NISA枠の完全消化!HDVとiFreeNYダウ投信を末永く見守りたい

打合せ資料 お金と投資

2018年も終わりに近づいてきました。

昨年、つみたてNISAの区分変更をしないまま一般NISAを使ってしまったので2018年は縛られたままでした。

記事内容は、同じ轍を踏まないために、ちょっと早めにNISA枠を埋めた紹介です。つみたてNISAへ口座区分変更をしていない。。どうしよう。という人向けにも対策を紹介しています。

eMAXIS Slim新興国株式で埋めようと思っていましたが、記事寄稿用に高配当ETF(HDV)を購入しました。

少し余ったので、どうせ長期で持つので今後のウォッチ用にiFreeNYダウ投信で埋めました。

スポンサーリンク

iFreeNYダウ・インデックスと高配当のHDVは今後に期待

HDV購入

高配当ETFのHDVです。通常、2株だけ買うとか手数料が5ドルかかって愚の骨頂なのですが、幸い一般NISA口座だと買付手数料はキャッシュバックされます。

使わないのも勿体ないので、この機会に利用しておきました。

公式リンク楽天証券|国内株式売買手数料0円/海外ETF買付手数料 全額キャッシュバック!

高配当戦略はすっかり市場平均に負け越していましたが、FANG銘柄に陰りが見え始めた最近だと、また見直されるターンが来そうです。

 

iFreeダウ購入

もう一つは残った枠でiFreeNYダウ・インデックスを購入で枠をキッチリ埋めました。

こちらは長期ウォッチ用ですね。老後に楽天VTI投信と同じくらいのパフォーマンスを見せてくれる事を期待しています。

個人的にダウ指数が好きなこともあります。

実際、子供口座?ではS&P500投信なんて無い時代だったので、SMTダウ投信を持たせているので思い入れもあります。

信託報酬はひと昔前のスタンダードっぽい年率0.54%(税抜0.5%)です。

関連記事ジュニアNISA:子供の将来向け株式投資状況20180922

ひょっとすると、最近、投資を始めた人はSMTの存在は知らないかも。

三井住友トラスト・アセットマネジメントのSMTインデックスシリーズとして名門でもありますが、eMAXIS Slimシリーズや楽天バンガードシリーズの光が強すぎて最近はすっかり聞かなくなりました。

当時は低コスト信託報酬といえばSMTの時代があったのです。

ななし
ななし

とは言いながら、ダウ投信を買ったけど、どこのヤツだったっけ?と忘れてしまっていましたが。。

参考リンクSMTインデックスシリーズ

高配当好きの方には、SMT米国株配当貴族インデックス・オープンSMT欧州株配当貴族インデックス・オープンで知られているかも。

興味のある方は公式リンクですので、どうぞ。

 

念のために調べてみて良かった件

確認したらまだ枠が残っていました。

記事を書くので、ちゃんと埋まった画像を載せようとして楽天証券を確認したら、買付可能額に残りがありました。

HDVを買い付けして、すぐに投資信託を購入したのでズレがあったのかな、と。

画像は間違ってS&P500インデックスになっていますが、購入はNYダウ・インデックスです。

 

我が家は2019年から、つみたてNISAに参戦します

昨年、一般NISA枠でギリギリまで積立投資をしていて、つみたてNISAへ移行が出来なかったので、今年は早く終了させておきました。

※2017年は毎月27日積立にしていました。。

ななし
ななし

もし、12月26日以降に触ると2019年度のNISAを使うことになります。つみたてNISAに変更しようかな?と思う人はお気を付けを。

2017年12月27日に買った画像

 

つみたてNISAに区分変更していない、という人は

2018年の口座区分変更は締め切りが終わりましたが、2019年に落ち着いてから切り替えれば問題ありません。

つみたてNISAの40万円枠はボーナス月設定等で、いくらでも調整が出来ますのでご安心を。

公式リンク楽天証券|2018年NISA口座の締め切り期限

公式リンク楽天証券|NISA口座(一般NISA/つみたてNISA)区分変更の方法

 

おわりに

これで年内はすっきりして、2019年度より「つみたてNISA」を始める事が出来そうです。

あとは20年投資を続けるだけですね。先は長いですが頑張りましょう。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。自己紹介は「ななし」をクリックで。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました