私の老後資産2000万円まで貯めた道程【年度ごとに振り返りました】

お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

当サイトを読んでくださる人は、老後に向けて資産形成をしていると思うのですが、いったんの区切りとして1000万円、2000万円があります。

収入が多かったり、退職金が数千万円期待できたりする人は老後の心配などあまりしないのかも知れませんけど、大半の人は自分の老後って不安だと思うんですよね。

振り返ると管理人はずっとお金の不安と過ごしてきた気がします。

ただ、最近はあまり不安に思うことが無くなってきて、理由を考えてみると老後資産にある程度目途がついたからかな、と。それが大体2000万円くらいだった気がします。

 

投資ブログを良く読むのですが、どういった推移でお金が貯まったのかはあまり見たことがありません。せっかくなので低収入なりに貯めてきた道程(みちのり)を記事にしようと思います。

過去の記録を載せるだけなので、老後資産だったり、生活防衛費を含んだ全体資産だったりしますが、そこらへんは多めに見て頂けると幸いです。

スポンサーリンク

私の老後資産2000万円まで貯めた道程【年度ごとに振り返りました】

徐々に積みあがるお金

管理人のお金の貯め方はいたってシンプルです。

入ってきた収入のうち20%を事前に取り分け、10%を投資、10%を貯金するというもの。

今は子供にお金がかかるようになってきたので収入の10%を投資だけになっています。収入少ないのが悪いんですが、自分一人ならめちゃ節約できるけど子供に無理させるのは難しいですね。

代わりに副業しつつ投資枠を増やしています。

 

これが自分に合っていたのかな、と思いますし、誰にでもおすすめしたい資産形成かな、と。

投資をし始めるとリターンなどに目が移りがちですが、多くの人は投資で資産を築いたというより、規則正しい入金によってというケースが大半なのでは無いでしょうか。

管理人の場合、元本に対して数倍増やしたなんてことは無く、単純に入金の結果という身も蓋もない事実があります。

ちなみに、オフ会などで「投資でどれくらい儲かりましたか?」と尋ねられることがありましたが、昔は信託報酬1%とかの世界だったので乗り換えを繰り返した結果、「儲かった金額は全然分からない」という状況です。

 

さて、本題。管理人の資産です。

 

現在の資産状況(2020年2月時点)

2021年2月21日時点の現状はこちら。

blank

blank

生活防衛費とか混ざってますが、老後資産としてはざっくり2400~2500万円くらいな感じです。リスク資産はほとんど楽天証券で運用しています。

ユーザーフレンドリーで使いやすく初心者にはおすすめ。メールでの質問がしやすく子供用の口座を作るなら一択です。

公式リンク:楽天証券

 

あとは住信SBIネット銀行と楽天銀行で無リスク資産を管理しています。

子供の資産や日常の生活講座、給料の支払口座などは妻によって厳正に分別管理されています。(子供の貯金額は最近はじめて聞きました。)

さて、そろそろ過去の記録を遡りつつ、どんな感じで資産が増えてきたか見てみましょうか。

 

資産推移のざっくり一覧

楽天のざっくりした資産推移です。

blank

楽天証券の資産推移

インド投信やSBI証券を使っていた時期があるので、全体ではありませんが2013年頃からはほとんど楽天証券になったような気がします。

 

各年の推移はテキストで紹介します。

 

2007年12月|3,768,047円

サブプライムローン問題でダメージ受けてたときですかね。当時は辛かった気がしますが、今から見ると金額が小さいのは不幸中の幸いなのかも。

とはいえ、給料は20%カット、ボーナス無し、仕事は減ってるのにサービス残業当たり前というブラック環境でした。そう思うと今は恵まれていますね。

転職しようにも仕事が全然無かった。。

エクセルのメモを見たらセゾン・バンガード・グローバルバランスに投資していました。なつい。。

翌年くらいに解約してどこかの外国株式に乗り換えしたような。。

 

2008年12月|1,482,868円

リーマンショック被弾で大ダメージ喰らってます。

ちなみに投資額は3,431,169円で半額どころじゃないダメージを受けていた様子。株安と円高のダブルパンチ恐ろしい。。

ただ、記録を見たら無リスク資産が260万円あり、合計400万円くらいなので実際のところお金全体は増えてたようです。

この頃は老後資金なんて考えは無かったと思います。バリ島に行ったり雪山に行ったりと、それなりに散在もしていた様子。

 

2009年12月|4,543,010円

この頃にはキャッシュとのバランスが半々くらいになるように調整しだした感じです。

ただ、ずっと株安だったので株式比率は59%くらいでした。ただし生活防衛費は薄々で150万円程度。しかも奨学金返済が60万円くらい残っていました。

会社倒産でリストラ。けっこう大変な年だった気がしますが、10年以上過ぎると記憶が曖昧ですね。

 

ちなみにeMAXISが登場したようです。エクセルを見るとeMAXIS先進国株式に投資を固めていました。当時は信託報酬激安だったんですよね。

あとから見れば大底の年でしたが、全然資産は増えてませんし、そもそも入金できる余裕も無ければ仕事も無かったようです。

 

2010年10月|6,145,876円

年末に記録付けるの忘れてたようです。

リスク資産比率57%と手堅くなってきていた様子。たらればをいうなら全部株式にしておけば、いや、GAFAかQQQに全力してればウハウハな未来が待っていましたね。

ちなみに、この年の10月に日経平均8,824円、1ドル80.21円という地獄で、暴落後の二番底を脳みそに焼き付けてくれました。

とはいえ、米国株は大底からの回復と入金で徐々にお金が増え始めた時期なのかも。

 

2011年12月|7,722,883円

あまり記憶にない一年。

リスク資産が63%となっているので、そこそこ株高だったんでしょうか。

この頃にはeMAXISとかは書いてなくて、外国株式、日本株式(合わせてリスク資産)と現金くらいに分かれています。

 

2012年12月|10,983,498円

はじめて1000万円を超えたんですね。感慨深さとかはあまり無かった気がします。

あまりにユーロ円が安いのでフランス旅行にいっていた様子。当時1ユーロ100円割れで、98円を付けた記憶があります。

旅行中に政権交代があり、アベノミクスとともに毎日1ドル1円切りあがっていたのを覚えています。資産が増えたのは株高のおかげでしょう。

現金欄にマンション用とあったので、マンション購入を検討しいたときで、リスク資産が51%になっていました。QQQ全力買いしておけば良かったのに。

 

2013年12月|14,525,725円

このあたりから投資の興味が無くなってて記憶が無いんですよね。たぶん、年末にリバランスしてるだけだったような。。

急速な株価回復の年だったんでしょうか。リスク資産比率は52%と快適な状況。

翌年にリストラされちゃうんですが、リストラ準備金という項目があって笑いました。

 

2014年12月|14,853,411円

リストラされた年です。

あ、でも結婚した年でもあるのでプラマイゼロ。もしくはプラス。

資産微増の一年。リスク資産56%だったので、株安で多めに買っていたのかも知れません。このあたりって、ホント投資の記憶が無いんですよね。

 

2015年11月|15,223,236円

全然お金が増えてませんね。

子供ができて家計に余裕もなかったのかも。お祝い金は強制徴収、親戚付き合いの出費は家計からでダブルパンチ。

もしかすると株が下落していた可能性も。

 

2016年11月|14,557,943円

前年より減ってる。。

リーマンショック以降、右肩上がりの株価だった気がしますが、けっこう下落していたのかも。

リスク資産比率を見ると57%とあるので、何か買ってたのかも知れません。

 

2017年12月|16,781,232円

たぶん買った株はなんでも上がってた年の記憶。

日経15連騰したときがあり、日本株を全部売ってリバランスしました。リスク資産比率48%になっていました。

見た目ほど増えていませんが、子供用の資産を積み上げていたようで、子供用の楽天証券に100万円と入力されていました。

沖縄と北海道に小さい子供を連れて旅行という散財もしているので、景気良かったのかな、とも。

 

2018年12月|17,519,171円

あまり増えていませんが、たしか年末にかけて大きな調整があった年だったような。

リスク資産比率が45%になっていました。ここでリバランスして大きく買っていたらなぁ、とか思うんですが、当時は上げ相場が終わって本格的な長期低迷が来るとみんな思っていましたね。

年明けすぐにドル円がレーザービームみたいに落ちてました。

 

あと世界的にも景気が悪く、管理人のリストラがチラチラ見えてきた時期でもあります。

ちょうど、この頃に2000万円問題があった気がします。管理人は生活防衛費とか入れると何とか2000万円をクリアしていた様子。

 

2019年12月|21,004,690円

この年、リストラされました。

が、爆上げ相場のおかげで資産自体は増えているという不思議な状況。

働き疲れもあり、しばらくセミリタイアするという暴挙にも出ていましたね。

関連記事氷河期世代の43歳が無職になるので1年ほどセミリタイア体験しようと思う

関連記事【体験談】セミリタイアをして約2ヶ月。お金の心配は不要でした

※リンクは新しいタブで開きます

 

株高だったのでリバランスをして、リスク資産、無リスク資産はキレイに50%となっていました。

 

2020年12月|24,655,732円

コロナショックとまさかの急速な爆上げでワケの分からない一年でもありました。

カウチポテトでも十分株高の恩恵にあやかれるんですね。ただリバランスを検討しているうちに年を越したのでリスク資産比率が56%と直近ではそこそこ高め。

新型コロナが蔓延する前に転職を決めていたので、幸い路頭に迷うことが無くて良かったです。いつも運だけで生きている気がします。

 

何だかんだで増えてるが停滞はある

何だかんだで数字だけ見ると増えているのは分かりますが、市場に合わせて増え方が低迷する時期もありますね。

金額の流れだけ見るとこんな感じ。

  1. 2007年12月|3,768,047円
  2. 2008年12月|1,482,868円
  3. 2009年12月|4,543,010円
  4. 2010年10月|6,145,876円
  5. 2011年12月|7,722,883円
  6. 2012年12月|10,983,498円
  7. 2013年12月|14,525,725円
  8. 2014年12月|14,853,411円
  9. 2015年11月|15,223,236円
  10. 2016年11月|14,557,943円
  11. 2017年12月|16,781,232円
  12. 2018年12月|17,519,171円
  13. 2019年12月|21,004,690円
  14. 2020年12月|24,655,732円

あと、仕事の状況や家庭環境でも資産の増え方なんかは全然変わります。

あまり参考にはならないかもですが、一例として見ていただければ何よりです。(参考になればけっこう長文になったので管理人も救われますけど。笑)

おわりに|老後資産2000万円まで貯めたので、50歳までには3000万円を貯めたい

blank

調べてみると意外に山あり谷ありで増えていたんですね。

次は何とか50歳くらいまでに老後資産として3000万円を用意したいところ。ここまでくれば余裕が見えてくる気がします。

そういえば2000万円を超えたくらいから、無理に節約して投資に回すよりも人生を楽しむためにお金を使った方が良いとか思っていましたが、普通に散財していましたね。

それでも、それなりにお金が貯まったのは投資のおかげだと思います。実際に、貯金だけでは無理な金額が増えているので余計に実感できます。(ただしリターン〇%とかは分かりません。)

 

まだまだリタイアできるような金額でもないですし、先も見えてきたのでコツコツと増やしていければと思っています。

何だかんだで積立投資を続けていると、資産も比例して増えてくるのは管理人の記録でも効果がありました。なかなか増えないなと思う方もいるかもですが大丈夫と思いますよ。焦らず一緒に頑張っていきましょうね。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

関連記事です。

リーマンショックで退場をせず投資を続けた結果、10年で資産4倍に

リーマンショックを改めて思い出してみる。管理人の暴落体験談

リーマンショック級の暴落を耐えきるポートフォリオ対策と考え方

過去のお金の話をすると避けては通れないリーマンショック。いつもは関連記事そんなに紹介しないのですが今回は多めです。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました