祝!eMAXIS Slim全世界株式が純資産500億円突破!【受益者還元型信託報酬率】

読書|本は金のなる木お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2020年10月8日時点の情報ですが、我らが絶対的エースであるeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の純資産が500億円を突破しました!

外部リンク三菱UFJ国際投信、「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」で純資産残高500億円突破を発表

※リンクは新しいタブで開きます

500億円突破で何がめでたいかというと、みんなが気になる信託報酬がちょっぴり安くなることだったりします。

せっかくだし記事で紹介していきましょう。

スポンサーリンク

eMAXIS Slimの受益者還元型信託報酬率とは

Slimシリーズは受益者還元型信託報酬率システムというものがあり、500億円以上の部分に今までよりも低い信託報酬率が適用されます。

図で見るほうが分かりやすいかも。

オールカントリーの500億円以上の信託報酬20201008

ほんのちょっとではありますが、純資産の積み上げが増えるほど効果があるというのは嬉しいですね。

管理人は現在、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)のETF版である2559を買っています。しかし配当金などにこだわりが無ければ投資信託の方がおすすめだったりします。

2559の信託報酬は0.078%(税込:0.0858%)と激安ですが、もはや無視しても問題ないレベル。

ななし
ななし

そういえば「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019」の1位でしたね。今年のFOYでも上位入賞は間違いないでしょう。

 

ETFである2559には受益者還元とか無さそうなので1円単位で調整ができる投資信託のほうが良さそうに思えてきました。。

貧乏性なので老後に投資信託を取り崩すのに躊躇しちゃいそうだから配当の出るETFというのは合っているんですけどね。

とはいえ、投資信託も自動取り崩しとかも可能なので、必要に応じて使い分ける時代になっているのを感じます。

関連記事つみたてNISAの出口戦略|楽天証券の投資信託自動取り崩しサービスを使おう

※リンクは新しいタブで開きます

 

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の純資産推移

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)のj純資産推移20201008

2018年10月に設定されて以来、赤線の純資産推移は順調に伸びていますね。青の棒グラフは月ごとの流入を表していて、コロナショックがあったにも関わらず皆さんガンガン買い増している様子。

私はほとんど持っていないのですが、今後もこの調子で伸び続けて欲しい商品です。

全世界株式といえばライバルである楽天VTの純資産も525.05億円とほぼ同じ金額でした。オールカントリーは後発なので、この調子でいけば年内に追い抜くかも知れません。

 

おわりに|eMAXIS Slimの受益者還元型信託報酬率は素晴らしい!

改めて思ったのですが受益者還元型信託報酬率というのは良いですね。

つみたてNISAやiDeCoといった非課税制度との相性も良いですし、今後も順調に伸びていくでしょうから増えた分だけ恩恵を受けられます。

管理人はつみたてNISAでeMAXIS Slim米国株式を買っているので、今後もSlimシリーズを応援していきたいと思います。

ちなみにですが、米国株式の純資産を調べたら驚きの1675億円でした。人気あり過ぎなので、そろそろ株価低迷するのでは…と不安になっちゃいます。。

 

何はともあれ地道に投資を続けている人には嬉しいニュース。大統領選もあって相場が荒れるかも知れませんが、そういったときは基準価額でなく純資産の積み上がりをみるのも良いかも知れませんね。

一緒にコツコツと続けていきましょう。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

関連記事です。

グッバイVT?東証で全世界株式ETF(信託報酬0.0858%)爆誕

【2559】MXS全世界株式一本で長期的に運用するか本気で悩む

管理人が買っているETFの方のオールカントリーです。今のところ超長期で持ち続けるには鉄板といって良い商品だと思います。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました