悲報:バンガード創始者より投資家の心をへし折る痛恨の一冊が出版

おすすめ本

衝撃的だったので記事投稿をします。

インデックス投資家に大人気のバンガード創始者の最新作「インデックス投資は勝者のゲーム」が、特に投資初心者の心をへし折る一冊な可能性があったので記事にしました。

本記事の内容は、最新作「インデックス投資は勝者のゲーム」を読んでいて、管理人が読んで「これは初心者殺しやろ~」と思う内容があったので取り急ぎの報告です。

具体的には2016年から2026年の向こう10年間はS&P500に投資をしても期待リターンは年1.6%に甘んじろ、という内容です。

最終内容は全然違っていて、インデックス投資は勝者のゲームな可能性があります。

内容は、既に前著インデックスファンドの時代や、チャールズエリス著、敗者のゲームの時代から、着々と書かれていたものの再編です。インデックス投資をしている人なら、誰もが読む本で書かれていた受難の時代です。

書籍名が勝者の時代とか書かれており、煽りタイトルでボーグル鼻息荒いなと思っていた私がびっくりしました。

投資初心者が読んだら心をへし折られてしまうと思います。

気の弱い方は、歴史的名著の「敗者のゲーム」を3回ほど読んでからをオススメします。

では、内容です。

スポンサーリンク

S&P500の年次リターン1.6%の内容

サクサクいきます。

ボーグルの主張はインデックスファンドの時代を書いた時から変わっていません。

株式リターン(いわゆるS&P500の長期保有)は

配当+企業の利益+投機的リターンの合計です。

企業の利益というのはアメリカの名目成長率と基本同様です。

投機的リターンとはPERの変化です。PERが低すぎる時からPERが上がる時は投機的リターンによるプラスと投資かは受け取る事が出来ます。

分かりやすいのが下の画像です。

投機的リターンの図

濃い色の投資リターンは配当+企業の利益です。アメリカ企業の配当と、企業の成長が生み出したものです。

薄い色の投機的リターンは、PERが期待値より低い状態から上がった事で、投資リスクによるプレミアムリターンを手に出来た、という事です。

1974年時点でのPERは12.5%程度のはずです。実際に1974年から2016年の43年間で、実に配当再投資の結果のリターンが複利で年率2.9%、実にバイアンドホールドした結果の25%が投機的リターンのおかげ、という状態です。

投機的に上げ過ぎたものは自然と落ちてきます。2009年のリーマンショックですね。かなり現実路線に戻ったかと思いきやアメリカの強い成長力で再び投機的リターンの影響を享受しています。

私自身が上がりすぎだろ、と思いながらカウチポテトポートフォリオを徹底していたのに株式比率が60%だったので、投機的リターンを受け取っていたのです。

 

で、ここからが問題です。

投機的リターンを受け過ぎた結果はどうなるか。

当然、マイナス複利で引き受ける必要があります。

誰が?

当然、投資家です。

 

アホか?と思われる方がいるかも知れませんが、みんな大好きバンガードの創始者でインデックスファンドの生みの親であるジョン・C・ボーグルが自分の最新刊で書いているんです。

 

リーマンショックを生き残って投資を続けている投資ブロガーや投資家、また「敗者のゲーム」をバイブルにしている投資家にとっては既に受難の時代を20年受けよ、と書かれています。

さもありなん、ですが、結構ショックな事です。実際、10年間、リスク資産にさらして複利で1.6%です。

2016年に1000万円突っ込んだら、11,720,256円になる予定です。

ちなみに、二重課税と信託報酬をキッチリ取られるので、もう少し減ります。非課税口座でなければ、利益に対して税金も取られます。

しかも最大50%の下落リスクを毎日とりつつ1.6%で耐え忍ぶという事も辛い事でしょう。

 

こんなん書かれたら、インデックス投資やめるで。。と思いながら読み進めましたが、この件についての回答は特に出てきていません。

 

ちゃんと私がショックを受けた証拠画像も貼っておきます。

分かりやすいところから簡単に説明すると…

【配当】は徐々に減ってきているので、平均値2%で覚悟しろ、との事。大体、現在のS&P500と近い数値です。さすがS&P500投信の生みの親。良く分かっています。

【利益成長】は企業の成長と同じく、アメリカの名目成長率です。5~6%と高めに読む事も出来ますが、10年予想なので4%を心しろ、とボーグルのお達しです。

【投機的リターン】=PERの変化ですが、実質PERが高すぎるので、おんどれらマイナス2%を覚悟しろ、との事です。

でもリターン4%あるじゃん?馬鹿なの?と思うかもしれませんが、これは株式の名目(予想)リターンです。

実際はインフレがきます。何度か当ブログでも触れていますが、インフレは資本主義経済では必ず出ます。

インフレは2.0~2.4%として期待リターン1.6%程度を賢明なる投資家は受け入れるべき、と皮肉たっぷりに書かれています。

 

とりあえず以上です。

基本的にインデックスファンドの時代を思い返しながら読めて楽しい本です。ゴットロックス家の人々という寓話に再開出来るだけで、インデックス投資不遇の時代を生きた人には買った価値が十分にある本です。

ちなみに我が家は、来年度からS&P500系投信へ全力積立は変わり無しです。私としては買って使うのは20年後なので安く買えるチャンスかもと達観しています。

無料期間をまだ利用していない方は、30日間無料体験が可能です。Kindle Unlimitedにて無料で読める本として出ていますので、興味のある方はどうぞ。(投資ブロガーさんも怖がってるのでオススメはしません。)

忘れないように解約方法も用意しておきます。とりあえず解約をしておけば無料期間が過ぎるまで読み放題で、解約忘れというのも防げます。

備忘録:Kindle Unlimited解約方法(スマホで簡単)

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする