課金は正義!株式投資を続ける方法と結果を紹介【ワンタップバイ】

課金の履歴20190308 One Tap BUY

2018年末のクリスマスセール以降、急激に株価が回復してきました。

インデックス投資は平常心、と言いながらも相場は気になってしまいますよね。

ななし
ななし

私はついついTwitterのタイムラインからの情報でめっちゃ気になります笑

下がり過ぎると不安になりますし、上がり過ぎてもこれまた不安というループ。。

記事内容は私がお小遣い投資という形でコツコツ続けているワンタップバイの状況報告です。管理人的には意外な数字で驚いています。

たぶんですが、バイアンドホールドをしている人、これから株式を始めようという人のお役に立つと思っています。

2017年のぬるま湯相場ではブッチギリで市場に負け続け、2018年の急落では市場平均と同じ程度にマイナスを受けてきました。

結果としては2018年末、2019年初の為替急落に翻弄されながら何とかプラスで乗り切っています。

2019年1月5日05時02分の状況

2019年1月5日05時02分の状況

現在はプラス状態で、相場が悲観的になってもお小遣いの範囲内ですので継続的に同じ銘柄を買い進めます。

金額を大きくすれば(NY市場で個別株を直接購入)もっと儲かるように思えますが、庶民的な管理人は自分リスク許容度とお金の範囲内だから出来た【課金投資法】です。

ワンタップバイを始めた時からの金額履歴もありますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

株式へ投資と課金をした結果

なんでこうなるかは分かりませんが意外とプラス圏内です。

投資前全体金額20190309

2019年3月9日、投資前の全体金額

配当を含まずで投資元本の約10%プラスはかなり想定外。

保有している銘柄は基本的に上位6銘柄の枯れたビジネスである高配当株式が中心です。

何でこうなるかは分からないと書きましたが、基本的には超大型優良株で毎月下がっている銘柄を買うという逆張り投資です。未来は神のみぞ知るです。

ななし
ななし

6銘柄に分散しているので、最悪のケースとして一社が半額になっても8%のマイナスで済みます。(100÷6÷2)

なるべく同じ金額になるようにHP回復ならぬ課金をしているのですが、株価の動きが大きいとすぐに差が出てきます。

特に2017年はエクソンモービル(XOM)とP&G(PG)が、S&P500といった市場平均に後れを取っていました。

今見たらエクソンモービル(XOM)はまだマイナスでした。ただ、配当金を考えるとプラスになっています。

エクソンモービル(XOM)配当金履歴

エクソンモービル(XOM)の配当金履歴

現時点だとトータルではプラスなので気にせず保有と、マイナスが続けば黙々と課金をします。

配当金が増えているのは株式保有数が増えているからですね。

投資信託でほったらかしは配当金再投資や課税の繰り延べ効果を考えると、効率は良いのですが直接配当金を見るとまた違った角度になって面白いです。

参考までに2018年6月の状況を画像で紹介します。

2018年6月の状態

エクソンモービル(XOM)がプラスの時代があったようです。たった一年足らずでP&G(PG)が稼ぎ頭になりエクソンモービル(XOM)はマイナス。

全体はプラスで配当金が貰えると考えると優秀なポートフォリオなのかも知れません。

今月、課金した銘柄

ファイザーPFEを4000円購入20190309

現CEOのアルバート・ブーラさん。ちょっと顔色が悪いです。。もう少し良い写真を選んであげるべきと思います。とりあえず4000円課金。

マクドナルドMCDを2000円購入20190309

ついでにマクドナルドも2000円課金。CEOはスティーブ・イースターブルックさんです。

ジャンクフードでフランチャイズの王様は顔色が良いですね。

彼らのおかげで、何もせずに配当金という不労所得を貰っています。ありがたい限りです。

課金前と後の比較

投資前ポートフォリオ20190309

課金前のポートフォリオ20190309

VISAが圧倒的なのはいつもの事ですが、ファイザー(PFE)と3%くらい差が出てきています。

保有する銘柄(パーティ)を均等に育てていくゲームみたいなものなので、せっせと弱っている仲間を助けます。

投資後ポートフォリオ20190309

最低保有が15%と並んだので今月はこれでお終い。

勝った瞬間に含み益が減っていますが買付手数料を含んだものだからです。分かりやすくて助かります。

投資後全体金額20190309

全体を見ると、ほぼ4万円になってきました。市場がしばらく悲観的な場合は黙々と株式へ課金を続けていきます。

コツコツと課金をしてきた履歴

課金の履歴20190308

2017年の6月に始めたようですね。翌月に増やしてそこからはお小遣いをコツコツと積み上げる感じです。

2018年2月は大きく下がったので、余裕資金が全部投入。2018年12月は大きく下がったものの回復をしています。

後から見ると右肩上がりに見えて気楽そうですが、持っている時は不安になってしまう事もあります。

資本主義経済に課金をして正解かどうかを考えて、結局正しそうなので課金というのが続いている感じです。

個別株も投資信託も海外ETFもこんな感じですね。

おまけ|S&P500の2年チャート

S&P500の2年チャート

ななし
ななし

ワンタップバイだけを見ていると大きな動きを感じられませんが、意外と市場平均(S&P500)は揺れ動いています。

始めた頃は既に過熱感があり報われずに配当再投資チャレンジというゲームを予想していましたが、未来は全然分かりませんね。

来月も黙々と資本主義に課金をしていきます。

 

ワンタップバイでは実現できませんが、超有名なバフェット太郎さんの真似は誰にでも出来ます。

資本主義を生き抜くためのピンク本です。

 

関連記事です。

年収300万円からの資産形成と運用ステップ8(投資を続ける技術)

投資について一番難しいのは、まず始める事。次に投資を続ける事です。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新しているので、通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました