40代サラリーマンの老後用資産状況を公開します。20180930

老後用資産2018年9月30日 運用報告

人の運用状況やお金の話って気になったりしませんか?

私はめっちゃ気になります。金額も少しは気になりますが、どんな考えで運用してるかとかは凄く参考になります。

記事内容は私の老後資産の運用状況です。書いているのは現金とリスク資産の割合、運用金額くらいです。

人の資産を見たければ、まずは自分の資産を公開するスタンスです。ポートフォリオや運用状況がお好きな方はどうぞ。

スポンサーリンク

40代管理人の運用状況20180930

ポートフォリオはこんな感じです。

老後用資産2018年9月30日

最新の金額内訳はこんな感じです。()は2018年6月下旬の金額です。

  • リスク資産:8,985,978円(8,320,232円)
  • 無リスク資産:9,378,961円(9,094,810円)
  • 小計:18,364,939円(17,415,049円)

3か月前より90万円近く増えています。円安株高でリスク資産の増加が大きいですね。市場次第で90万以上は余裕で落ちるという事でもあります。

見比べるまでこんなに増えているとは、管理人が分かっていなかったのです。貯金分が増えてるだろうな、とは思っていました。

とはいえ、下がったら株式を安く買えるし、上がればラッキーというカウチポテトポートフォリオですので心配はしていません。

ソファでくつろぐ女性

リスク資産は大半が海外ETFです。老後の主力としてのVTとHDVです。楽天証券の一覧で見たものを書いているので、割り振りとかはあまり見ていません。

残りは投資信託で、楽天VTI投信が100万円くらいでしょうか。こちちらは通常NISAを使っての利用です。

他には特定口座で気になる投資信託なども買っていますが、ひとくくりにリスク資産としてまとめています。

流動性資産はほとんどが現金です。住信SBIネット銀行の定期預金(1年物)がほとんどです。個人向け国債より今のところ有利です。

多くはありませんが、氷河期世代で零細企業勤務の私としては十分な金額です。

生活防衛費や旅行積立、子供の大学資金は別に準備しています。暇つぶしに使っているワンタップバイなども別枠です。

スポンサーリンク

 

カウチポテトポートフォリオについて

投資ブロガーでもある著者のNightWalker(ナイトウォーカー)さんが上記の本で書いているポートフォリオの説明に書かれていたものです。

自分のリスク許容度を理解するまでに時間はかかりますが、その後はほとんど市場動向に慌てることなく、堕落楽に過ごせるのでカウチポテトフォートフォリオという言葉をお借りしています。

本のレビューも当ブログで書いております。

書評「世界一ラクなお金の増やし方」は投資初心者におすすめの一冊
投資を考えている方におすすめしたい有益な本です。

語り口もやさしく初心者はもちろん、既に投資をしている40代が読んでも投資に対するスタンスがスッキリする一冊です。

 

まとめ

  • 3ヶ月で90万円近く増えているが円安&株高が要因
  • 相場が少し荒れたら簡単にこのくらいの金額は帳消しでマイナスになる
  • カウチポテトポートフォリオはどっちに転んでも精神的に楽

元より使うのは老後になりますので、今からアタフタしても仕方がありません。

40代前半の私はあと20年はこの投資を続ける事になります。時間をかけながらゆっくりとお金の木を育てていきたいと思います。

 

関連記事です。

「賢明なる投資家」の推奨ポートフォリオと私のものと似ていてびっくり
賢明なる投資家で言われていた比率が私の比率と同じだったので。。

カウチポテトポートフォリオ繋がりです。ウォーレン・バフェットの師匠でもあるグレアム氏が書いた「賢明なる投資家」のポテトポートフォリオもこれに近いものがあります。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする