年1万6千円の不労所得|キャッシュマシーンを買い続けた効果が出てきた

お金から息吹く芽お金と投資

しっかり資産を持っている人からすると笑われるかもですが年1万6千円の不労所得って大きいと思いませんか?

私は「けっこう大きな」と思ってしまう方です。

コツコツと海外ETF=キャッシュマシーンを買い続けたので、よほどのことが無ければ一生お金を生み続けてくれる資産になるでしょう。

 

記事内容は2019年ギリギリに海外ETFの「VYM」「BND」を追加購入したことを紹介したものです。

あわせて他の人ができるような事も考えてみました。

 

1万6千円が永久と書くと、大きいように思えますが実際の元本は80万円なので実はショボかったりします。

管理人は2年くらいかけたので、月にすると3万円弱と節約で何とかなるかもというレベル。

興味のある方は少しお付き合い頂けると幸いです。

スポンサーリンク

年1万6千円の不労所得は海外ETFを買い続けたから

お金を貯めていこう

年1万6千円のキャッシュマシーンを作るのは簡単で、海外ETFのVYMBNDをコツコツと買っただけです。

【VYMの買付履歴】

VYM買付履歴

日付為替レート単価数量
2019/4/3111.6286.313
2019/7/25108.4588.8913
2019/7/31108.8988.84841
2019/8/7106.4785.051
2019/8/27106.1984.6452
2019/9/30108.2688.2151
2019/10/31109.1289.663
2019/11/28109.6992.062
2019/12/27109.8193.715

 

【BNDの買付履歴】

BND買付履歴

日付為替レート単価数量
2019/3/4112.2779.4513
2019/5/27109.7981.47513
2019/7/25108.4582.972
2019/8/27106.1984.882
2019/9/30108.2684.342
2019/10/30109.1583.8455
2019/11/28109.6984.342
2019/12/27109.8183.8357

 

2018年から準備をして、2019年終わりに何とか80万円を超えました。

税引き後の配当利回りが2%あれば、何もしなくても年1万6千円を生む不労所得マシーンの完成です。

直近の利回りはこちら。

VYM配当利回り2019年12月27日時点

VYM配当利回り2019年12月27日時点

BND配当利回り2019年12月27日時点

BND配当利回り2019年12月27日時点

画像はbloombergから。

 

実際にこのキャッシュマシーンを作るのが難しいかというと、誰でも出来てしまいます。

月3万円ちょっとを毎月用意するのが大変だけど、節約とお小遣いで何とかなりそうな感じも。

管理人はつみたてNISAでカツカツなため、複業(副業)収入をVYMとBNDに回しています。

 

なので、誰でもできるのかな、と。

ランサーズなどを使えば、ネット副業もしやすくなりましたからね。楽ではありませんけど。。

 

意外と安定性も高いと思っている

VYMとBNDの保有金額2019年12月27日

2019年12月27日時点の保有金額

ポートフォリオでは、高配当株式ETFと総合債券ETFを半々という面白くもない保有比率。

長期でみると防御力が高くて気に入っています。

 

  • BNDとVYMから安定的なキャシュが供給
  • VYMが下がれば配当利回りが高いうちに買い付けが可能
  • 金利が上がればBNDは下がるが毎月の利回りは上がる

 

リーマンショック級の暴落がきたなら、値動きが少ないBNDを売ってVYMにすることも可能。

BNDとVYM長期チャート20190924

BNDとVYM長期チャート

20年くらいは株価や金利変動が大きく動いても大丈夫かな、と思っています。

 

誰でもできるけど月3万円を投資するのはけっこう大変

副業をすれば月3万円というのは何とかなる金額ですが楽ではありません。

あと、投資自体がマイナーですし、さらに副業している人はもっと少ないと思います。

私は周囲でしている人を知りません。やっていても公言してないだけかもですが。。

 

副業をするのは少しハードルが高いという人は「節約」から月2万円くらいを生み出すのはどうでしょうか。

 

節約で年1万6千円の不労所得を作り出す

お金がかかる事のチェック

副業はちょっと大変だな、という場合は節約でお金を生み出すと良いですよ。

一番カンタンだけど、あまりやってる人がいないのが格安SIMです。

最初の一手間が面倒なんですよね。

 

でも一度変えてみると案外悪くありません。

管理人は楽天モバイルを使っていますがかなりおすすめです。

低速回線1Mbpsが使い放題なので、一人暮らしでオンラインゲームをしまくるとかでなければ固定回線もいらなくなるかも。

関連記事楽天スーパーホーダイの低速1Mbpsは実用レベル!テザリングでモバイルWi-Fi代わりに

※リンクは新しいタブで開きます

 

  • 今はMNPもかなり簡単になっている
  • 昔のように2年縛りなどが無くなった

 

昔は格安SIM(MVNO)を使うのは一部の好きな人でしたが、今はサービスがしっかりしてきましたね。

特に楽天モバイルはサイトも分かりやすく、楽天ポイントで支払いができるのもメリットです。(期間限定ポイントもOK)

 

月々の通信費が1万円ちかい人も多いので一度頑張ればあとは楽になりますね。

公式ページの流れに進んでいけばめちゃカンタンなので。

公式リンク:ご利用の流れ

 

通信費を上げていたのは端末が高かったこともあります。

今はSIMフリースマホも安くて高品質なものが増えました。

created by Rinker
OPPO Japan
¥37,980(2020/01/21 12:20:44時点 Amazon調べ-詳細)

爆売れしているOPPOのRENO Aは防水+おサイフケータイ装備でこの値段です。

そういえば、楽天モバイルはメーカー認定整備済 iPhoneの取り扱いもあるので便利かも。

 

通信費が月1,480円になれば投資に回せる金額も増えます。

あとは週に数回お弁当を作ったり、水筒を持参すれば2万円くらいは節約が見えそう。

関連記事節約に役立つ「おにぎり」の作り方。週1回だけでも少額投資が捗る

※リンクは新しいタブで開きます
ななし
ななし

手の込んだ弁当な必要はなく、おにぎり2つとかで大丈夫だったりしますよ。

 

あとは保険をけっこう使っているなら下記の本を読むと節約気分が沸き上がります。笑

created by Rinker
文藝春秋
¥858(2020/01/21 12:20:45時点 Amazon調べ-詳細)

kindle版でサクサク読めるはず。保険に1万円とか使っている人がいたらお値段分の価値はありますよ。

 

月2万円が確保できそう、となれば3年弱で80万円まで貯まりますね。

昇給やボーナスなどで少し余裕が増えたときなどチャンスもありますし。

※大きなメリットは支出のコントロールが上手くなって老後の不安が減ることかも。

 

毎月かかっている固定費を下げるのは効果抜群なので、格安SIMは検討してみるのをおすすめしますよ。

公式リンク:楽天モバイル

 

おわりに|年1万6千円の不労所得をどんどん積み上げていく

2年かけて「じぶん年金」が80万円になりました。

2020年は複業(副業)と再投資があるので120万円にするのは少し楽になります。というかラクと思う。

 

つみたてNISAとは違った形ですが、コツコツと投資を続けていきたいです。

先は長いのですが一緒に頑張りましょうね。

 

海外ETFでなく、もう少し手堅い不労所得を考えている人は低リスクのクラウドファンドなど利用するのも不労所得を作りやすいと思います。

完全無料で1万円からお試し投資できるのは魅力。

クラウドバンク

公式リンク:クラウドバンク

まずは少しずつ不労所得を増やしていきましょう。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました