ベストバイストック2020開催中

生命保険控除を丸儲け!お得に株式の暴落対策費を準備していく方法

お金を生み出すキャッシュマシーンお金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

株式投資をしているけど、暴落がきたらどうしよう。

頭では分かっていても、自分は株を買えるだろうか。

 

そう思う人は多いと思います。私もそうです。

そういった場合は暴落対策費としてお金を準備しておくと気持ちに余裕が持てますよ。

 

記事内容は株式の暴落に備えての準備を書いたものです。

 

タイトル通り、生命保険控除を使いながら暴落対策費を準備していくので、普通に積立貯金するより超お得です。

生命保険控除については後述しますが詳しい記事はこちら。

関連記事反則級?保険控除が使えて元本割れナシの生命保険「じぶんの積立」を紹介します

※リンクは新しいタブで開きます

 

では、暴落対策費の効果と合わせて紹介していきましょう。

スポンサーリンク

株式投資をするなら「暴落の準備」もしよう

DIY職人たち

暴落に対して、まずは準備をしよう!

2020年1月現在は相場が好調ですが、どうしても暴落は気になりますね。

リーマンショックから11年が経ち株価は右肩上がりだったため身構えてしまいます。

 

しかし、いずれは来ると思って準備をしておくと心の持ちようは変わります。

いちばん簡単な方法は暴落対策費を準備しておくこと。

 

管理人がやっているカウチポテトポートフォリオなどは運用資金の半分は現金なので、常に暴落対策費が余った状態ですね。

それでも暴落時の買付は初心者だと難しいもの。

ちょっとtweetしたのはこちら。

 

値下がりしている時に買うのは勇気がいるので、チキンな私は下記のように貯金をしています。

暴落対策費2020年1月25日

備考欄がズバリそのままですが、大きな下げがあった場合、こちらを取り崩して対応していました。

※全部を使う必要はないので徐々に投資していきます。例えば端数の34,034円とかですね。

 

前回使ったのは2014年1月ころだったはず。。目安としては30%くらいの下落があってからで大丈夫です。

コツとしては値下がりが2~3年は続くと思うことでしょうか。2014年に使ったときは1年以上低迷していた気がします。

 

私が暴落で嫌なのは最初の買い向かいです。

逆に長期低迷を覚悟して、いざ買ってみると数年経たずに戻っていました。

ななし
ななし

今となればもっと買っておけば良かったとなりますが、そんな事ができたら誰でも大金持ちなので。。

 

ちょっとした名前付けですがお金を準備していると、精神的にはかなり楽になりますね。

金額としては10~30万円くらいあれば最初の一撃は乗り越えやすいと思います。(私が購入するのがそれくらいです。)

では、これをお得に作っていこうというのが記事の本題。

 

生命保険控除を丸儲け!お得に暴落対策費を準備していく

ハードルを超える

暴落対策費をお得に準備するには、じぶんの積立という生命保険を使います。

スペックは以下の通り。

  • 解約時の返戻率はいつでも100%
  • 払込期間は5年で終了
  • それ以降は10年まで保有すると3%上乗せされる
  • 災害死亡金支払いとして払込額の1.1倍が支払われる

保険控除使える現金とほぼ一緒です。(超意訳)

 

生命保険控除が使える人は、年末調整か確定申告でその分が丸儲けになります。

生命保険を払っていると、その金額に応じて所得から差し引いてくれるのが保険控除というもの。普通なら所得税や住民税で取られますが、控除で減少する分がお得になります。

 

控除できる上限は年8万円なので、月5,000円で年6万円の積立をして5年で30万円を準備しようという考え。

金額は小さいのですが、初心者ほど効果的だと思います。

 

30万円あれば暴落時に買う資金としては十分ではないでしょうか。また月5,000円ずつ用意というのもバランスが良さそうです。

ななし
ななし

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

関連記事反則級?保険控除が使えて元本割れナシの生命保険「じぶんの積立」を紹介します

外部リンク明治安田生命「じぶんの積立」

※リンクは新しいタブで開きます

 

生命保険控除は、年末調整の時に書いたことがある人は多いかも知れませんね。

控除がどれくらいお得かというと、FP1級のみさきさん(@fpmisaki2)の記事が参考になります。

所得税は、年間の課税所得によって税率が異なります。

仮に税率20%の方なら、

  • 所得税 35,000円×20%=7,000円
  • 住民税 28,000円×10%=2,800円

合計 9,800円くらいは、年間で得するということになります

引用元:お金の不安をなくそう! かしこい貯蓄のふやし方

年末調整や確定申告で還ってきたお金も運用すると効率UPですね。

 

ちなみに思いついたのは解約後です。。

 

相互フォローしているGATI(@JNJVTIXRP)さん、ジロ(@JIRO_invest)さんからの評判は良い感じです。

 

おわりに|暴落対策費を準備すると気持ちが楽になります

コツコツとお金を積み上げる

投資をしていると暴落は怖いのですが、歴史的に見てチャンスだったのは事実です。また、長期投資をしていく中で逃れることはできません。

最初の一撃を「怖い」ではなく、立ち向かう勇気を持つために暴落対策費を準備しておくと役立つ日がくるはずです。

 

あとは、せっかく投資をしているので控除とかも考えてお得というのが良いよね、というお話でした。

ちょっと反則級な商品ですが、知ってればお得な情報なので興味のある方は資料請求すると良いかもですね。

外部リンク明治安田生命「じぶんの積立」

ネットで資料請求だけなら営業の電話とかはありませんでした。押し売りも無かったですね。

 

暴落の準備もしながらコツコツと頑張りましょうね。

お読み頂きありがとうございました。

 

「じぶんの積立」の関連記事です。

まとめ記事っぽいやつ

反則級?保険控除が使えて元本割れナシの生命保険「じぶんの積立」を紹介します

 

過去に書いた記事

明治安田「じぶんの積立」はめちゃくちゃお得過ぎる節税保険

生命保険:「じぶんの積立」を契約したけど押し売り営業は無かった

明治安田「じぶんの積立」のデメリットと不安点。契約完了したので語ります

明治安田じぶんの積立を解約しました。引き止め等は一切無かったので入る人は安心して欲しい

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました