私が10万円でボーナス投資をするなら

お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

6月になりボーナスが意識される時期になってきました。

そういえば私の会社はまったくボーナスの話題に触れません。ホントに出るんだろうか。。

ここらへんが零細企業のつらいところ。。

 

さて本題。

先日、ネットで山崎先生がこんな記事を書いてました。

外部リンク山崎元式・10万円からのボーナス投資Best3

※リンクは新しいタブで開きます

山崎先生のおすすめは下記でした。

  • 第1位 全世界株式インデックスファンド(3地域均等型)
  • 第2位 先進国株式6万円+TOPIX4万円でインデックスファンド
  • 第3位 全世界株式の海外ETFに投資するインデックスファンド
個人的にオールカントリー3地域が入ってるのは嬉しいです。詳細気になる方は記事にて。

 

で、もし私だったらと思ったので記事にて書きたいな、と。

というワケで私が10万円貰ったらおすすめしたいボーナス投資をご紹介していきます。

スポンサーリンク

私が10万円からのボーナス投資をするなら3選

blank

ちゃちゃっと結論から書くと以下3選です。

  • リバランスに使う
  • ポートフォリオと同じ比率で買い増し
  • PayPay証券で好きな銘柄を買う

 

ありきたり過ぎるかもですが、一つずつ見ていきましょう。

 

リバランスに使う

けっこう2021年6月時点の相場って好調なので、思っているよりリスク資産の比率が増えてる人が多いと思うんですね。

私もそんな感じ。

こういったこそ無リスク資産との比率を見直したいところ。なので、リスク資産が増えすぎていたらキャッシュとして温存する感じです。

 

もちろん、無リスク資産の方が多かったらバランスに応じて投資に回すも良し。例えば新興国株式が思ったより伸びていないなら買い増すとか。

 

ただ、いつか来る調整とかに現金を置いておくというのは投資が長続きする秘訣なのかな、とチキンな管理人は思ったりします。

住信SBIネット銀行なんかは定期預金を10個の目的別口座としてフォルダみたいに分けることができて、かつ入金したお金にメモができて便利。

blank

けっこう小分けにしてて急落などがあったら使ってます。コロナショックのときは活躍しましたね。

 

ポートフォリオと同じ比率で買い増し

超王道でポートフォリオを同じ比率で買い増しする方法もあります。

すでに理想的なポートフォリオを組んでいるなら入ってきたお金は素直に運用した方が良いわけで、例えばオールカントリーに投資しているなら同じものを買う。

これはハッキリしていて良いですね。

 

PayPay証券で好きな銘柄を買う

3つ目は個人的に好きなサテライト投資をすること。

PayPay証券なんかは1,000円単位で米国株が買えるし配当も出るので楽しいと思います。

 

この方法の良いところは、完全に老後用とかに組み込んでいないこと。

管理人は長期ウォッチしていくつもりですけど、そのうち全額清算して旅行資金にしようかな、と考えています。

余剰金のさらに余剰金なので楽しく使いたいし。

小型グロースのZOOMやワクチン期待のモデルナとかも買えるので宝くじ気分も良いかもですね。昔は30銘柄くらいしかなかったんですが、今はけっこう品揃えが良いので興味ある方はぜひ。

外部リンクPayPay証券

※リンクは新しいタブで開きます

おわりに|楽しく続けていこう

blank

投資ってずっと続くいていくじゃないですか。

途中、飽きてきちゃうこともあるし、ボーナスのときにはリバランスで調整したり、好きな銘柄を買ったりして楽しく運用を続けていくのが良いかな、と思いました。

先は長いしゆるく続けていきましょう。

 

今日は短いけどこのへんで。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

関連記事です。

S&P5を買ってみようと思う(S&P500じゃなくて5)

PayPay証券

買った時期は高値掴みっぽいと思ってましたが、何だかんだでプラスリターンです。最強企業が勝手にお金を稼いでくれるので控えめに言って最高です。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました