ベストバイストック2022開催中

市場はパニックになるまで底打ちしない

お金と投資
↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

そろそろ株安も下げ止まりかと思いたいですが【底】はまだ先になりそうです。

 

ネット記事を読んでいてなるほどなぁ、と思ったのでシェアします。

記事はこちら。

外部リンクマイナード氏: ハイテク株は適正水準だがまだまだ暴落する

※リンクは新しいタブで開きます

 

気になった部分等を中心に見ていきましょう。

スポンサーリンク

市場はパニックになるまで底打ちしない

blank

管理人も同じように思っていて、まだまだ下落は続くんじゃないかな、と。

理由はこれ。

市場はパニックになるまで底打ちしない

市場は大体やり過ぎるので。

短期的には回復するとは思うものの、まだ金利も上がり切ったワケではないし、以前インフレも続いたまま。

 

記事からの引用です。

ハイテク株はかなり妥当な株価水準まで下がっている。だがもっと下がるだろう。

何故ならば、下げ相場は通常妥当な株価水準では底打ちしないからだ。市場はいつも行き過ぎる。

感じとしては妥当な水準まで下がってはいるようですね。

私も少しずつ欲しいなぁ、と思ってるんですが買うのゆっくりでいいかな、と。

 

ネットでよく見る投資家の心理サイクル。

blank

これを見ると、まだパニックになってる個人投資家はいなさそうですし、現状の否定か恐怖くらいでしょう。

パニックは皆が急いで株式を売ってるような時ですね。

コロナショックのときはそんな感じでした。

 

記事ではこんな紹介が。

市場はまだ無秩序にはなっていない。

秩序が失われつつあるが、まだ無秩序ではない。完全な無秩序にならなければ底ではない。だからそれを待っている。

中二病をくすぐる良い表現w

私は相場とか読めないので、淡々と積立投資があってる気がしますね。

あとは資金管理しつつ、

S&P500が○○まで下がったから買う

ではなく

資産全体のうち株式比率が○○%に下がったので買う

といった感じでやっていきたいな、と。

いつものリバランスです。

退屈だけど安心感だけはある。

 

あと、数字的な目安もありました。

ボラティリティ指数はまだ30だ。本当の底値になるには、歴史的には40か50近い数字が必要になる。

記事にあったVIXチャート。

blank

出典:マイナード氏: ハイテク株は適正水準だがまだまだ暴落する

リーマンショックとコロナショックは別格ですが、たしかに今のVIX指数だとパニックな感じではないな、と。

2018年の世界同時株安(クリスマスセール)のときは瞬間最大風速でVIX50超えたんですね。

確かにパニック感がありました。

管理人はリストラの憂き目にあいましたし。

今はそこまでの感じがしてないので、株安が続くか分かりませんが大きく投資する時期でもないと思います。

 

まぁ、暴落を待っていても投資はできないし、いざマジの暴落がきたら、それはそれで喜んで投資できるようなことは少ないので注意が必要かもですね。

管理人の体験談としては雇用に不安がある状態で下がり続ける株式を買うのはしんどいなぁ、と。

ただ、スポット買いで大底で買うとかは無理ですが、怖くなったら用意していたキャッシュで時間分散しつつ積立投資くらいが良い気がしています。

関連記事暴落を待っていても株式は買えない理由|生活が不安定で投資は後回しになる

関連記事暴落が来たから「さぁ買いだ!」とスポット買いするのは難しい…そんな時は投信積立が超有効

※リンクは新しいタブで開きます

 

最後に良かった言葉を借りて終わります。

本物のパニックになるまでは、本物の底じゃない。

そして下げ相場は適正価格では止まらない。それはいつも行き過ぎる。

本物のパニックは起こってないので、まだまだ底は来そうにありません。

パニックにならず、ただの調整で終わるかも知れませんし、ゆるく準備くらいで良さそうな気もしますけどね。

焦らず現金比率などを見ておきたいところ。

 

まだ下げ相場が続いてしんどいかもですが、ともに乗り切っていきましょうね。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

パニック来たら買うで!と思っている読者様からの応援ポチをお待ちしております。私もチビリそうになりながら買い向かいたいと思います。

 

関連記事です。

暴落を待っていても株式は買えない理由|生活が不安定で投資は後回しになる

暴落が来たから「さぁ買いだ!」とスポット買いするのは難しい…そんな時は投信積立が超有効

なかなか暴落がきても対応は難しいですね。

個人的には投資と一緒にキャッシュも用意しておき、下げ相場になったら積立増額をおすすめしています。

暴落資金置き場としては明治安田生命「じぶんの積立」は途中解約しても元本割れもないし、保険控除が使えるので超おすすめです。

反則級?保険控除が使えて元本割れナシの生命保険「じぶんの積立」を紹介します

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました