【12/10終了】回線契約ナシでiPhone単品10~20%OFFセール中

年収300万円でも十分FIREできる?【さすがに厳しい】

お金と投資
↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ネット記事を見ていると「年収300万円」でも十分リタイアできる納得の訳という記事を見ました。

記事はこちら。

外部リンク「年収300万円」でも十分リタイアできる納得の訳

※リンクは新しいタブで開きます

気分を悪くする人がいたらゴメンナサイなんですが、年収が低いほど一般的には早く仕事を辞めてFIREしたくなるような職場が多いように感じます。

管理人もこちら側なので何とも魅力的なタイトルだな、と思いました。

 

さて、社会人になったとき非正規でしか採用されず、リアル年収300万円生活をしていた管理人が思ったことなどを記事にしました。

スポンサーリンク

年収300万円でも十分FIREできる?【さすがに厳しい】

blank

記事は年収300万円FIREで有名な山口 貴大(ライオン兄さん)さんとのこと。

私は絡みはないもののお名前は知っていました。

調べたところ本を出していました。

ちなみにKindle Unlimitedだと無料で読めるようです。

 

低年収FIREで一番大切なことは貯蓄率とのこと。

少しずつ見ていきましょう。

 

年収300万円、貯蓄0円でもFIREできる3ステップ

以下の3つが大切。

  1. 貯蓄率
  2. サイドFIRE
  3. お金の将来価値

とくに貯蓄率に注目するとのこと。

FIREをするには年間生活費の25倍が目安とされているので、基礎生活費を低く抑えることでFIREしやすくなりますね。

というか、2番目にサイドFIRE(副業やアルバイトをしながらFIRE)とあるんですが、これもFIREで良いんでしたっけ?

 

とりあえず先に進みます。

 

記事では収入よりも貯蓄率とありました。

年収300万円だと150万円で生活して、残り150万円を投資に回す、と。

えぇぇ、それって手取り年収ですやん・・・と突っ込みたくなりましたが、まぁスルーします。

ただ、手取り年収300万円(年収400万円くらい?)でも生活費を150万に抑えると17年でFIREできるようです。

以下、分かりやすい部分を引用にて。

年収300万円でも、支出をぎりぎりまで切り詰め、生活費150万円ならFIREに必要な資産は150万円の25倍で3750万円、150万円を投資に回すので貯蓄率50%になり、投資リターン5%でグラフを見ると17年ぐらいでFIREできます。もし、30歳からスタートすれば47歳でリタイアできるのです。

しかし、もう少し生活費がほしいと思って、貯蓄率を30%にすると生活費は200万円ほどになります。すると必要な資産は5000万円、そしてFIREまでには30年近くかかってしまいます。

個人的には年間150万円で生活は超ギリギリじゃないかな、と。

これを17年モチベーションを維持できるか疑問が残りました。いや、別に良いんですが、17年間生活を切り詰めてFIREして、死ぬときにどんな思い出が残るのかな、とか。

FIRE自体は良いのですが、切り詰めてFIREしたあとも、まだ死ぬまで切り詰め生活ってちょっとつらくないです?

地味に今レベルのインフレとか来たら詰みそうですし、低年収でFIREしたら社会復帰とか厳しいだろうし。

 

さて、酷評しちゃいましたが、現実的な部分もあって好印象な記事でもあったので、もう少しお付き合いください。

ライオン兄さんはサイドFIRE(副業FIRE)を推奨しているようでした。

 

副業で貯蓄率を高め、サイドFIREを目指す

こちらも引用にて。

サイドFIREを目指すと、ファットFIREより短時間で達成できるというメリットがあります。

年収300万円に加えて副業で年間120万円を稼ぐとします。すると年収は420万円になります。生活費200万円はそのまま固定すれば、220万円が米国株インデックス投資に回せますから、貯蓄率は約50%、投資リターン5%でFIREまでは17年です。

さらに本業が昇給して年収350万円になり、副業で年間150万円が稼げるようになったとすると年収500万円、生活費200万円で300万円が投資に回せますから貯蓄率は60%になり、十余年でFIREできてしまいます。

30歳からスタートすれば40歳前半にはリタイアできるのです。

この副業をして投資に回すお金をブーストするというのは良いと思いました。

何よりリタイア後に何かあった場合、人的資本(稼ぐ力)が残るので。

あと、趣味を中心にした副業ですこしでも稼げるとリタイアしやすいですし。

ちょっと些細なツッコミを入れると、シレっと生活費が200万円になっています。ただ、これだと文化的生活がやっていける範囲と思います。

管理人も月17万円で3人暮らしを一時期していました。

落としどころとしては副業をして手取り420万円、生活費200万円、年間投資220万円をインデックスに17年間ぶち込み続けた末にFIREが見えるという感じでしょうか。(けっこうハードな気がします。)

 

問題は副業でどうやって年120万円稼ぐか、という部分でしょうか。

記事では趣味を活かした複業や「せどり」がおすすめされていました。

ライオン兄さんはブログやYouTubeをすすめたいけども、収益化に時間がかかり難易度が高いことも書いていましたね。

管理人はブログをやっているんですが、副業を軸においてFIREを目指すのは良いと思いました。

副業をしつつセミリタイアというのは理想的ですよね。

 

最後に印象に残った部分を紹介して終わります。

サイドFIREなら、リタイア後に副業することでさまざまな人間関係も生まれ、人生を豊かにしてくれるはず。

FIREの目指す世界は莫大な資産を築き、ぜいたくな毎日を過ごすというライフスタイルではありません。やりたくもない仕事を続けるのではなく、本当にやりたいことができる自由を手に入れるのがFIREの目指すところ。

人生100年時代、40歳前半でFIREできればその後の五十数年は自分の好きなことができる自由が獲得できるのです。

サイドFIREは、そのような心のぜいたくを満喫できる世界にいち早く足を踏み入れる近道。私はそう思っています。

人生100年時代。

しかし人生は一度きり。

それならば低ストレス、低負荷で嫌いじゃない仕事をゆるくしながら生活する100年時代というのが目指すべきところかな、と思いました。

ただ、この状況は別にFIREしなくても、嫌いじゃない仕事で、人間関係が悪くない本業を見つけて、余剰金をインデックス投資でも良い点に注意しておきたいですね。

そんなカンタンに都合のいい職場は見つからない、と反論もあると思いますが、地道に本業を頑張りつつ、転職先も探すのが良いのかな、と。

いや、そうじゃなくて単純に働きたくない(労働で消耗されたくない)からFIREしたい、という意見もありそうです。そして管理人も働きたくない派なので分かります。

しかし圧倒的資産でFIREするのとは違い、ギリギリでFIREしてしまった場合、それなりにリスクもあるしストレスもありそうなので投資と同じで安全域を作っておきたいところです。

 

長くなってきたのでそろそろ終わります。

 

おわりに|手取り年収300万円でもFIREは厳しいが、経済的自由は憧れておきたい

blank

昨今はサラリーマンに対して厳しい時代になってきている気がします。

常に成長を求められるわりに見返りは少なく、FIREを目指す気持ちは痛いほど分かります。私も早くリタイアしたいですし。

ただ、一般的な生活とはかけ離れる気もするので、それなりの覚悟と継続力が必要でもありますね。

個人的にも副業をしてますし、こういった形でのFIREを目指す人は応援したいな、と思いました。(さすがに額面年収300万円、貯金ゼロからFIREは無理やとも思いました。)

 

いっぽうで管理人は投資である程度老後資産に目処がついたので、あとはそこまで焦らずにゆるく働いていけたらなぁ、とか考えています。

※しかし子供もいますし一馬力なので本業+副業をしないと食べていけない現実もあって奮戦中だったり。

 

働いていると大変なことがあり、ついつい目をそらしたくなりますが、不況が来そうな今こそ本業を厳かにせず、下がる株式をニコニコで買っていくチャンスにしたいですね。

というワケで今日は年収300万円でFIREについて思ったことでした。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ランキングも頑張っています。昨日は68名の方がポチっと押してくださいました。皆様のポチが超励みになります。

1位は果てしないけど投資だけじゃなくブログも頑張っていきたいですね。

 

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました