米国のみか全世界か?私の考えはこんな感じ

お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Twitterなどを見ていると

  • 米国株だけでOK
  • いや全世界株の方が安心

といった感じで、けっこうな論争になっていることもあったりなかったり。

個人的にはどちらでも良いだろう、と思ったりするんですが、せっかくですしブログで管理人の考えなども記事にしてみようかな、と。

 

結論から書いておくと、私個人は米国株=S&P500だけで十分と思っています。ただ、普通に初心者や読者様からの質問があれば全世界株式(オール・カントリー)になります。

では、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)か全世界株式(オール・カントリー)か

blank

ここでは

  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

の2つで比較をしたいと思います。

楽天VTIとかありますけど、まぁそこまで大きなリターン差は出ないでしょうし。

 

まずは結論のおさらい。

 

個人的にはeMAXIS Slim米国株式(S&P500)だけで良いと思う理由

個人的にはS&P500だけで良いと思うんですよね。

理由としては

  • 過去200年の実績
  • イノベーションを出し続けてきた
  • 世界分散していても米国株が暴落すると全世界も暴落する

といった感じでしょうか。

もともとリスク資産と無リスク資産でしか管理していないので、米国株も全世界株も同じくらいのリスクがあると思っています。

前の覇権国であるイギリスも英国病とかに苦しみつつも、株式リターンはそこそこの結果を出してますし。

関連記事英国株式の長期リターンをPDFで公開します。他の先進国リターン参考用

※リンクは新しいタブで開きます

 

そういえば、ナザールさん(@investor_Nazal)が素晴らしいtweetをしていたので画像をお借りました。

こちら。

blank

コロナショックでは全世界株式の方が下落率大きかったんですね。。(調べてなかったので今更ですが驚きました。笑)

 

tweetでも書かれているように、全世界株式というのは地域分散なので、金融危機などあると同じ角度で落ちていきます。

全世界株式にしたからリスク低減になるかというと、グローバル化が進んだ現代だとあまり効果が期待できないだろうな、とも。

世界に占める米国株の比率は60%を超えており、アメリカが衰退したら全世界株も大きなダメージは避けられませんね。

 

もちろんアメリカのみよりも全世界に分散していた方が安心ですし、超長期で見るとアメリカよりも成長する国の恩恵を受けられます。

半面、管理人はアメリカは幸福と受難の時代を20年周期で繰り返しており、今後20年くらい低迷しそうだし逆張りで持ち続けたいとも思っています。(下がり続ける国を買うのはメンタル大変なので、人にはオールカントリーがおすすめします。)

 

Twitter民の声

https://twitter.com/_teeeeest/status/1386111260115177479?s=20

Twitterでアンケートを取ったんですが、けっこう米国株オンリー派が多くて驚きました。

バランスファンド派は少数ですね。皆さんキャッシュでバランスとってるのかも知れません。気になる方は上記からリプをどうぞ。管理人のアカウントもフォローしてもらえると嬉しいです。

 

全世界株式を推す理由

自分ではeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を買っているけど、人には全世界株式(オール・カントリー)を推します。

ざっくり分かりやすい画像で紹介するとこちら。

クレディスイスPDF8ページ目 世界の株式推移(1899-2017)

出典:クレディスイス 世界の株式推移(1899-2017)

1900年からの100年でも、覇権国はイギリスからアメリカに移り、日本が掴みかけたけど失敗して、アメリカの長期覇権が続いています。

イギリスの前は、ポルトガル→スペイン→オランダでした。さらに前はアジアの時代でしたね。ひょっとすると中国なんかは元から数えると800年ぶりくらいに覇権国になるかも知れません。

未来なんて誰にも分からないわけで、それなら全世界株式に投資しているのが一番楽だなぁ、と思います。

 

分散をするならキャッシュを上手く使おう

ナザールさんの画像でも書かれているんですけど、全世界株式だから分散できているワケではないのは覚えておきたいところです。

株式というのは暴落リスクが常につきまといます。

これを和らげるために債券やゴールドなどを組み合わせるんですが、バランスファンドならお気楽ですけど手動でしようとすると意外に手間だったり欲が出て難しかったりします。

株式が下がったときに割高になった債券やゴールドを売って、株式を買うとか言葉では簡単ですけど株式に負けている債券とかゴールドを買い続けるメンタルってけっこう大変なので。

 

個人的におすすめしているのはリスク資産半分、現金半分というカウチポテトポートフォリオになっちゃいます。

これくらいで緩く投資していると上がっても下がってもマイルドなので長続きするな、とも。

画像だとこんな感じ。

blank

カウチポテトポートフォリオのリバランス②(暴落後)

カウチポテトポートフォリオのリバランス③(リバランス後)

カウチポテトポートフォリオのリバランス④(リバランス後に暴騰)

blank

まぁ、株式が上がっているときに売るのも難しいという声もありますけどね。年に一回くらいリバランスしていると慣れてくると思います。

おわりに|個人的には米国株だけで良いけど、基本は全世界株式をおすすめ

貯金箱と時間|タイムカプセル

管理人は今年45歳で、あと20年くらいもすると資産取り崩しが始まります。

そう考えると米国株だけで十分とも思っています。しかし取り崩しの終わりごろには世界の枢軸も変わっているかも知れませんね。

そういった場合、何も悩まなくて良い全世界株式は万人におすすめだと思います。ここに現金とリバランスが組み合わされば万全かな、と。

私にしても妻や子供に譲りそうなETFとしては2559という全世界株式を買ってますしね。

 

以上、私の考える米国株だけで十分、というお話でした。どの国に投資をするにしても、時間を味方につけつつ、一緒にコツコツ頑張っていきましょうね。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました