【悲報】Amazonプライム会員の値上げ【対策あり】

【悲報】Amazonプライム会員の値上げ【対策あり】

お金と投資

Amazonプライム会員の年会費が上がるようです。もはやインフラになっている人も多いと思います。私もそうです。

記事内容
値上げに逆らう術は無いので、出来る限り安くしようというコンセプトです。というか、私自身がやっていた事の紹介です。

一番良い対策はAmazonゴールドカードを作るという方法です。

tweetの通りなのですが、もう少し分かりやすく紹介をしていきます。

プライム会員どうしよう、と思っている方の参考になれば幸いです。

急ぎの方はAmazon公式ページにあるゴールドカードのページをご確認ください。調べてみて、Amazonでクレジットカードのページがあるのを始めて知りました。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員の値上げにゴールドカードで対策をする

外部リンク速報:アマゾンがプライム会員費を値上げ、年4900円/月500円に。4月12日から

今まで年間3,900円だったのが、一気に1,000円アップで4,900円になります。

1,000円値上げされても一度プライム会員の便利さを知ってしまうと、退会するのは苦行でしかありません。

少しでも安くする方法として、Amazon Mastercardゴールドカードを保有するという方法が対策になります。

Amazonゴールドカードの付帯サービスにプライム会員無料があります。これを利用します。

というか、管理人はもともとAmazonゴールドカードを持っていたので、後で情報を知りました

発行元は三井住友カードで、同等のサービスを受けられます。

Amazonゴールドカードの年会費は10,800円

さすがゴールドカード。年会費はお高いです。

とはいうものの、下記の方法をすると実質4,320円で保有が出来ます。値上げ後の年会費4,900円よりお安くなります。

ななし
ななし

なんとクレジットカードを保有すると580円安くなってしまいます。

すっかり楽天カードをメインにしていましたが、Amazonゴールドカードはキープする事になりそうです。

Amazonゴールドカードの維持費4320円にを下げる方法

公式リンク:Amazon Mastercardゴールドカード で書いている方法なので、違法でも何でもないのでご紹介します。

ただし下記の点に注意が必要です。公式リンクは文字が山盛りなので、この事とゴールドカードのメリットと合わせて検討をする事をオススメします。

ご利用状況により、2年目以降から年会費が最大6,480円割引(税込み)割引

やり方は簡単です。

  1. リボ払い設定をする→翌年から年会費が半額の5,400円に
  2. WEB明細書サービスを利用する→翌年から年会費が1,080円安くなる
  3. 結果として実質4,320円でゴールドカードの保有が可能

初年度の費用を回収するには236,000円の利用が必要

年会費10,800円ープライム会員4,900円=5,900円が差額です。

2.5%のポイントで5,900円分を埋めるには、5900÷2.5%=236,000円をAmazonで利用する事が必要になります。

個人的には余裕でクリアしてしまうくらいに、Amazon依存をしています。生活用品と個人で使うものもあるので。

Amazonゴールドカードを保有するメリット

Amazonゴールドカードのメリット

初年度の年会費が高い!と思う方がいるでしょう。

けど、けっこうお得なカードだったりします。Amazonのヘビーユーザーなら価値は十分にあるかな、と。

  • Amazonプライム特典が使い放題
  • Amazonのショッピングで、2.5%還元。Amazon以外のご利用も1%還元。
  • 無料の「即時審査サービス」で、今日からAmazonでのお買物に利用できます。(利用可能時間 毎日9:00~19:00)
  • 全国主要空港ラウンジサービス
  • 年会費 10,800円(税込み)
    ※ご利用状況により年会費最大6,480円割引(税込)

Amazonで買い物する時に2.5%のアマゾンポイントが付きます。速攻でポイント反映されて、次回の買い物で使えるので、これは大きいです。

アマゾンポイントは利用者にとっては現金同然です。2.5%ポイントは高還元をうたっているカードでも中々無い数字です。

現在のアマゾンポイント

管理人のアマゾンポイント

出張や旅行で飛行機を使った時に空港のラウンジサービスが使えたりするのはゴールドカードに良くあるサービスですね。

もちろん海外旅行での傷害補償はカード保有だけで自動付帯されます。海外旅行には当社カード利用といった縛りが無いのは、他のカードでのポイントを貯めるのにも良さそうです。

私はAmazonでの大きな買い物はゴールドカード。普段の買い物は楽天カードと使い分けをしています。

現在、プライム会員を利用している人は返金がされます。

Amazonのカスタマーセンターは爆速で返信をくれるので、不安な方は電話確認してみると良いですよ。

外部リンクAmazonカスタマーサービス

リボ払いは月100万円の支払い設定で強引に解決

リボ払い100万円設定

リボ払い100万円設定の画面

三井住友カードが発行しているので、万全のセキュリティです。スクリーンショットが撮れなかったので、ちょっと見にくいですがご容赦ください。

リボ払いは情弱のもの、と思う人もいるかも知れませんが、ゴールドカードのリボ払い設定金額をMAXの100万円にすれば解決です。

Amazonの買い物で100万円を超える人はスーパーエリートなので、そもそもAmazonゴールドカードの保有とか考えないでしょう。

余談&体験談ですが、三井住友カードのセキュリティは凄くしっかりしております。

まとめ

  • プライム会員の年会費が3,900円から4,900円に値上げされる
  • Amazonゴールドカードを使うと年会費4,320円でプライム会員が自動付帯
  • プライム会員に入っているよりお得な状態になる
  • ただし2年目からの割引という事に注意
  • 合わせて通常のゴールドカードのメリットも享受できる
  • リボ払い月100万円設定していればリボ払いの不安もなし

今まで420円分をAmazonで使わないといけないなぁ、楽天カードがメインになってきていたので、解約しようかな、と思っていました。

ここにきて、まさかのゴールドカード保有を続けた方がお得という状態になってしまいました。

アメリカのAmazonプライム会員は1万円を超えているので、更なる値上げがあった時には、ますますAmazonゴールドカードの利用者が増えそうです。

実際の使っている人のレビューもAmazonの公式ページで確認できますので、もし良ければご参考にどうぞ。

当記事が参考になれば幸いです。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。自己紹介は「ななし」をクリックで。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました