ついにきた退職勧奨。指名解雇をうけたので気持ちの整理も書いていきます

反対向きにとぼとぼ歩く 氷河期世代

本来、ブログで書くような事ではないのかも知れません。

明るい話では無いので、ネガティブな話が苦手な方はそっ閉じをお願いします。(暗い話ではなく、なるべく前向きな内容とは思います)

内容は管理人が受けた退職勧奨と解雇予告を備忘録として残したものです。合わせて、気持ちの整理もしていきたいので文字にした、というのが正直なところ。

元々、この可能性がある事については、当サイト(氷河期ブログ)内でも書いていた事ではあります。

関連記事リストラの火種?転職かフリーランスか。42歳、氷河期世代の今後

※リンクは新しいタブで開きます

今回の事をうけて、私がどういった精神状況か、今後どうするのか。こういった事が何か参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

退職勧奨と指名解雇を受けた43歳の気持ち

反対向きにとぼとぼ歩く

ショックかと聞かれると間違いなくショックな状況です。

ご飯食べていく手段が無くなりますから。

一方で、零細企業に勤めているので何となくその雰囲気は分かるものでした。まぁ、分かりたくはないんですけど。

なので、ある程度の準備はしてきました。単純に言えば生活防衛費の積み上げですね。

本当はあまり使いたくないのですが、使う必要がある時がきた、という事でしょう。

何となく呼び出された時点で、そうなんだろうなぁとは思っていました。(場所は近くのファミレス)

話をうけて膝から崩れ落ちるようなショックは無かったです。この会社、実は2回目で出戻りなんですよ。

関連記事転職をすると年収が減るは本当か。40代氷河期世代の体験談

※リンクは新しいタブで開きます

上記の記事内でこんな事を書いています。約1年ほど前なので、ついに来たか、という感じです。

昨年は会社の売り上げも良く、順調でしたが今年に入って原材料の高騰祭りが続いている事と、売り上げが昨年比でかなり下がっており、今後どうなることやら、という状況です。

更に零細企業であるのに、社長がメルセデスに乗り換えました。昨年、特需があって調子良かったからなぁ。。私の中でアラートが鳴っています。

1年前のアラートは正しかった。。会社に出戻った際の、本国CEOという後ろ盾が無くなった時点で、立場が既に悪くなっちゃっていたんですよね。

退職勧奨を断ったら次は解雇予告

悩んでうずくまる人

零細企業といっても、さすがにいきなり解雇は言ってきません。まずは退職勧奨、いわゆる肩たたきです。やんわりではなくストレートに辞めてくれ、という叩き方でしたが。

受け入れて割増の退職金があるわけでも無いので、退職意思はない事を伝えます。

出来レースのように、退職をお断りをしたところ、では解雇という予告を受けました。これが今の状態。

解雇予定日は3か月後の2019年8月末です。

ちなみに会社へ解雇通知書や解雇理由証明書を出してくれ、と伝えますが文章では出せない、との事。

零細企業にしても、ちょっと酷すぎるだろうとは思っています。たぶん、断られるとは思っていなかったんだろうな、と。

解雇を受けての気持ちの整理と生活について

線路の切り替え

解雇を受けてのショックは大きくありません。想像できていた事と、それまでに社内でいろいろな事がありましたので。

ちょっと消耗をし過ぎて、体調も崩しがちになっているのでしばし休養かな、と思っています。

メンタルも肉体も弱っているのか、先日は肺炎になって1週間ほど苦しんでいました。どれだけ免疫落ちているんだ、と。

失業手当も考えると、2年くらいは年金や保険料も支払いながら、今まで通りの生活が出来そうかな、という感じです。

2019年のつみたてNISAのお金は既に準備済みで、2020年の分も半分以上は用意が出来ています。大体1年くらいは収入が無くても投資にも影響も無さそう。

当面の生活と投資は問題ないので、少し休んでから再起動になりそうです。

人生100年時代と言われている昨今、第二の人生として考える良い機会と時間を得た、とも思っています。

今後の仕事について

色々な扉や選択肢

正直、次は何をするかな、とぼんやり考えていますが何も決まっていません。

この歳でリストラを受けたので、人手不足とはいえブラックすぎる会社くらいしか見つからないかも。

一方で、子供が成人するにはまだまだ時間がかかるので労働は必要なもののセミセミリタイア的なものは考えています。

我が家は生活費もコンパクトなので大人二人が働けば税金を払いつつ、食べていくくらいは何とかなるレベルです。

妻もパートに行く気満々ですし、私も非正規雇用なり派遣社員、フリーランスと何かしら働く事で十分生活はやっていけるんですよね。

ななし
ななし

つみたてNISA二人分を準備するのが少し厳しいかも、ですが一人分くらいなら何とかなりそうな感じです。

いざとなったら、生活費の安い妻の実家近辺に行って何でも屋をしながらWebライターやクラウドソーシングの仕事を受けても良いわけで。

妻の実家は限界集落一歩手前くらいの状態で、高齢化も進んでいて草刈りやゴミ収集で日銭を稼げる程度には仕事の種はあるようです。

ここらへんは実際にリタイアしながら地域活動している義父のお力を借りる事になりますが。

まぁ、そんなに悲観している事はありません。現職のお客さんは製造系の工場が多いのですが、真剣に人手不足なので、そちらの道も残っています。

現時点で最良の選択肢はホワイト系工場+複業(副業)だと思っています。

おわりに

氷河期ブログが無職ブログになる可能性が出てきました。

やもすると2~3年後くらいに同じような氷河期世代の人たちが出てくるかも知れません。

そうなった時に、無理をしなくても食べていく事が出来る情報等が発信できるようになっていられたら良いかも。

今後のやる事をまとめると以下のようになります。

  • 労働をしつつクライアントに雇ってもらえるような関係強化
  • ジムにゆっくり通いながら基礎体力を戻す
  • 第二の人生にむけて休養を取る
  • 理想はホワイト系工場+複業(副業)を探す

ホワイト系工場は社保・福利厚生を得ながら消耗しないところをノンビリ探します。(家族持ちなので保険とか年金とかは勤め人最強なのです)

宣伝になりますが、管理人が使っているdodaはオススメですよ。

40代の私でも多い時は週に10件くらい求人紹介をしてくれます。直接面談をする事でキャリアの棚卸しや、職務経歴書などの添削をしてくれます。もちろん無料。

面接まで辿りつきやすい職務経歴書の作り方を教えて貰うだけでも価値はあると思っています。

dodaの求人紹介数

たくさん案内は来ますが、読み切る時間もないくらいです。非公開求人ばかりなのに、この多さは業界2位な事を実感できます。

同じようにリストラで不安な方がいたら、本当におすすめしたいので是非どうぞ。

公式リンク:doda
この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新しているので、通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました