iPadの充電が遅い?充電器の最大出力が2.4Aなのか確認するだけでOK

USB充電器の他の物とのサイズ比較 商品レビュー

iPadの充電が遅いなぁ。充電しながら使ってるけどバッテリーが減っていく。。

こういった経験がある人は、まずは充電器(アダプタ)の出力を確認しましょう。ほとんどコレで解決します。

確認してもらいたいのは出力(Output)が最大(MAX)2.4Aと書かれているかどうかです。

記事内容は、iPadの準電が遅いと嘆いていた義父へUSB充電器とケーブルをプレゼントしたので、USB充電器(アダプタ)の選び方について紹介したものです。

割とモバイルバッテリーや充電器が好きで、自宅にも複数持っている管理人です。ちょっとした性能さを知るとついつい買いたくなってしまいます。

既に解決法を書いてしまっていてAmazonで下のような商品を買うだけです。iPhoneやandroidスマホの充電等でも同様ですので、本記事はちょっとした参考になるかも知れません。

同じような事で疑問に思った事がある方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

そもそもiPad標準品の充電器(アダプタ)は高出力

iPadについてくるアダプタって、サイズがiPhoneのより大きいんですよね。バッテリー容量も大きいので、急速充電が出来るような規格になっています。

  • iPad用=12W用(2.4A/5Vで充電)
  • iPhone用=5W用(1A/5Vで充電)

この点だけ抑えていれば大体解決します。

管理人はiPad初代、iPhone6sくらいしか使っておらず、すでに純正品のアダプタがありませんので、写真が無いことはご了承ください。

孫が泊まりに来た時、iPhoneの充電器を忘れていたので貸した。

そのまま持って帰られて困っていた。わりと、あるある話かも知れませんね。

iPhone用の充電器を持って帰れば良いのに、よりにもよってiPadの充電器を持って帰ってしまったのです。

 

USB充電器(アダプタ)の出力とは?

アダプタの出力は中学校あたりで習った電流(A)、電圧(V)で決まります。

iPad用の場合、2.4A×5V=12Wといった感じですね。

参考に私が使っているRAVPOWERというメーカーのUSB充電器の画像です。

USBアダプタで見るべき部分

一番見るときに注意するのは電流(A)の部分です。次に最大〇〇Aまで出力できるか。この点を注意していれば社外品を買っても外すことは無いでしょう。

上記の画像では書いている通りなのですが、

  • OutPut(出力)は2.4A×5V=12W充電が可能(赤文字部分)
  • 充電口が二つあるタイプで両方とも最大2.4A出力が出来るので24W(青文字部分)

という事が分かります。

 

社外品USB充電器(アダプタ)のお値段

Amazonで買えるものでも、けっこう安いしオススメです。ポートが二つあるのも便利。

今はPD(USB Power Delivery)という新しい規格も出ていますが、それほど新しい機器があるわけではないので、こちらをAmazonで注文してプレゼントしました。

これくらいなら私のお小遣いからでも何とか大丈夫です。ちなみに外観はこんな感じです。義父と義母が同時に使っても、両方急速充電が出来るのは心強いですね。

小型マウスと同じくらいで、サイズもわりとコンパクトです。

USB充電器の外観

USB充電器の他の物とのサイズ比較

選ぶべき注意点としては最大W数と、各ケーブルの出力がどれくらいのA(アンペア)なのかを見ておく事です。

意外とありがちなのが、片一方は急速充電ができるけど、片一方は1A/5Vの低速充電(従来充電速度?)といったものもあるので、見ていた方が良いです。

両方とも急速充電が出来るからと言って、そんなに値段は上がりません。あとはAmazonのレビューを参考にすると、なお良いですね。

SwitchやiPhone8以降、新しいiPad ProなどはPD(USB Power Delivery)に対応しているので、下記の新しい商品を買っておいても損はないです。USBケーブルは別途購入が必要になります。

iPad proやiPhone8以降の流れを見ていても、今後は急速充電はUSB Power Deliveryが主流になってくるでしょう。androidも上位機種はUSB Power Delivery対応になってきています。

刺し口が両方ともUSBtypeCになっているUSBケーブルの場合、3A対応になっているものから選んでおきましょう。今後のノートPC等への充電にも使える規格です。

 

RAVPOWERを推奨した理由

安心・安定のAnkerを選ぶのが定番なのですが、以前購入した時にコイル鳴きがありました。

出張等で持ち歩いているものなので、Amazonでコイル鳴きが無いものをレビューを調べまくって見つけたのがこちらです。

コイル鳴きとは引用元:Wikipedia

電気製品から発生する甲高く耳障りな音が通電中に鳴る現象で、電子部品であるインダクタ(コイル)や変圧器(トランス)の不正振動により発生する。

もしUSB充電器(アダプタ)のコイル鳴きが気になる人がいたらRAVPOWERはオススメです。まぁ、小さな音なので、ほとんどの人は気にならないのかも。。

 

iPadの充電スピードが遅い時に確認すること

アダプタ側の方でほとんどは解決します。

それでも遅い場合は本体のバッテリー劣化やライトニングケーブルに原因の可能性があります。

ケーブルについて万全を期したい人は純正品もしくはAmazonで社外品を買う時には「MFI」と書かれたものを選びましょう。

100均やセールで買ったケーブルだと、ケーブルを疑うのもありです。

MFi認証とは

Made For iPhone/iPadを刺した言葉です。iPhoneやiPad、iPodといった機器向けに作られた製品で、Apple MFi認証とも呼ばれています。

ちょっとお値段高くなります。

個人的には普通の安いのを買ってます。アダプタと一緒に義父にプレゼントしたのは下記のものです。

ケーブルも良く持って帰られるとの事で、5本セットを買いました。色のこだわりを無ければ意外と安いです。

 

不安ならappleストアでiPad純正品を買おう

ライトニングケーブルは高すぎて買う気になれないかも知れませんが、充電アダプタは意外と安いのです。

公式リンクAppleストア|電源&ケーブルーiPadアクセサリ

12W用(iPad)も5W用(iPhone)も値段は同じ1,800円です。iPad用でiPhoneを充電しても問題ありません。上記の公式サイトにも記載があります。

 

まとめ

  • 充電が遅いのはアダプタの出力が低いことが多い
  • 義父はiPhone用のアダプタでiPadを頑張って充電していた
  • せっかくなのでプレゼントをした(安いわりには便利で気の利いたアイテムだったと思う)
  • 心配な人は純正品を買おう!

知っている人は当たり前かも知れませんが、意外と充電周りの事は知らないままの方も多いようです。

出張用や予備のアダプタを買う際の参考になれば幸いです。

余裕のある人は、PD対応品をオススメします。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。自己紹介は「ななし」をクリックで。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました