ベストバイストック2020開催中

重要なのは投資タイミングを計ることでなく市場にいる時間(タイム)だ

焼け|達成感と男と山登りお金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ネットを見ていると色んな投資明言に出会いますね。

そういった時はメモアプリで保存をしておくのですが、せっかくなのでブログでシェアしたいと思い記事にしました。

今回知ったのはこちら。

 

重要なのは市場のタイミングを計ることではなく、市場にいる時間(タイム)だ

チャールズ・シュワブ

まさにコレ!と思いましたので、管理人が感じたことを記事にしていきますね。

スポンサーリンク

重要なのは投資タイミングを計ることでなく市場にいる時間(タイム)だ

ネタ元はこちら。

外部リンクバフェット級の偉人、株式売買「手数料ゼロ」生みの親の自伝は投資家必読

※リンクは新しいタブで開きます

山崎先生の記事ですね。最後の最後にこの名言が紹介されていました。

チャールズ・シュワブは証券会社でアメリカの株式売買手数料を劇的に下げて成功した企業ですね。

もしかするとシュワブの英断が無かったら私たちのインデックス投資はここまで快適では無かったかも知れない、という意味で投資の三大天の一人として紹介されています。

詳しくは上記リンクにて。

 

管理人はこの言葉を素直に捉えることができます。というかトレード下手過ぎるのは身をもって知っているので。

ただ、投資している金額に対してそれなりのリターンを得ることができています。それはまさに市場にいる時間(タイム)が長いから。

 

投資タイミングは良く失敗している

最近だとGAFAMを買ったのは高値掴みですね。

ただ、全体的に見るとトータルリターンはけっこうなプラスです。

投資の評価損益20201114

昔は信託報酬の高い商品ばかりだったので何度か乗り換えており、正確なリターンは分かりませんが小さくは無いはず。

 

市場にいる時間(タイム)こそが重要

市場が右肩上がりなのを考えると投資タイミングで取れるリターンは大したことではないですね。

アクティブファンドの多くがインデックスに勝てないことを考えてると理由は明白。それよりはいきなり訪れる暴騰を逃さない方が大切だったりします。

直近だと大統領選前後のダウ急騰などは想像もつきませんでした。

うちの子供はジュニアNISAでダウ投信を持っていて、NASDAQやS&P500に大きく水をあけられていましたが、何だかんだで将来は似たようなリターンに落ち着きそうな気がします。

 

市場に居続ける重要性はインデックス投資の古典的名著でもいろいろな形で語られています。

管理人が好きな敗者のゲーム。

過去72年間のうち、ベストの5日を逃すと、利益は半減してしまう。

この教訓は明らかである。投資家は、「稲妻が輝く瞬間」に市場に居合わせなければならないということだ。

 

同じく人生を変えたランダムウォーカーの画像。

投資期間とリターンの散らばり(ランダムウォーカー)

これなんかは長期で保有さえすればそれなりのリターンに落ち着くという好例です。

 

もっと分かりやすく有名なのは株式投資の未来を書いたシーゲル教授の紙画像ですね。

【神】シーゲル神画像

私たち個人投資家ができる最良の投資法はバイアンドフォーゲットなのかも知れませんね。

管理人はつみたてNISAの2年分を証券口座に入れているのでマジで存在を忘れています。けっこうおすすめかも。

関連記事バイアンドフォーゲット|つみたてNISAの存在を忘れる方法

※リンクは新しいタブで開きます

 

今買っているETFは未来しか見ていない

皆様もそうですが今の株価ではなく未来の株価を見て買っていますよね。株式投資というか資本主義の未来を買っている感じでしょうか。

私もコツコツとETFを買っていますが、これなんかは完全に値段を見ていません。老後にはきっと株価は上がっているだろうし、そこから生まれる配当は私を豊かにしてくれるんじゃないかな、といった未来です。

もちろん個別株だとタイミングは必要なのでしょうけど、インデックス指数というのは全員が勝ちに回れる稀有な投資だと思います。

 

期待値を買うという作業

投資をしているとどうしても株価が目に入ってきますが、基本的には株式の期待値を買っているということですね。

過去は未来をあらわすものではないけども、まぁ3~5%くらいの期待値は持てるんじゃないかな、というのが管理人の考えです。

なので、あまり買うときの値段やタイミングは気にしていません。(Twitterでは上がった下がったで楽しんでいますが皆さんとの予定調和みたいなものです。)

期待値を買うというのはかず先生の記事が分かりやすくて面白いです。

外部リンク投資家はお金を稼ぐのではなく期待値を稼ぐ。 投資における期待値の考え方。

※リンクは新しいタブで開きます

 

おわりに|投資タイミングではなく市場にいる時間(タイム)を重要視しよう

日々のニュースを浴びていると投資タイミングに急かされるかもですが、そういたときは偉人の言葉を借りると良いかも知れませんね。

管理人にとっては市場に居続けることの方が得意なので、タイミングを狙った取引でなく時間(タイム)でリターンを稼いでいきたいと思います。

時間はかかっちゃうんですが一緒にコツコツ続けていきましょう。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

関連記事です。

リーマンショックで退場をせず投資を続けた結果、10年で資産4倍に

退場しないことが最良の投資法かも知れません。リーマンショック後はしばらく冴えないリターンが続きましたがアベノミクスあたりで急激に資産が伸びた記憶があります。

あとは配当というのが投資を続けるモチベーションになるかもです。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました