【ベストバイガジェット2018】悩んだけど買って良かったP20無印

ベストバイガジェット2018アイキャッチ ファーウェイP20無印SIMフリー

GeekDays様主催の「今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2018」に参加しています。

この記事は2018年12月7日、上記企画の7日目に当たる記事です。昨年は毎日楽しみに読んでいましたが、今年は意を決して参戦をする側に。

企画から来られた人は初めまして。緊張しておりますがよろしくお願いいたします。

2018年のベストバイという事で、当ブログ(氷河期ブログ)からはHuaweiP20無印を紹介させて頂きます。

購入して約半年のレビューになります。HuaweiのSIMフリー端末を検討されている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

個人的ベストバイガジェットはHuawei P20無印

P9(私が愛用)、P10(妻が愛用)と買っており、当然P20Proを買おうと思っていたら、まさかのdocomo専売。。

悩みましたが買った後は、もうこれで十分だろうというレベルで気に入っています。

スペック等は十分に出回っているので、

  • 実際に買って良かった事
  • 個人的に購入前に気になっていた点
  • 期待外れだった事

を中心にレビューしていきます。比較対象は1年半活躍してくれた名機P9です。

 

実際にHuawei P20を買って良かった事

Amazonで予約して買いました。

発売当初から比べてもあまり値落ちしていません。早めに買って楽しめたので満足しています。購入した時は発売記念の割引を入れて66,027円でした。

P20購入費用

 

Kirin970のヌルヌル感に大満足

Huawei P9は2016年のハイエンドモデルとは言え、カメラやアプリ起動が徐々に気になり始めていました。サブスマホとしてGalaxyS8(スナドラ835)を使っていた影響もあります。

使って半年たちますが、普段ネットを見たりSNS等も含め、快適なスマホライフを過ごしています。地味にカメラ起動が早くなったのは嬉しい。

スペック的にはサブスマホとして使っているGalaxy S9に比べて劣っているのですが、私の使い方だとP20無印の方が向いているようです。

S8は友人に譲ってS9買いました。

 

DSDVでUQモバイルのデータSIMが大活躍

IIJmioの通話SIMを利用していましたが、やはりお昼の速度がネック。P9では出来なかったDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)のおかげでUQモバイルのデータSIMが併用可能に。

平日お昼のUQデータSIM通信速度

IIJ通話SIMの3GBと合わせて、UQモバイル3GBも使えるのでデータ使用料的には満足。月々2,580円で2年契約的な縛りもなく精神的に快適です。

 

切り替えもそこまで手間ではありません。数秒でSIM切り替えが出来ます。個人的にはめっちゃ便利。

データ側SIMの切り替えは簡単

 

ギリギリ許容範囲のサイズと重量

幅70.8㎜という個人的には許容範囲で縦長ディスプレイ。P9に比べると20gくらい重くなったけど165gと、これも許容範囲。

Proの180gは手が耐えられるかが不安だったので、こちらも満足しています。

 

ワイアパとかAI不要でサクサク使えるカメラ

レンズ頼りで十分ボケるし、ワイドアパーチャとか全く使わなくなりました。

子供が採ったどんぐり

子供が採ったどんぐり

公園の蛇口

子供と遊んでいた公園で

ハンバーグの写真

かなり見た目通り

普通に接写すればレンズの力で背景ボケるのは便利です。後述しますがAIはずっとオフです。

 

やはり夜間モードは凄い

通常モードのケーキ屋さん

通常モード

夜間モードのケーキ屋

夜間モード

 

夜間モード無しでも暗所性能は上がっていて、フルオート任せでも十分に綺麗です。

グランフロント日本酒イベント

何でもフルオート任せ

私の写真の腕前はともかく、カメラの基本性能はやはり満足です。

 

Huawei P20の購入前、気になっていた事

P9の背面指紋認証に慣れていたので前面指紋認証はどうか?

こちらは心配不要でした。1日で慣れます。もちろん、爆速指紋認証はそのまま。

指紋認証の快適さゆえにHuaweiから離れられません。GalaxyS9もありますが、やっぱりちょっと遅いんですよ。。ふわっと画面が点く感じ。(GalaxyS9自体はめちゃくちゃ良いです。)

 

サイズや重量が大きくなるが大丈夫だろうか?

上述の通り許容範囲内です。今となっては表示領域が広いメリットの方が大きいです。とはいえ、これ以上の重量化は勘弁して欲しい。。

ただしP9のサイズ感は凄い良かった。デザインは今でも綺麗で好きな端末です。

P9の写真

今見てもP9はかっこいい

P20写真

P20も良い

 

カメラの出っ張りが…

どうせケース付けるので一緒でした。ラギッドアーマー万歳。

ラギットアーマー

ギリギリに見えるけどレンズは守られます

 

期待外れだった事

そこまで期待はしていなかったのですがAIカメラはまだまだといった感じ。

シーンがドンピシャなら使えると思うけど、シーン切り替えとかの時間がかかるし地味にストレス。プロモードでええやん、となります。

あと残念なのがLeicaフィルターの絵作りが、P9に比べて好みで無くなった点。。

空の色とか、いろいろ残念なのです。ここらへんは次モデルに期待です。フルオートでも十分に綺麗なんですけど、P9の方がカメラは使ってて楽しかった。

 

まとめ|Huawei P20は値段分の満足は十分にあり!

  • SIMフリーでDSDV
  • ヌルヌル動くSoC
  • フルオート任せで綺麗なカメラ

発売してから半年経つモデルですが、今買っても十分に満足は出来ると思います。

DSDVやSIMフリーで無くとも良いなら、P20Proの白ロム未使用品がお安くなってきています。値段差を考えると、こちらの方が満足感はあるかも。

HUAWEI P20 Pro HW-01K docomo Black
HUAWEI
¥ 67,700(2018/12/11 08:38時点)

 

おまけ:個人的に購入して良かったガジェット

GalaxyS9のau白ロムが安すぎるだろう、と買いました。

auのMVNO(格安SIM)も増えてきたし、無理にSIMフリー選ぶ必要のない人はこれ買っておけば2年は戦えるかと。ゲームする人は良いかもです。

au SAMSUNG Galaxy S9 SCV38 Midnaight Black
au
¥ 49,400(2018/12/11 23:39時点)

 

typeCで本体充電も出来て、PD対応のモバイルバッテリーも良かったです。超急速充電対応のモバイルバッテリーが欲しいですが、一段下の急速充電(2A/9V)でも十分速いです。

2020年もスマホを買ったりすると思います。当ブログ(氷河期ブログ)はお金の話が多いのですが、Huaweiスマホ記事を読んでくれる人もいて管理人は喜んだりしています。

当記事をお読み下さりありがとうございましたm(_ _)m

明日は、froakie0021さん(froakie0021)です。どんなガジェットが出てくるのか楽しみです。興味のある方は下記リンクをどうぞ。

ベストバイガジェット Advent Calendar 2018

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました