カナダ旅行では必須の持ち物。SIMカードは日本で用意ができる

カナダ国旗管理人の体験や雑談

カナダ旅行を考えている人へ向けた記事です。

数少ない友人(しかもTwitter友達)がカナダへ行くので、備忘録として当ブログを使おうと思います。

書いている内容は、現代人には必須といって良いスマホの事です。auで買ったAndroidスマホをカナダで使う為の説明書みたいな感じ。

もしカナダや海外へ行かれる予定がある方は、自分のスマホがどこを見れば海外で簡単に使えるのかが分かります。ちょっとした参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

カナダの空港に着いたら即スマホが使える

カナダ国旗

万能タイプなのに、なぜかスマホ関係が疎いという彼の為に、Amazonを使い、日本でSIMカードを買っておき、飛行機の中でSIMを刺し変えておけば現地で即スマホが使える。

こんなところを目指しています。

事前にお断りしておくと、私はカナダへの旅行経験はありません。ただ2017年にベトナムへ出張に行った際、同じような方法が出来たので再現性は高いと思っています。

関連記事ベトナム旅行で必須の持ち物。SIMカードは日本で事前購入しよう!

※リンクは新しいタブで開きます

ベトナムは意外とバンドがややこしくて、ブログに体験談を書いたら、検索で来てくれてSIMカード買って下さる方がいらっしゃます。

特にブログへ苦情は来ていないので、何とか乗り切ってくれているのだと思います。

カナダ旅行前にAmazonで北米用SIMカードを買っておくだけ

まずは下記のリンクの商品を確認。問題なければ購入。

10日間、5GB使い放題と書いていますが、予算に合わせて日数やデータ量は変える事が可能です。

ただ、ちょっと高いです。一週間で約3,200円、二週間だと約4,000円です。

もしかすると空港でポケットWi-Fiを借りた方が安心と思う人がいるかも知れませんね。

ぱっと調べたところ一ポケットWi-Fiレンタルはもっと高く、日300MBの使用で日額970円と結構お高いです。

調べた先は下記のグローバルWi-Fiになります。

GlobalWi-Fi価格表

カナダでの日額使用料金

外部リンクGLOBLE WiFi|カナダでもいつものスマホやPCが使える!レンタル料金は安心のパケット定額制

安心感をお金で買う場合は断然こちらをオススメします。

二週間くらい行きそうな友人の場合、4G-LTEだと1万4千円ほどかかるので結構な金額です。SIMカードを自分で手配できれば1万円くらいの差額が出ます。

実際にカナダで使ってきた、友人の記事はこちら。

MOST SIM|カナダ旅行で必須の持ち物。SIMカードは日本で事前購入しよう!
東北投信のみらいさんより寄稿いただきました。カナダ旅行のため、SIMフリースマホとAmazonで買った海外用SIMカードで、海外旅行が大丈夫なのか、というレビューですね。結論は大体OKで、次回も使うというお話。
※リンクは新しいタブで開きます

覚えておきたい主要バンド

スマホの通信をする時はご存知の通り電波を利用しているのですが、日本とは違った周波数の電波帯を利用しています。

例えば日本でも3大キャリアでそれぞれ違っております。

  • ドコモ:バンド1、バンド3(東名阪)、バンド19(プラチナバンド)
  • au:バンド1、バンド18(プラチナバンド)
  • ソフトバンク:バンド1、バンド3、バンド8(プラチナバンド)

プラチナバンドとは、ビルや屋内でも電波が通じて主力になる電波帯とざっくり思ってください。

日本で売られているキャリアのスマホはほとんどが上記のバンド+αくらいしかカバー出来ません。

ですので、auのスマホをSIMロック解除をしたは良いけども、ドコモのSIMカードで利用をしようとするとプラチナバンドを使えずに屋内や地下だと繋がらない、とかいう羽目にあいます。

その点、SIMフリースマホの上位モデルは世界の大体の場所で繋がるように作られています。

日本で売られているスマホは本来だと全世界で繋がるように出来ますが、auの利用者がSIMロック解除をして簡単にドコモに移られちゃうと困る、という大人の事情があって、そんなこんななのです。

海外旅行ではiPhoneが絶対正義

ただしiPhoneは違います。

iPhone7以降くらいなら、SIMロック解除をすればAppleストアで売っているSIMフリー版と同じバンドが利用可能です。

文字通り全世界で使用できるようになります。

ただ、私の友人はAndroidですので、この手は使えません。

カナダのバンド事情が日本人には厳しすぎる問題

日本のバンド状況は上述の通りです。

では、カナダ通信大手のメインバンドはどうかというと、バンド4、バンド7、バンド12、バンド13、バンド17です。

見事に日本の3大キャリアで買ったスマホだとSIMロック解除をしても全く無駄です。かすりもしません。

安く売っているSIMフリー機種を買って持っていけば良いのでは?

そう考える人もいるかも知れません。

しかし、日本へ安くSIMフリー端末を売っているHuaweiのミドルクラスは基本的にカナダのバンド4、12、13、17は掴みません。非対応です。

かろうじてミドルクラスのP20liteでバンド7のみ対応しますが、カナダでどれくらいの場所で使えるかは怪しいところです。

なので、ハイエンドクラスの端末が必要になります。

現在の売っている機種だとP20やMate20proあたりです。P20だと5万円、Mate20Proだと9万円くらいします。

これを買うなら中古ショップでSIMロック解除されたiPhone7未使用品や、Googleから新しく発売されたPixel3a(税込み48,600円)を買う方がリセールバリューもあってオススメです。

外部リンクイオシスでiPhone7未使用品SIMロック解除済みを見る

両社ともアメリカ本土、北米は完全に抑えています。

というか、Huaweiは副会長を拘束というカナダとの因縁があるので持ち込んで良いものやら。。

普通に旅行する人の最適解

普通の人でAndroidしか使えないという宗派の人は、最適解が旅行のついでにミドルスペックの値段でハイエンドのカメラ性能を持ったPixel3aを買う事でしょう。

もしくはポケットWi-Fiをレンタルするか。

下記のリンクは私が欲しいのでブログの記事で紹介したものです。

関連記事Pixel3aが欲しい!48,600円でカメラと機能はハイエンド級

 

友人が念のためという事で、ポケットWi-Fi(グローバルWi-Fi)も契約していました。

グローバルWi-FiとiPad mini 4でカナダから日本の友達に連絡してみた!
カナダ旅行の際に、現地でスマホを使えるかどうか心配ではありませんか?本記事では日本で事前にレンタルができるグローバルWi-Fiを紹介しています。使い方も簡単で速度も安定しています。旅行前に準備をしたい人は記事をお読みください。
※リンクは新しいタブで開きます

友人への餞別としてSIMフリー端末を貸し出す作戦

Android端末で、3大キャリアを利用している友人は、カナダという地は通信が非常に厳しい状況です。

今、お互いで話をしているのは、私がSIMフリー端末を貸す。友人はカナダで使う。私はカナダで通信状況はどうだったかのレビューを当ブログ(氷河期ブログ)で書いて貰う。

けっこうwin-winな話をしています。

話のオチ

そろそろメインのSIMフリースマホを買い替える予定ですので、買い替え後の機種を貸し出そうかと思っています。

現在の愛機はHuawei P20というカメラが得意な機種です。カナダで写真を一杯撮ると思うし、1年前のフラッグシップなので性能も十分。

ただし、Huaweiなので、ここらへんがどうなるのかは不明だったりします。

モノは良いので、そろそろ型落ち前で安くなっている今がオススメの機種ではあるんですがね。

関連記事そろそろ底値。HuaweiP20無印SIMフリーが5万円ちょい

ここらへんも込みで、友人には冒険を楽しんで貰って楽しい土産話を聞きたいと思います。

ちなみにP20SIMフリー、iPhone7SIMフリー(SIMロック解除)、Pixel3aの対応バンドは下記の通りです。

P204G-LTEバンド1,2,3,4,5,7,8,9,12,17,18,19,
26,28,32,34,38,39,40,41
iPhone74G-LTEバンド1,2,3,4,5,7,8,11,12,13,17,18,19,
20,21,25,26,27,28,29,30,38,39,40,41
Pixel3a4G-LTEバンド1,2,3,4,5,8,12,13,17,18,19,
21,26,28,38,41
created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥54,780(2019/10/22 01:31:38時点 Amazon調べ-詳細)

外部リンクイオシスでiPhone7未使用品SIMロック解除済みを見る

外部リンクGoogle公式ページでPixel3aを見る

 

カナダ関連の記事一覧

カナダ旅行では必須の持ち物。SIMカードは日本で用意ができる(当記事)

HuaweiP20でMOST SIMを使いカナダ・モントリオールを旅してきた!

グローバルWi-Fi +iPad mini 4でカナダから日本の友達に連絡してみた!

MOST SIM(SIMカードの差し替え)とグローバルWi-Fi。カナダで使うならどちらがいい?

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新しているので、通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました