即2,600円貰える!Tiktok Lite初めての人限定(即PayPayなどに変換可能)

※記事内に商品プロモーションを含むことがあります

信託報酬0.05775%のオルカン!Tracers MSCIオール・カントリー・インデックス爆誕(トレカン)

お金と投資
↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

信託報酬0.05775%のオルカンが爆誕します。

>>日興アセットマネジメント有価証券届出書(PDF)

Twitterはお祭り状態。

ざっくり商品紹介と懸念点などを紹介していきます。

スポンサーリンク

信託報酬0.05775%のオルカン!Tracers MSCIオール・カントリー・インデックス爆誕(トレカン)

blank

商品名:Trasersオール・カントリー・インデックス

商品名はTrasersオール・カントリー・インデックス。

ここ最近、配当貴族インデックスをはじめ、超低コストで名乗りを上げています。(配当貴族インデックスに至っては海外ETFや東証ETFよりも低コストです。)

 

安過ぎワロタw 信託報酬年率0.05775%(税込み)

すべてを吹き飛ばす信託報酬年率0.05775%(税込み)というコスト。安過ぎワロタというかヤバい。eMAXIS Slim経営陣、頭抱えてそう。

VTの経費率が0.07%なのでヤバさが一層輝きます。

 

委託会社、販売会社、受託会社それぞれの取り分は0.0175%と、もう勢いで決めた感じしかない。一蓮托生。これで負けたら諦める所存。

blank

 

指数はAWCI連動(オール・カントリー・インデックス=オルカン)

連動指数はAWCIでして、いわゆるオール・カントリー・インデックス=オルカンです。

eMAXIS Slim全世界株式が最強すぎて、これがいわゆるオルカンと呼ばれてますが、tracersオルカンと呼ばれるのでしょうか。。

AWCIはMSCIの指数なので、後述しますが実際の信託報酬どうなの?という問題も出てきます。

 

ちなみにAWCI連動で出ている投資信託。

blank

出典:日興AM、最低コストのインデックスFを設定へ=信託報酬を0.05%台に半減

 

Trasersオール・カントリー・インデックスの設定日は2023年4月26日

設定日は4月26日ということで、完全に新NISAで覇権を獲るために作られた商品。

満を持して引き下げをした「たわら全世界」の経営陣も頭抱えてそう。。

 

オルカン(eMAXIS Slim全世界株式)は徹底対抗してくるか

Tracersオール・カントリー・インデックスに魅力を感じる人もいると思いますが、皆さん気になるのはeMAXIS Slimのオルカンが徹底対抗してくるかではないでしょうか。

管理人もこちらのほうが気になります。

理由はいくつかあって、

  • 日興アセットマネジメントが30年後も戦ってくれているか
  • もし運用が続かずに早期償還されたら面倒
  • それなら30年後も大丈夫だろうと任せた三菱UFJ国際投信のほうが良い気がする(eMAXIS Slim全世界が完全追随できなくてもSlimで良いかな、とも。今のままででも十分低コストだし。)

という懸念もあります。

 

Twitterできしやんも呟いていましたね。

興味ある方はリプ欄をどうぞ。

 

Trasersオール・カントリー・インデックスの弱点はMSCI指数・AWCIの商標使用料かも

いくら何でも安過ぎるやろ、商標手数料どうなってる?と思っていたらその他費用になる様子。

つまり0.05775%+商標手数料となる可能性があります。

河童さんのtweetなども参考になります。

 

S&P500などもS&P社に商標使用料を払っています。

参考までに下記はETFのMAXIS米国株式S&P500(東証:2558)が払っている使用料。

blank

S&P500の商標を利用するのに最大0.05%かかります。

まぁ、ここらへんはS&Pと交渉になるのですが、SBI・VOOが出たとき、eMAXIS Slim米国株式はこの部分を交渉したとか。

 

今回はMSCI・AWCIなのでどれくらいの使用料がかかるのかはネット見てるだけでは分からなかったです。

なので、急いで乗り換えなくても、実質コスト見てからで良いのかも。

もしくはeMAXIS Slim全世界株式(オルカン)が徹底対抗するとしたら、商標コスト込みで○○みたいな表現をするかなぁ、とも思いました。

 

インデックスのフィー(手数料)についてはカンさんの記事が面白いですね。

外部リンクインデックス・ファンドの難敵、それは指数使用料(ライセンスフィー)です

※リンクは新しいタブで開きます

こんな部分まで競争になってくる時代になるとは思いもしませんでした。

日本のインデックス業界も凄いことになってきました。(商品によってはアメリカで買うより低コストな気がします。)

 

そろそろ長くなってきたので終わりにします。

Tracersシリーズは配当貴族インデックスをはじめ頑張っているので個人的には応援したいですね。(新NISAで使うかは別。)

 

おわりに|Tracers MSCIオール・カントリー・インデックスの信託報酬0.05775%は今後のインデックス業界を揺るがすかも

blank

商標使用料のところでケチをつけるようなことを書きましたが、チマチマ0.00001%を刻みそうだったコスト競争に日興アセットマネジメントがとんでもない商品をぶち込んできました。

つい先日引き下げたオルカンのコストの半分というトンデモ商品です。

ひょっとするとTracersS&P500、Tracers全米株式、Tracers先進国株式なんていう商品が登場するかも知れませんし。

 

今後のTracersシリーズに期待しつつ、オルカンがどう対抗するのかも楽しんでいきましょう。

Tracersオルカン爆誕祝いで応援ポチを頂けると嬉しいです。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

Slimオルカンがどう対抗するのか楽しみ過ぎる!という読者様からの応援ポチをお待ちしております。管理人もどうなるかドキドキです。

 

関連記事です。

新NISAの出口戦略|30年保有して30年かけて取り崩すが最強

素晴らしい商品は揃いました。いきなりロトの剣が最安で買えるような状況でゲームスタートです。

あとはどう取り崩すが大事なので、それはコツコツ積み立てて、コツコツ取り崩すことなのかな、と。もし良かったら上の記事もお読みいただけると幸いです。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました