下落中の中国株CXSEを注文しました【ギャンブル銘柄なのでリスク大】

失敗|お金に目がくらんで危険に突っ込む男の子お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

副業収入が入ってきたので絶賛下落中の中華ETF【CXSE】を注文しました。

blank

2021年8月4日:成行注文 8株

 

学習塾の規制だけでなくゲームにも規制が入り、これはもうアカンかもなぁ、と思う状況でもあるのでコレ以上手出しするのはそろそろやめようと思います。

外部リンクテンセント株が急落-ゲームは「精神的アヘン」と中国メディア

※リンクは新しいタブで開きます
ちなみにテンセントはCXSEのトップ銘柄で、2021年8月4日時点での組み入れ比率は11.33%となっています。

 

悪材料はまだまだあります。笑

外部リンク米、中国59社へ投資禁止 資本市場の分断加速 大統領令発効(リンク切れ)

※リンクは新しいタブで開きます

上記によると

指定企業や関連会社が発行した株式、債券への直接投資のほか、上場投資信託(ETF)などを通じた間接投資も原則禁止となる。2022年6月3日以降、売買が禁じられる。

とあるので、ETFを通じた投資もNGになっちゃいます。

WisdomTreeで作っている指数なので当然アメリカの決定には従わなきゃいけないので、もしテンセントが補足されたらCXSEの株価とかどうなっちゃうのでしょうか。。

Huaweiに代わりスマホ覇権を握ったXiaomi(シャオミ)は幸いにも免れたようです。

 

このリストの目的は「米国民が中国の軍産複合体に資金を提供しないようにする」ことですが、何でも軍事転用できるので中国移動(チャイナモバイル)や中国海洋石油集団(CNOOC)なども入っています。

監視カメラ大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)なんかはウイグル族に対する大規模監視で使っていることもあり、管理人としてはアメリカの規制には賛成です。

 

ただ、米国一強がいつまで続くか、本当に中国が覇権を獲ってしまう未来もあるので、何となくですがヘッジになれば良いくらいで買っているというのが現状だったり。

今回の注文でざっくり30万円くらいになるので、そろそろ購入も打ち止めして良いかも。(リスク資産の2%かつ資産全体の1%くらい。)

まぁ、ここから半額セールがきたらコロナショックのときに買ったARCC、VDCを売り、CXSEに監禁して20年後まで気絶しておこうと思います。

 

個人的な感覚では完全にギャンブル枠になってきたので、20年後に豪華なお寿司が食べられるか、もしくは自宅でかっぱ巻きを食べるかという二択銘柄でもあります。

個人的にはHuaweiのスマホを買い漁り、世界が大きく変わったのを実感したこともあり、膨大な中国人口を背景にした新しい流行を作り出すこともあるかな、と期待もあったり。

もはや日本はスマホ開発の世界に入っていけず、というか5年前に中華スマホとバカにしていたのに今では中華ハイエンド機種すら手が出ない値段帯に成長しました。(昔は6万円くらいで買えたハイエンドが普通にiPhoneと同じくらいで12万円とかします。。しかも在庫調整も上手くて型落ちで価格下落もあまり無くて。。)

あと20年くらいは開発力、価格力で中国新興企業に勝てる国も思い浮かばず、運がよければ再浮上するときもあるかな、と。

 

ちなみにギャンブルできているのは副業が好調だったからという理由もあります。

blank

副業収入2021年7月入金分

日付入金額
8月2日¥313,890
8月2日¥42,523
7月15日¥122,144
合計¥478,557

広告関係は売上確定から入金まで2~3ヶ月のズレがあるので個人的には分散されてて嬉しかったり。

来月あたりには半額、再来月にはその半額みたいなイメージをしています。その後はETF買えるかどうか分からない金額になるかも。(もちろん副業頑張ります。)

 

ずっと副業収入のバグが続いているのでTwitterでも突っ込まれました。笑

減る減る詐欺ですね。

お金好きではあるんですけど、案件動かしたあと、どれだけ儲かったかとか、どれだけ入金されるとか気にしてないので、正直あまり分かってない部分もあるんですよね。

今回の入金も、どの案件が良かったか分かっていません。(調べたら分かるけどリターン上がるワケじゃないし、それよりは広告主が喜んでくれるような仕掛けを考えたいw)

 

とりあえず注文はしておいたので、またCXSEが買えたら「じぶん年金」がどれくらいになったかを改めて書こうと思います。

あ、忘れないうちに2558(S&P500ETF)と2559(全世界株ETF)も注文しておきました。

blank

2558×8株 成行き注文

2559×8株 成行き注文

 

こっちはCXSEと違って安心して買えますしホールドもできそうです。笑

ただ全世界株での中国部分ってどうなるんでしょうね。指数のACWIも本来のものからズレていく可能性もあります。

真の全世界株式というのは期間限定だったのか。。全世界派のインデックス投資家にとっては悩ましい問題が生まれるかも知れませんね。

 

ではでは、今日はこのへんで。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

管理人がかっぱ巻きを食べる未来を望んでいる方はポチっとお願いします。ギャンブル好きな人も押して貰えると嬉しいです。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました