※記事内に商品プロモーションを含むことがあります

【無料本】NISAで損しないための家族の資産形成術

お金と投資
↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ネットを見てると面白そうな無料本がありました。

せっかくなので記事にてシェアします。

本はこちら。

blank

通常1,650円のようです

>>今すぐ無料本を貰う

※無料でお送りする書籍は数に限りがありますので、ご希望の方は今すぐにお申し込みください。

いきなり名前の登録と住所入力を求められますが無料本なので、そこまでビビる必要はありません。

ちなみに名前は偽名にしてメールアドレス登録だけでもPDF版の書籍は貰えます。住所入力とか怖いけど、ちょっと興味ある、という人はメールだけでどうぞw

営業的なメールになってきたら登録解除すれば良いだけですし、ワンクリックでOKでした。私はメール登録だけです。

 

著者は史上最強の内定獲得術で有名な武藤 孝幸(むとう たかゆき)さん。

blank
created by Rinker
¥792 (2024/07/12 13:38:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

PDFはサクサクと読め、内容はわりと初心者向きだと感じました。

うちの読者様だと15分ほどで読めるページ数ですかね。

目次をずらーっと見ていきましょう。

はじめに

第1章 NISAの歴史

  • 家族の財務計画の重要性
  • NISAの設立と背景
  • NISA制度の変遷

第2章 新NISAとはどういう制度か

  • 新NISA制度の基本概要
  • 新NISAと旧NISAの違い
  • 主要な証券会社(マネックス、SBI証券、楽天など)の特徴とサービスの比較
  • NISAの申請と運用のステップ

第3章 新NISAの落とし穴

  • 新NISAの落とし穴「今、お金を使うことができない」こと
  • 非課税のはずである新NISAに課税される? 2つの注意点

第4章 将来必要なお金を家族と話し合う

  • 新NISAで積み立てたお金で起こりうる3つの問題
  • 家庭内で「お金の会議」をしよう
  • 【ワーク】子どもにいくらお金を用意するべき?

第5章 子どもに残すのは「資産」よりも「マネーリテラシー」

  • 資産よりもマネーリテラシーを相続させるべき3つの理由
  • 親の金融教育次第で子どもでも1億円は作れる
  • マネーリテラシーがなければ「守れたはずのお金」を守れなくなる
  • 投資の鉄則は「安く買って高く売る」
  • なぜ新NISAは投資の鉄則に従って運用できないのか
  • 大富豪ウォーレン・バフェット氏も実践した資産運用方法

 

NISAでの運用や投資手法というよりはリテラシーに力を入れているのが珍しいですね。

個人的にわりと楽しく読めました。

こういった無料本系はメールマガジンで有料サロンや投資スクールなどへの誘導があるので、基本的にはそういった案内が出てくるとメール登録解除をポチっとするのがおすすめですw(中の人に怒られたら記事消しますw)

当サイトの読者様だと知ってる情報も多いので、目次の部分で興味あるところだけを読むとサクサク進むし良いかも、と思います。

 

面白そうだな、と思った人は良ければ下記より無料でどうぞ。

>>今すぐ無料本を貰う

※無料でお送りする書籍は数に限りがありますので、ご希望の方は今すぐにお申し込みください。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました