【12/10終了】回線契約ナシでiPhone単品10~20%OFFセール中

暴落対策費500万円を住信SBIネット銀行NEOBANKのキャンペーンにぶち込みました

お金と投資
↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

暴落対策費としてキャッシュを用意しているのですが、たまに美味しいキャンペーンがあったら流動的に動かしています。

これは美味しいと思って乗っかったので記事にてシェアします。

キャンペーンはこちら。

blank

外部リンク【対象支店限定】円定期でポイントGETキャンペーン

※リンクは新しいタブで開きます

以前、キャンペーンで口座開設してたんですが、円定期預金3カ月物に入れて6000ポイントは美味しいですね。

3ヶ月入れなきゃキャンペーン条件クリアできませんが最悪暴落がきたらネットバンクなので解約もサクサクできるのが魅力。

では、キャンペーン概要や、管理人がぶち込んだ金額など見ていきましょう。

スポンサーリンク

暴落対策費500万円を住信SBIネット銀行NEOBANKのキャンペーンにぶち込みました

キャンペーン概要的なものはこんな感じ。

対象支店

  • Tポイント支店(T NEOBANK)
  • ヤマダネオバンク支店(ヤマダNEOBANK)

住信SBIネット銀行と同じ使い勝手なんですが、それぞれ別のネットバンク扱いになります。

また、Tポイント支店はTポイント、ヤマダネオバンク支店だとヤマダポイントになります。

 

対象期間

2022年11月1日(火)~12月31日(土)

 

対象となるお取引き・特典

  • 期間中、円定期預金3ヵ月ものに対象金額以上お預入れいただき、満期まで保有いただくと、ポイントをプレゼント。
  • 対象期間中に自動継続となる3ヵ月もの円定期預金も含まれます。
  • 付与ポイントは、Tポイント支店のお客さまにはTポイント、ヤマダネオバンク支店のお客さまにはヤマダポイントとなります。
  • お預入れ1明細(本)あたりのポイント付与となります。

表を見た方が分かりやすいかも。

預金金額/本Tポイントヤマダポイント
100万円~250万円未満1,000
250万円~500万円未満2,700
500万円以上6,000

預け入れ1明細あたりと書いていたので一撃500万円入れておきました。

これが一番オトクそうなので。

お金の出どころは暴落対策費です。

 

対象となるお客さま

  • 対象支店に口座をお持ちのお客さま
    (Tポイント支店:18歳以上、ヤマダネオバンク支店:15歳以上)
  • 期間中に新規で対象支店の口座を開設されるかた、すでに口座をお持ちのかた、いずれも対象となります。

 

特典提供時期

2023年4月下旬(予定)

 

注意事項

  • 本キャンペーンは住信SBIネット銀行が実施するキャンペーンです。
  • 本キャンペーンの内容は、予告なく変更または中止する場合があります。
  • 特典提供までに対象店口座を解約された場合は対象外です。
  • 特典は、課税の対象となる場合がありますので所轄税務署にご確認ください。
  • 日本国内に居住する、個人のお客さまのみお申込みいただけます。
  • 法人のお客さまは対象外です。

 

Twitterでも書きましたが暴落対策費の定期預金500万円を取り崩してT NEOバンクに移しました。

 

blank

こんな感じで定期預金してたんですが金利も安いしサクサク解約しました。

さて、3月くらいまで資金拘束されますが、それまでこの500万円を使わなくて良いような状況なことを祈りたいです。

上のはリバランスでVTIを売ったときのものですが、他のものを取り崩して合計500万円に揃えて用意完了。

ハイパー皮算用ですが税引き後で0.48%が無リスクでTポイントとして貰える。口座も持っているし、わりと悪くない手間かな、と思いました。

 

管理人がメインで使っている住信SBIネット銀行は月10回(預け入れ金額などによって変動)まで振込手数料無料なので気にせず入金できるのも便利です。

ちなみにT NEOバンクも同じシステムなので普通に保有してて邪魔になるネットバンクではありません。(かといって住信SBIネット銀行ある人はキャンペーン狙い以外不要と思いますw)

blank

 

ポイントゲットできたら子供と美味しいものを食べに行こうと思います。

ちなみに2022年11月30日までですが新規口座キャンペーンもやっているので、同じことやりたい人は下記からどうぞ。

blank

外部リンクT NEOBANK限定 新規口座開設キャンペーン

※リンクは新しいタブで開きます

ちなみに最大5000Pとありますが、基本は口座開設&残高1万円でTポイントが2000P貰えます。

あとは振込をされると1件○○ポイントという感じですがガチポイ活勢以外は現実的じゃないのでスルーで良いと思います。

 

今日は暴落対策費ですこしポイ活をしているお話でした。

インフレもあるし、寝ているお金にも少し働いてもらいつつ日々頑張っていきましょうね。

また美味しそうなキャンペーンとかあればシェアしたいと思います。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

住信SBIネット銀行使いやすいよね!という読者様からの応援ポチをお待ちしております。使ってない方からもポチ貰えると嬉しいです。

 

関連記事です。

生命保険控除を丸儲け!お得に株式の暴落対策費を準備していく方法

生活防衛費のように寝かせているお金があり、年末調整で生命保険控除を使っていない(生命保険入っていない人)なら明治安田じぶんの積立は最強にオトクです。

年収500万円くらいのサラリーマンなら年9,800円くらい所得控除されて戻ってくる感じでしょうか。詳しくは上の記事にて。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました