急落があったので我が家の老後資産状況を再確認しました。2018年10月26日

ポートフォリオ20181026 運用報告

2018年10月下旬、株式市場の急落がありました。Twitterやネットを見ている限りでは悲観的な事は無さそうです。

こういった時ほど積立投資は強いと言いますが、実際のところお金の話は気になりますよね。私は気になります。

記事内容は私の老後資産が相場の急落をうけて、どれくらい下がっているかを書いているものです。2018年9月30日の状況との比較になります。

ざっくり80万円くらい減っていました。とはいえ、現金比率は50%以上ありますので、全体で見ると5%程度の損失で済んでいます。

私のマイナス具合をご笑納ください。

※引用記事ばかりになっています。サラッと見れば1分もかからない内容です。

スポンサーリンク

40代管理人の運用状況20181026

ポートフォリオはこんな感じです。

ポートフォリオ20181026

最新の金額内訳はこんな感じです。()は2018年9月30日の金額です。

  • リスク資産:8,347,383円(8,985,978円)
  • 無リスク資産:9,224,700円(9,378,961円)
  • 小計:17,572,083円(18,364,939円)

一ヶ月経たないうちに80万円くらい減っています。

Twitterで余裕ぶっこいてたら、そのまま記事のネタになってしまいました。

 

無リスク資産が減っているのは急落前にNISA残り枠で新興国株式を購入したりしたからと思います。

記事内でこんな事を書いているので、フラグが立ったのでしょう。

新興国株式を買わない私が今更ながら買ってみる理由です。

タイミングにかけてみるのは悪魔のささやきです。が、サテライトなら許容範囲です。

 

私が何か積極的に買いに行くと悪いことが起こるのかもしれません。BAC(バンカメ)を買ったらリーマンショックが来てマイナス90%とかになった事もありました。

 

最近、ちょこちょこと株式比率を増やしていたりします。10月23日の投稿です。

 

こうやって見ると、いかにタイミング投資が愚かな事かが分かります。

このまま年末になるとリバランスで株式クラスを買い増しする事になりそうです。その前に、何か損失が出ているものを売って配当金との相殺に使えるチャンスかも知れません。

スポンサーリンク

 

おわりに

長期的には勝てるゲームと思っていても、いざ急落を受けると慌てますね。

こういった時に自分のリスク許容度を知るチャンスだったりします。私はあと20年ほどは投資を続ける事になるので、気長にやっていける今の現金比率があっているようです。

現金比率等、何か参考になれば幸いです。12月末には違ったポートフォリオ報告が出来そうです。

 

created by Rinker
¥1,836(2018/11/16 15:48:41時点 Amazon調べ-詳細)

相場で不安になっている人がいたら、まずは3大聖書の一つ、敗者のゲームがおすすめです。

リーマンショックの時には3回くらい読んだと思います。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする