【高級寿司かカッパ巻きか】懲りずにCXSE(中国ETF)を買いました

失敗|お金に目がくらんで危険に突っ込む男の子お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

副業収入が入ってきたので絶賛下落中の中華ETF【CXSE】を注文しました。

blank

2021年9月4日:成行注文 5株

 

マーケット環境は悪いです。笑

昨日のreutersの記事。

外部リンク中国・香港株式市場・大引け=下落、景気減速懸念 香港ではテック株に売り

※リンクは新しいタブで開きます

 

アメリカでは中国株へのリスク懸念が広がっています。

外部リンク米国人投資家の姿勢一変、中国株は持つべきでない-政策リスクを認識

※リンクは新しいタブで開きます

記事引用で見ておきましょう。

BofAの最新ファンドマネジャー調査によると、約11%の投資家が「中国株に対するショート(売り持ち)」をマネーが最も殺到する取引と見なし、約16%が今は「中国の政策」が最大のリスクだと答えた。7月時点で中国の政策をリスクだとしていた回答はほぼゼロだった。

中国株売りが意味するのは、時価総額ランキングでの中国企業の後退だ。上場企業で世界のトップ10入りしている中国企業は今や10位のテンセント・ホールディングス(騰訊)だけで、米ビザに追い抜かれそうな状況にある。

中国株をどんどん売っているようですが、政策リスクが問題ということでまだまだ底は深い気がしますね。世界株式10傑に入っていたアリババは陥落し、残すテンセントもそのうち落ちそうな感じ。。
日経新聞の後藤さんのtweetでも順位が出ていました。

blank
画像は後藤さんのtweetより。
ただ、米国一強がいつまで続くか、本当に中国が覇権を獲ってしまう未来もあるので、何となくですがヘッジになれば良いくらいで買っているというのが現状だったり。

今回の注文でざっくり30万円を超えました。そろそろ購入も打ち止めして良いかも。(リスク資産の2%かつ資産全体の1%くらい。)

まぁ、ここから半額セールがきたらコロナショックのときに買ったARCC、VDCを売り、CXSEに変換して20年後まで気絶しておこうと思います。それでもリスク資産の3%くらいまでにしておきたいですね。

 

CSXEの現在損益と購入履歴

blank

スマホだと画像小さすぎてスミマセン。

ざっくり▲12%、420ドルほど損してます。

最悪、年末に損出しして配当課税との相殺ですかね。

 

個人的な感覚では完全にギャンブル枠になってきたので、20年後に豪華なお寿司が食べられるか、もしくは自宅でかっぱ巻きを食べるかという二択銘柄でもあります。

 

個人的にはHuaweiのスマホを買い漁り、世界が大きく変わったのを実感したこともあり、膨大な中国人口を背景にした新しい流行を作り出すこともあるかな、と期待はあります。

もはや日本はスマホ開発の世界に入っていけず、というか5年前に中華スマホとバカにしていたのに今では中華ハイエンド機種すら手が出ない値段帯に成長しました。(昔は6万円くらいでハイエンド機種をかえていたのに、今は4万円くらいのミドルクラスをありがたがって使ってます。)

あと20年くらいは開発力、価格力で中国新興企業に勝てる国も思い浮かばず、運がよければ再浮上するときもあるかな、と。

 

ちなみにギャンブルできているのは副業が好調だったからという理由もあります。

blank

入出金日 ▼入金額
2021/8/31¥158,042
2021/8/31¥107,133
2021/8/16¥13,024
合計¥278,199

再来月くらいまでは何とか収入が見込めています。(ただ、9月に入って止まった感はあるので年末くらいには平常運転、閑古鳥になるでしょう。。)

 

あ、忘れないうちに2558(S&P500ETF)と2559(全世界株ETF)も注文しておきました。

 

blank

2559×4株 成行き注文

2558×3株 成行き注文

こっちはCXSEと違って安心して買えますしホールドもできそうです。笑

ただ全世界株での中国部分ってどうなるんでしょうね。指数のACWIも本来のものからズレていく可能性もあります。

真の全世界株式というのは期間限定だったのか。。全世界派のインデックス投資家にとっては悩ましい問題が生まれるかも知れませんね。

 

ではでは、今日はこのへんで。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

管理人がかっぱ巻きを食べる未来を望んでいる方はポチっとお願いします。ギャンブル好きな人も押して貰えると嬉しいです。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました