QQQもしくはNASDAQ100を少しずつ買いたいので信託報酬など調べてみた

お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

NASDAQ100を少しずつ買っていこうかな、と思っているので自分用備忘録です。

理由としてはQQQが落ちているので逆張りです。(懲りてない)

blank

QQQは2022年初来で23.7%とけっこう下げています。

ピークからの下落はコロナショックを超えたこともあり、まだまだ低迷するか分かりませんが少しハイテクも欲しいな、と。

あと、みんなNASDAQ、NASDAQ言わなくなってきたので、そろそろ買いたい、というもの。

 

備忘録ですが一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

QQQもしくはNASDAQ100を少しずつ買いたいので信託報酬など調べてみた

オールカントリーやS&P500みたいなメジャーどころは経費率や信託報酬覚えているのですが、案外QQQはノーマークで確か0.2%だったっけ?という状況。

今は国内ETFも良い商品あるし、いや、もしかして投資信託でもそこそこコスト安いものがあるかも、と思って調べてみました。

 

とりあえずコスト最安っぽいもの

とりあえず調べた結果がこちら。

信託報酬手数料
海外ETFのQQQ0.20%0.45%+為替手数料
MAXISナスダック1000.22%100万円まで無料※
eMAXIS NASDAQ1000.44%ノーロード
PayPay証券のQQQ0.20%0.5%+為替手数料

※楽天証券いちにち定額コースの場合

MAXISナスダック100は東証で買えるETFです。

コストは消費税があるので0.22%ですが、実質QQQを買えるような感じですかね。

あと、楽天証券やSBI証券だと一日定額プランみたいなものがあるのと、まぁ1日100万円とか超えないから大丈夫でしょう。

blank

外部リンク楽天証券|手数料

 

ただ、MAXISナスダック100(2631)はETFなので1株単価がそこそこしますね。

2022年6月3日の終値が@12,050円なので毎月買うにはちょっと厳しいかも。本家QQQだと300ドル以上なので毎月買うのは無理ゲーになってます。

 

投資信託版はeMAXIS NASDAQ100というのがあるんですが、なぜかSlimシリーズじゃなく、しかも信託報酬が0.44%と、このご時世だとちょっと高く感じてしまう。。

ただ100円から買えるというのは魅力ですね。

 

お小遣い枠で買うだろうからPayPay証券もありかな、と思ったりもしたのでメモに残しておきました。

買付手数料はかかるものの、メリットはQQQだけじゃなくて他のETFと組み合わせしやすいことでしょうか。

私の場合、こんな感じで買ってます。

blank

PayPay証券で持ってるQQQの状況20220604

良く分からないからゴールドと組み合わせているんですが、今のところ功を奏しています。

保険としては、もう少し金利が上がるのを見て、長期債ETFであるTLTと組み合わせるのも良いかな、とか。

QQQ、GLD、TLTをそれぞれ均等で買うと強そう。。

とりあえず、もっと金利が上がってQQQが下がったらGLD売ってQQQ買い増しも良さそうな感じですかね。

 

メリット・デメリット

全体のメリット・デメリットはこんな感じ。

メリットデメリット
海外ETFのQQQ抜群の流動性海外ETFの手間がある
MAXISナスダック100東証で買える特になし
eMAXIS NASDAQ100100円単位で購入可能信託報酬が若干高い
PayPay証券のQQQ1,000円単位で購入可能購入時にコスト

単品での買い増しだとMAXISナスダック100(2631)が圧勝な感じですね。

ポートフォリオを組みたいならPayPay証券も楽しいかも。

管理人はPayPay証券の口座あるのでちょっと悩ましい。

 

購入規模は月1万円を2~3年とか思ってますが、ここらへんは副業売上次第です。

大きく下がることがあれば、リバランスで作った現金でETF(MAXISナスダック100)を買うのも良いかな、とか。

 

というか、S&P500増額で良いのでは?という話も

ただ、管理人の場合、主力がS&P500やオルカンなので、じつは単純にS&P500を増額という安全策が良いのでは、と思うことも。

Twitterで頂いたご意見。

少額でQQQを買っても取れるリターンは知れているので、それならS&P500の積立額増額も良さそうだなぁ、となっているのが今です。

うしかんさん、さすがです!

 

おわりに|使いやすいのは国内ETF、ポートフォリオ組みたいならPayPay証券、ぶっちゃけるとS&P500増額が良さそう

blank

もう一度商品比較とメリット・デメリットを書いて終わります。

それぞれの商品比較。

信託報酬手数料
海外ETFのQQQ0.20%0.45%+為替手数料
MAXISナスダック1000.22%100万円まで無料
eMAXIS NASDAQ1000.44%ノーロード
PayPay証券のQQQ0.20%0.5%+為替手数料

商品力はMAXISシリーズ圧勝です。

 

メリット・デメリット。

メリットデメリット
海外ETFのQQQ抜群の流動性海外ETFの手間がある
MAXISナスダック100東証で買える特になし
eMAXIS NASDAQ100100円単位で購入可能信託報酬が若干高い
PayPay証券のQQQ1,000円単位で購入可能購入時にコスト
  • 予算に余裕がある人は東証ETF
  • 積立投資したい人は投資信託
  • ポートフォリオ組みたい人はPayPay証券

こんな感じでしょうか。

PayPay証券は好みがありますね。

長期債やゴールドと組み合わせるのは面白いので、バランス派の人はこんなのある、という感じです。

今だとキャンペーンもやってるので興味ある方はどうぞ。

公式リンク:PayPay証券

 

管理人はオルカン積立を始めたので、ETFをどうしようかなぁ、と悩んでおり、副業収入で余裕が出たものを少しずつNASDAQかS&P500積立を考えようと思います。

長い目で見ていきたいですし、お互いコツコツ頑張っていきましょう。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

QQQとGLDの組み合わせええやん!と思う読者様からの応援ポチをお待ちしております。超まぐれで良い感じになりましたが次は失敗すると思いますw

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました