申し込まないと損?1年間無料の楽天モバイルが凄い!

悲報!70代の貯蓄中央値1100万円|私たちの老後は大丈夫なのか

幻想的な一本橋で傘をさす男性と曇った感じお金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ネットを見ていたら70代の貯蓄中央値を書いている記事を見つけました。

外部リンク定年後70歳、みんな貯金はいくら残っているか

※リンクは新しいタブで開きます

で、驚いたのが貯蓄の中央値が1100万円だったこと。

年金がそこそこ貰えている現世代ではありますが、けっこうしんどいな、と感じました。

あらためて自分に置き換えて考えてみました。

スポンサーリンク

悲報!70代の貯蓄中央値は1100万円

使われている金融広報中央委員会実施「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)」でした。

外部リンク調査結果の一括ファイル(PDF 623KB)

※リンクは新しいタブで開きます
ななし
ななし

二人以上世帯なので、世間一般と考えやすいかもですね。

ちなみにですが、金融広報中央委員会のPDFではサンプル数が小さいです。またネット記事なので色々差し引いて考える必要があるかもです。

 

70代の平均貯蓄1978万円、中央値は1100万円

で、注目した数字はこちら。

  • 平均貯蓄額:1,978万円
  • 中央値  :1,100万円

ちなみにですが、この数字は金融資産保有世帯を含んだ金額です。けっこうお金を貯め込んでると言われる70代でこれです。

金融資産は貯金やら株式などですね。

 

金融広報中央委員会でのデータはこちら。

70歳の金融資産保有額令和元年度

ここ10年で有価証券(株など)や保険が増えて預貯金が減っています。素直に見ると貯金から投資という流れなのでしょうか。

ちょうど画像に中央値とでているので、世間一般の貯蓄中央値は419万円ということが分かります。

中央値というのは良くニュース記事で夏ボーナスは平均90万円とかいうのを見て「そんな貰えるワケないやろ、どこの一流企業やねん」とか思います。

でも平均といいつつ実際はそんな貰えなくて、実態に近いものを知りたいなら中央値を見よう、というヤツですね。

 

つみたてNISAで毎年40万円を積立投資している人たちって控えめに言って十分過ぎるくらい凄くて、金融リテラシーもめっちゃ高いのが分かりますね。

個人的には老後の心配とかいらないと思ってます。ネットとか見ていると月数十万円を投資に回しているのを見ておかしくなっちゃいますけど。

関連記事庶民の投資には月2~3万円で十分なんだと思う

関連記事【ネットの弊害】20代で1000万、2000万と資産を積み上げてる人ばかりに思えてくる

※リンクは新しいタブで開きます

 

金融資産を保有している、と書きましたが、持っていないケースはどうでしょうか。

 

金融資産を含まないと中央値は460万円に

70代で株式など金融資産を含まないと中央値は一気に落ちます。

  • 平均貯蓄額:1,314万円
  •  中央値  : 460万円

年金があるとはいえ、中央値だとけっこう厳しい数字ですね。ただ、ゆとりはないものの生活自体は何とかできている、ということも書いていました。

これは二人世帯以上ということで二馬力年金が効いているのかも知れませんね。

単身者70代男性だけでデータ取ると怖い数字が出そう。。

 

ただし、これは今の年金給付水準だから何とか生活できているわけで、私たち世代になってくるとかなり厳しい現実が待ってそうです。

 

私たちは(多分)真剣に老後資産を作っておかないとヤバイ

昨年、足りない年金2000万円問題がネットを賑わしてくれました。

あれは年金をかなり真っ当に貰った人でも余裕のある生活をしようとすると預貯金があると安心というものでした。(実際は預貯金なくても節約したら余裕で生きていける)

年金財源は100年安心と言いつつ、私たちが受け取るときは現世代よりは少なくなるでしょう。

現世代:年金で生活し、預貯金で潤いを

私たち:年金と預貯金で生活をし、投資で潤いを

みたいな未来が見える気がします。

 

ちなみに年金財源が危なくないのはこちらの図が分かりやすいですね。

年金の100年計画

賦課年金なので国民がいる以上は財源に困りません。

ただ入ってくる金額は人口減少にリンクするので、受け取れる金額は減るでしょう。というか図のとおりだと減りますね。

 

ちなみに私たちの子供世代はGPIFがしっかり運用しており、その恩恵を受けられそうです。私たち世代は時間的に貰えないのは下の記事で書いています。

関連記事俺たちのGPIF!12兆円超の運用益!株高で過去最高

※リンクは新しいタブで開きます
ななし
ななし

氷河期世代って何か恩恵受けられたモノ・コトってあるんだろうか…涙

 

勝手なイメージをすると年金補填に2000万円、豊かな老後に2000万円なのかも

これは勝手なイメージですが、

年金と預貯金で生活

の預貯金の部分として2000万円くらい貯めておかないと、現世代と同じような生活は厳しいかも知れません。

日本はインフレしていないと言われつつも、実際はステルスインフレを揶揄されるように庶民の購買力は確実に下がっています。

 

あとは慎ましい生活+ちょっとした潤いとして2000万円をゆっくり取り崩していくような形かな、と。つみたてNISAの運用がうまくいって1500~2000万円というのが理想的なのかな。

投資部分はコレで良いとして、年金で足りない生活費を貯めていくのはちょっと大変そうな感じです。退職金がしっかり見込める人は別として、苦しい老後の人は多いかも。

ただ、長寿化と少子化の恩恵で70歳くらいまで働くというのが一般的になってくると、ある程度は解決するのかも。

個人的には老後まで働きたくないなぁ、と思っているので厄災ですけど。。

 

となると、60歳時点で4000万円くらいを用意していないといけませんね。

リスクを落としつつ運用を続ければゆっくり取り崩していけるでしょうし。キャッシュ1000万円、運用3000万円なら自分の寿命くらいは何とかなりそう。

ここらへんはまたシミュレーションして記事にしたいと思います。

おわりに|70代の貯蓄中央値1100万円で驚いたが、私の老後の方がもっと心配になった

幻想的な一本橋で傘をさす男性と曇った感じ

思ったより70代の貯蓄中央値が低いなぁ、という話から、気付いたら自分の身が危ういことになっていました。

3000万円くらいまでは問題なく貯められそうですが、退職金も期待できないし4000万円はちょっと厳しいなぁ、と。かといって70歳まで働くというのも逃れたい。

お金から自由になるのはまだまだ先が長そうです。

 

管理人にできることはコツコツ続けるだけなので、淡々と投資をしていこうと思います。もしかすると私の計算が間違ってて余裕なのかも知れませんしね。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

created by Rinker
¥1,320(2020/09/18 12:30:04時点 Amazon調べ-詳細)

長寿を厄災と書いたのはライフシフトですね。

どうやって100年ライフを生き抜くかを書いた本なのですが、常に新しい仕事に対応できるよう自分をリ・クリエーション(再創造)するのはしんどいなぁ、と感じました。笑

とはいえ、この生き方というのは嫌でもやってくるものだと思うので、参考程度に読んでおくと良いかも知れません。

 

ちなみに管理人は読むのは諦めてオーディブルで聴きました。

外部リンクオーディブル無料キャンペーン

関連記事本を聴く?Amazonでオーディオブック【一冊無料】の神キャンペーンが実施中

※リンクは新しいタブで開きます

ハッピーにはならなかったけど、老後不安の対策として勉強するには良いと思いました。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました