つみたてNISA、20年後に暴落したらどうなる?【リーマンショック級でも大丈夫】

お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

インスタを見ていたら、つみたてNISAをしているけど20年後の暴落が来たらどうなる?という投稿がありました。

対策もしっかり書かれており参考になったので記事にてシェアしたいと思います。

結論から書くとリーマンショック級の暴落が来ても何とかなりそう、という感じ。

 

インスタ投稿はこちら。

blank

外部リンクつみたてNISA 20年後に暴落したらどうなる?(インスタ)

いつもお世話になっているナザールさんから画像をお借りしました。

では、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

つみたてNISA、20年後に暴落したらどうなる?【リーマンショック級でも大丈夫】

管理人もそうなんですけど、読者様の中でもS&P500やVTIといった米国株を積立投資している人が多いと思うんですよね。

2000年代はITバブル崩壊、リーマンショックと米国株には地獄のような時代でした。

当時、日本ではNASDAQなんてホント人気が無くて、S&P500ですら単品で欲しがる人はほとんど見ませんでした。

当時の人気は新興国株で、いかに低コストで組み入れるか、という時代だったのもあります。

 

さて、地獄のような10年間がつみたてNISA終盤にきたらどうしよう…と不安になる人も多いですよね。

こういったときはシミュレーションしておくと安心です。管理人はチビリそうになると思いますが、それでも資産がどうなるかイメージできてるだけで違うので。

 

つみたてNISAで20年後に暴落したら・・・

blank

リーマンショックでの暴落は株価が戻るまで5年かかりました。

もっと恐ろしいことにITバブル崩壊前に始めていたら12年以上株価低迷と付き合うことになります。

ななし
ななし

老後にこんなん食らったら泣く。。

 

ただ、チャートだけ見てると間違った判断をしてしまうかもです。

管理人は、つみたてNISAは自分への仕送りと思っており、20年後に儲かれば贅沢に、損していれば清貧に過ごそうと思っています。

資産全体で見るより、20年経過した一年ごとの単品を見るのが良いかな、と。

 

もし元本割れしたとしても影響を受けるのは非課税期間の終わる40万円だけ

blank

もし元本割れしたとしても影響を受けるのは非課税期間の終わる40万円だけです。

非課税が終わる年度に暴落を食らった分は仕方ないとして、後半に投資を始めた年度のとかは市場回復期とかに当たる可能性も大きいですよね。

というか、この画像めちゃ良くないですか?

 

下がり過ぎた株価は続けていると回復しますし、200年の歴史の中では暴落を何度も経験しつつ、それを乗り越え上記少々してきました。

後半に始めたものは引き続き非課税で投資ができます。

 

とはいえ、大切な老後資金という人が大半なので、全体でどうなるか気になる人も多いですよね。

私も気になります。笑

ここらへんも見ていきましょう。

 

暴落でつみたてNISA20年後の40万円はどうなるのか

blank

ぱっと見で分かるのは、

  • 暴落被弾中は元本割れをする
  • しかし、それを乗り切った回復期は元本よりプラス
  • 全体を見ると資産がゼロになるワケではない

といった感じでしょうか。

管理人的には資産が減るものの、ゼロになるワケではないし、徐々に回復したり暴騰の恩恵を受けるターンもあるので、やはり老後資金としてチビチビ取り崩すのが合ってるなぁ、と思います。

 

また、安心材料として、年度ごとの単品で元本割れしたものを見ていきましょう。

ちなみにですが、上記シミュレーションは世界大恐慌以外では最悪といって良い状況。もしコレ以上のがきたら農業したりシルバー人材センターで働くことを考えます。

 

非課税終了時に元本割れするのはたった4年分だけ

blank

シミュレーションではS&P500を積立投資をして20年後にITバブル崩壊とリーマンショックを食らうという想定です。

しかし単年度ごとで見ると元本割れするのは4年だけですね。

一番ひどい年で40万円が28万円くらいになる感じでしょうか。

 

ななし
ななし

あ、これなら清貧に暮らすの余裕だわ。と思いました。笑

トータルで見ると元本800万円に対して利益350万円のようです。

近代で考えられる最悪級のシミュレーションですが、やはり長期投資の恩恵はデカいですね。

 

長期投資の恩恵は下記画像がイメージしやすいでしょう。

投資期間とリターンの散らばり(ランダムウォーカー)

20年以上、分散された株式を保有すると元本割れする可能性はほぼ無くなります。

今回のシミュレーションでマイナスになっているのは超絶円高に巻き込まれたのが理由でしょうかね。

管理人は124円から78円くらいまでの円高をリアルに体験してきました。もう食らいたくないです。。

 

暴落のことを考えると、ついつい悲観的になってしまいますが、ナザールさんのシミュレーションを見て、

まぁ、この程度なら耐えられそうだな

と感じた方も多いのではないでしょうか。

管理人は全然余裕やろ、と思いました。

それは以下の3つです。

  • 株式以外に現金を用意している
  • 生活費のベースとして年金がある
  • 最悪、副業など嫌いじゃない仕事でちょっとだけ稼げば良い

副業は別として、投資以外にキャッシュを用意したり、年金生活に入っていれば、そこまで悲観する状況ではないかな、と。

早期FIREするとかのケースは全然別なのでガッツリ資産増やしておくか、別の不労所得マシーンを育てておくのが良さそうです。

 

おわりに|つみたてNISA、20年後に暴落しても案外大丈夫そう

blank

ちょっと今回の要点をまとめます。

  • 非課税期間は購入したときから20年間
  • つみたてNISAのリターンは独立して計算される
  • 20年後に元本割れしても350万円の利益が出る(ITバブル崩壊→リーマンショック級を想定)
  • 【結論】つみたてNISAの未来は明るい

どうしても全体で見ちゃいますが、非課税が終わった年度ごとで見ていくと違って見えますね。

また、トータルでも悲観とは反対な感じ。

つみたてNISAをコツコツ続けるのが一番良さそうです。

 

何となくですが、歳を取るにつれ、資産は増えてきてメンタルは安定するし、自分の嫌いじゃない仕事を見つければ人生も老後も食らいやすいんじゃないかな、と感じるようになってきました。

老後に暴落がきたとしても、こういったシミュレーションを思い出して、焦らず投資していきましょうね。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

思ったより大丈夫そうだな、と感じた読者様からの応援ポチをお待ちしております。管理人は低迷しまくって老後に大暴騰して欲しいと思ってますw

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました