HUAWEIの急速充電FCP対応モバイルバッテリーを紹介します

P20で急速充電を確認 商品レビュー

HUAWEIのスマホの急速充電はかなり独特です。急速充電が出来るモバイルバッテリーを探している人向けの記事です。独自規格の為、未対応のものが多くて困っている人も多いと思います。

記事内容は、日本で買える数少ないHUAWEI急速充電対応のモバイルバッテリーの紹介です。

外出先で急速充電が出来るのは凄く便利ですのでご参考になれば幸いです。

事前に申し上げておきますと、一段上の超急速充電対応のモバイルバッテリーは管理人の知る限り日本国内では売っていません。
スポンサーリンク

MOXNICE10000mAhは超おすすめモバイルバッテリー

Tronsmartというメーカーのモバイルバッテリーが数少ないHUAWEI急速充電に正式対応しています。

Amazonでは長期欠品中です。もしくは転売で高過ぎる値段付けがされています。
取り急ぎモバイルバッテリーをお探しの方は、急速充電は諦めて安定した2.4A/5V充電ができる信頼のAnkerが最適と思います。
2A/9Vの急速充電が必要な人はPD対応のMOXNICEモバイルバッテリーをどうぞ。私が保有しているP9、P10、P20無印では急速充電の確認が出来ています。
※P20liteもPD対応で急速充電が利用できます。P10liteは未対応です。

MOXNICEモバイルバッテリーは管理人のP20SIMフリーで急速充電が確認出来ています。

バッテリー残量が50%を切ると気を使ってしまうので、モバイルバッテリーは必需品となっています。2A/9Vの急速充電はモリモリ回復していきます。

P20で急速充電を確認

レビュー記事も書いています。2018年10月14日現在では、MOXNICEのモバイルバッテリーが一番オススメ商品となります。

P20、P20liteで急速充電が出来るモバイルバッテリーを紹介します
Huaweiの急速充電が出来るモバイルバッテリーです。P20、P10、P9は実機にて確認済みです。

モバイルバッテリーでなく、アダプターで超急速充電をしたいという場合は、下の記事がお役に立てると思います。Huawei純正品のネット注文を書いています。

Amazonで社外品を買うのもありですね。

Huawei P20Pro HWー01Kで超急速充電をするなら純正品購入が簡単安心
Huawei独自規格の超急速充電についてご紹介します。

 

前置きが長くなり申し訳ありません。

以下、在庫切れになっているTronsmartモバイルバッテリーの紹介と、Huawei独自の急速充電についての説明です。

Tronsmartモバイルバッテリーは数少ないHuawei独自規格の急速充電に対応!

Huawei FCP対応と書いているものを選んでください。FCPとはFast Charger Protocolの略です。

私が使っているものは、2017年モデルで容量が10,000mAhと半分のものになります。

モバイルバッテリーの容量は実際のところ、6掛け~7掛けで計算した方が良いのですが20,000mAhもあれば災害時でも安心できる大容量です。

Androidの一般的なQuickcharge3.0も対応しています。

 

HUAWEIの急速充電について

HUAWEIは独自規格の急速充電(2A/9V)と超急速充電(5A/4.5Vもしくは4.5A/5V)を用意しています。超急速充電はMATE9以降のハイエンド機から採用されています。

ミドルクラスの端末では急速充電までとなりますが、2A/9V=18wでもかなり速く充電が出来ます。私の使っているイメージですが1分1%で回復する感じです。

非常に良いのですが、残念な事に「端末」と「充電機」の両方が急速充電や超急速充電に対応している事が必要となります。

ちなみに超急速充電は5A対応のUSBtypeCケーブルが必要になります。急速充電の場合は、通常のUSBケーブルでほとんど対応してくれます。

AndroidのQuickchargeで2.4A/5V=12wと考えると超急速充電が使えなくとも急速充電で十分な速度です。

MOXNICEのモバイルバッテリーはP9とP20で急速充電が可能ですが、PowerDeliveryという別規格に本体が対応している必要があります。
P10liteは上記規格に対応していないようです。P20liteはPD対応をしているとメーカー確認が取れています。

 

私が使っている旧型(Tronsmart Presto)の写真等

容量は少ないですが、コンパクトなので本当はこちらを紹介したかったのですが、現在在庫切れが続いているようです。(もしかして廃盤?)

 

2018年6月までメインで使っていたHuaweiP9とのサイズ感の参考

 

黄緑色側の方が急速充電用です。モバイルバッテリーへの充電はmicroUSBとなります。

 

ちゃんと急速充電と出ていますね。

 

厚みが倍くらいあります。重量は229gと結構軽め。

 

ちなみに妻はP10を使っています。こちらは急速充電、超急速充電の両方に対応していますが、モバイルバッテリー側が急速充電までのため、下の画像のように急速充電となります。

 

おまけで、これらの写真を撮るのに使っていたGalaxy S8です。QC3.0まで対応ですので急速充電と出てくれます。(S8はQC2.0まで対応)

 

まとめ

  • HUAWEIの急速充電、超急速充電はメーカーの独自規格
  • 端末側と充電器側の両方が対応しないと通常の充電しか出来ない
  • モバイルバッテリーともなると選択肢は尚更少ない

急速充電が必要であればTronsmartのモバイルバッテリーをオススメします。

 

生活に必須なスマホですが、バッテリー残量を気にしながら使うのも勿体ないです。旅行やフェス等でも活躍してくれますが、日常でも役に立つシーンが色々あると思います。

多分在庫切れですので、下の商品をオススメします。

レビュー記事HUAWEIの急速充電FCP対応カーチャージャー(シガーソケットタイプ)を紹介します。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする