ベストバイストック2020開催中

Googleフォト有料→Amazon photoがおすすめ

驚いている子猫お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

写真を無制限に保存できていたGoogleフォトが有料化になるようです。

外部リンクGoogleフォトへの写真の無料・無制限アップロード廃止、2021年6月1日から

※リンクは新しいタブで開きます

管理人はAmazon Photoを使っているので被害はありませんが、意外と知らない人も多かったので記事にてシェアします。

スポンサーリンク

Googleフォト有料化で困る人はAmazon Photoが救世主になるかも

Googleアカウントを持っているとクラウドサービスが15GB使えていました。GmailやGoogleドライブを普通に使っている分には15GBもあればデータの置き場としては十分過ぎる量ですね。

ただし写真を入れなければ…

今までGoogleフォトは解像度が16MP未満orグーグルのデフォルト画質で保存をしていれば無制限に利用ができました。

これは超絶便利で使っている人も多かったはず。

何が問題って写真で15GB使っちゃうとGmailが使い物にならないということ。

ななし
ななし

一度設定ミスってPCの写真全部がGoogleドライブに入れたときに地獄を見ました。

 

なワケで、ネットでは色んな声が出てきてます。

最近はPCにバックアップ取ってない人が増えているかも。まぁ、それだけじゃなく今までの写真データが一括で見れるのは便利ですからね。

ただし幸いなことに今まで保存していた写真データはカウントされないようです。ちなみに有料化といっても月々250円なので許容できるギリギリなところを攻めています。

ストレージに関してはけっこうな注意点があるのでご参考に。

ストレージ容量のカウント方法の改定に加えて、注意すべ変更がいくつかる。Gmail、ドライブ、またはフォトが2年以上使用されていない場合、グーグルはそのコンテンツを削除する場合がある。

つまりGmailは使っているが、写真関係のデータは別のサービスに保存しているなどしており、過去2年間Googleフォトを利用していない場合、グーグルが古い写真を削除してしまう可能性がある。またストレージ容量の上限を超えたまま2年間以上放置するとグーグルは「Gmail、ドライブ、フォトのコンテンツを削除することがある」という。

出典:Googleフォトへの写真の無料・無制限アップロード廃止、2021年6月1日から

乗り換えるにしてもデータの移行はしっかりやっておきたいところ。

 

プライム会員ならPrime Photoがデータ無制限で強い

有料になりますがAmazonプライム会員って多いと思います。

プライム特典のなかにAmazon Photoがあって管理人は昔から重宝しています。tweetしたときに使ってたけど初めて知ったという人もけっこういました。

特徴は

  • データ無制限
  • 画質はオリジナル(変な圧縮ナシ)
  • アプリも便利

といった感じ。

一眼レフとか使っている人は嬉しいかも知れません。

あと、この日の写真がアプリで見れるのは楽しいです。

 

プライムの年会費が税込み4,900円なのでAmazonを使ってない人にはちょっとお高く感じるかもですが、送料無料とかプライムビデオを考えると生活必需品みたいな感じになっています。

管理人は一生使い続けそうなので今のところダメージ無しです。(ただアメリカみたいに1万円近い値段になってきたら嫌だなぁ、とは思います。)

 

もしプライム会員を悩んでいる人がいたら30日無料を試してみるのは良いかもですね。最初に解約設定をしておけば残り30日間はサービスが使えます。

Prime Photoを使ってみるのと合わせて、プライムビデオを楽しんでしまえば年4,900円が安く感じるはず。笑

プライム30日無料を試してみる

 

おわりに|プライム会員入ってて良かった

今回はプライム会員に入ってて良かったです。

ただし、いつプライム値上げがあるか分からないので明日は我が身ですね。

それでもサービス全体で使うと満足感は高いし、これからもお世話になると思います。なのでAmazon株も永久に上がり続けて私の資産も増やして欲しいです。

プライム30日無料を試してみる

 

よく考えたらGoogleフォトが有料化は個人で見ると悲報かもですが、Googleの売上が増えることで資産形成にはプラスなのかも。

むりやりポジティブに考えつつ今日は終わります。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました