアとは、炭鉱で働く人たちが危険防止でカナリアを籠に入れながら作業していたというヤツです。

株式と債券は完璧ではありませんが、逆相関の関係にあります。債券価格が急上昇した時は株価がえらい事になっているはずです。

上がった債券を売り、下がった株式を買いまくるという方法です。

関連記事eMAXIS Slim国内債券インデックスをカナリア代わりに運用をする

S&P500がまるで債券のようだ

S&Pが債券のようだ1

比較チャート1年

1年チャートの比較です。それなりに動きがあったS&P500(SPY)がまるで債券のようです。

SPXLの2018年10月からの急落は最大60%程度損失をしています。

魅力もありますが、恐ろしさも実感できますね。

S&P500が債券のようだ2

比較チャート最大

SXPLの最長期間での比較チャートです。

配当無しで239%UPというSPYの上げ方ですら、BNDのような動きです。SPXLは1600%UPという別次元の値上がりを起こしています。

関連記事ワンタップバイ:米国株が安い?SPXLを購入!これは完全に博打です

確かに凄まじいのですが、常人の精神力でこれをホールド出来るかというと怪人の領域です。

そして、SPXLはリーマンショックを耐え抜いていません。まぁ、計算すれば数字は出るのですが、たぶん、耐え抜くのは難しいと思います。

当初はSPYとSPXLをリバランスする予定だった

SPXLとSPYの変態ポートフォリオ

SPXLとSPYの変態ポートフォリオ

SPY75%、SPXL25%程度でリバランスをしていく事を考えていました。

関連記事SPXLの少し安全な買い方。レバ3倍を長期運用をしていく【ワンタップバイ】

しかしリバランスをしていても、結果としてはレバレッジ1.5倍のSPYが出来上がるだけです。

信託報酬もかかる事ですしSPXLの使い時をもう少し考えたいとは思っていました。

ちょうど良いタイミングで、ゴールデンウィーク最終日に小さな下落がありました。ここでSPXLとSPYを全部売却しました。

そこで、今回のテーマであるカナリア運用戦略をやっていきます。

SPYをカナリアにしてSPXLを購入する方法

鳥かご

現金でなくSPYを使うというのがミソです。

現金の場合、下がった時点でいつまでも下がるのを待ち続けてしまいます。

それは現金の強力なディフェンシブ機能であり、無リスク資産の強みです。

暴落があればいつでも買い増しをする!と、言うは易し行うは、、、です。

そこでまるで債券かのように謳われたSPYを用います。急落があった際は、SPYを損切りして大きなダメージを負った後のSPXLを買うというワケです。

これは中リスクのバランスファンドを損切りして、より大きいリスクの株式100%の投資信託を買った管理人の経験談ですが、無リスク資産をリスク資産へ変換にはかなり勇気が必要です。

しかし既にリスク資産のものは、下落後のリスク資産への変更はかなり精神的負担が減ります。

ワンタップバイのように小額な遊び程度であれば、SPYを損切りしたとしても配当金との相殺に利用が出来ます。

カナリア戦略手順
  • STEP1
    SPYを購入する
    まずはSPYを購入します。金額は自由ですがお小遣いの範囲内が良いです。
  • STEP2
    暴落・急落を待つ
    周りが騒がしくなるまで暇ですが、分配金も出ますし上がれば利益です。
  • STEP3
    暴落が来た!
    マイナス20%、30%と好きなタイミングでSPYを売ってSPXLへ乗り換えます。
  • STEP4
    嵐が去るのを待つ
    嵐がさった後はSPXLが急騰するまで放置です。

SPXLを持っているのが怖いくらい上がったら、適宜利確をしても良いですし2倍の時点で半分現金化しておくのも良いでしょう。

はたして上手くいくのか

S&P500といえど不敗ではなく、過去に何度も急落や暴落を受けてきました。1999年のITバブル崩壊では3年に渡りマイナスという状況もありました。

ですので、SPYの急落をもってSPXLの異次元マイナス初弾をやり過ごした後にリスクを徐々に上げていく方法は有効に思えます。

しかし、SPYの急落さえダメージを受けるのが私のような庶民投資家ですので、こんな方法が実際に通じるかは分かりません。

というか、通じないでしょう。有利であれば、他の賢い誰かがやっていそうです。

おわりに

管理人はインデックス投資が暇な事は最良と思っています。

とはいえ、暇なので思考ゲームみたいなものです。こういった誰かが既にやっているであろう方法は、既に失敗をしたものの一つでしょう。

当サイト(氷河期ブログ)としては、S&P500と現金を半々で保有するカウチポテトポートフォリオをおすすめしております。

 

2019年7月22日より楽天証券での米国株最低手数料が0.01ドルになりました!

今まで個別で1株単位から米国株をもちたいと思っていた人には超朗報です。

銘柄数もワンタップバイとは比較になりません。

長期運用をするなら楽天証券を考えるのもアリですね。

スマホから申し込みもできるし持っていて損はしません。

公式リンク:楽天証券

 

関連記事です。

株式相場の値動きが気になる人はカウチポテトポートフォリオがおすすめ

相場の値動きが気になる方へ向けて、安心して運用できるポートフォリオを紹介しています。やる事は簡単で、リスク資産と無リスク資産を半々で管理するだけです。

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新しているので、通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました