「3000円投資生活で本当に人生を変える」は可能なのか?

3000円 お金と投資

こつこつと貯金はしてきて、そろそろ投資もしようかな。

興味はあるけど「投資って結局ギャンブルでしょう?」と思っている人は多いと思います。私も昔はそう思っていました。

この記事では、今まで全く投資をしていなかった人。投資はギャンブルだと思っている人へ、投資の誤解を解きながら、3000円で人生を変える方法を提案します。
結論を先に書いておきます。たった3000円の投資で人生を変えるほどの金額になることはありません。
ただし、配当という不労所得は、あなたの人生でお金に対する考えが変わるきっかけになる可能性は十分にあります。投資はギャンブルではない事が少しでも伝われば幸いです。
スポンサーリンク

「3000円投資生活で本当に人生を変える」という本は実在します

Amazonでも売ってますし、kindleでも読めます。
月々3000円投資で1千万円はハードル高過ぎるので、図書館にあれば読んでみる、といった感じで大丈夫です。
記事のきっかけはTwitterです。

日頃、懇意にして頂いている東北投信様の記事で書かれており興味をもちました。
記事内容は、本書について厳しめの意見ですが、読みごたえもあり、個人投資家に必要な点を書かれている親切な記事です。お時間があれば是非どうぞ。

株式投資はギャンブルではない

本書の要点は、世界中に分散された株式や債券を保有していき1000万円まで貯めるという内容です。
まずは、一番重要な部分を説明します。投資=ギャンブルではない、という事です。
当ブログで投資と呼ぶものは下記の3点になります。簡単に言うと、あなたのポケットにお金を入れてくれるもの、となります。
株式投資=企業へリスク(お金)を提供する代わりに、成長や利益を配当や値上がりで還元してもらう
債券投資=利付債券へリスク(お金)を出資して、利回りを頂く
不動産投資=保有した物件を使い家賃収入等で利益を稼ぐ
下の二つは理解しやすいですが、株式投資はギャンブル性が高く感じますね。ですので、株式投資を主にご紹介します。

株式投資は資本主義からの利益を得る金の卵

簡単な話をすると、あなたが働いたり、仕事で関わりのある株式会社は必ず日々売り上げ拡大をする為に死ぬほど努力をしています。
あなたが株式会社へ資本を提供できれば、働かずして、その会社の努力=利益は株主であるあなたのものになります。これが資本主義です。もちろん業績が悪いと株価は損します。
しかし3,000円という限られた資金で、人生を変えるには目的を明確にする必要があります。
月々3,000円を投資しても一年でたった36,000円にしかなりません。しかし下記2点は体験が出来ます。
  • 資本主義を体験する
  • 実際に配当を貰う不労所得を得る
これは、経験をしないと理解できないものです。大金ではオススメ出来ませんが、3,000円なら何とかなるのではないでしょうか。
想像してみて下さい。3,000円と資本を提供するだけでも、あなたの代わりに企業が毎日売り上げ数字に必死になって株主のあなたの為に日々お金を稼いでくれるのです。
ただし歴史的には株式の成長は6.7%程度と言われています。大きな金額を得られるわけではありません。
ちなみに、私がお小遣いから出せる趣味の投資金額が3,000円だったりします。
しかし、倒産のリスクや事業失敗による株価下落は常にあります。3,000円とはいえ倒産をして0円は嫌ですよね。
ですので、Apple、Microsoft、VISA、P&G、コカ・コーラ、マクドナルドなど生活に馴染んでいて、無くなったら困るインフラ同然となったグローバル企業へ投資してみるのはどうでしょうか。
上記のうち、3社に分散すれば投資した3,000円が全て無くなるというリスクは、ほぼ無いに等しくなります。
私などはMicrosoftが倒産してWindowsやオフィスが使えなくなる世界は中々想像できません。
Microsoft、VISA、P&Gが倒産して同時に消えた時は、世界も滅びるくらいの打撃なので気にしても仕方ありません。食糧確保と肉体強化を頑張る必要があります。
当ブログでは、あまり積極的に証券会社をおすすめはしていませんが、上記の事をクリアするとなると、ワンタップバイというネット証券が最適です。
1社、最低1,000円から投資が可能だからです。

ワンタップバイという証券会社

Twitterでフォローしている方からワンタップバイはどうですか?と聞かれた事があり、記事にしています。
詳しい使い方は、上の記事に任せるとして、使用するメリットを引用します。
  • 1,000円から指定(現在30銘柄)のアメリカ個別株を買う事が出来る
  • 手数料は為替スプレッドも込みで0.5%です。ニューヨーク市場が締まっている時間帯は0.7%になります。手数料は1,000円の中に含まれます。(2,000円分買ったら内10円が手数料を思ってください。)
  • 購入は非常に簡単。ワンタップは無理でも3タップで購入できます。

強烈なメリットはアメリカ個別株が限定されているとはいえ、1,000円単位で変える事。

これにつきます。次に手数料が思ったほど割高では無い事。

デメリットとしては、アメリカのグローバル企業30社に限定されている事でしょうか。
本記事は、「配当を貰って不労所得を体験する」「資本主義を体験する」がメインテーマです。30社からでも選びにくいという方もいるかと思います。
投資は自己責任とはいえ、いくつか絞った方が考えやすい事もあります。私ならこうするというのをいくつか紹介いたします。
  • P&G:年4回配当が貰う事が出来る。誰でも知っている銘柄ばかり。全世界で商品を売っている。
  • Microsoft:最も使われているOSの会社。既にインフラ扱いで安定配当の会社になってきている。
  • コカ・コーラ:世界最強の飲料水メーカー。原価の低い、黒い砂糖の飲み物が世界中で飲まれている。人口が増えるほどに飲む人も増える
  • マクドナルド:世界一のフランチャイズ企業。多分、誰でも知っている。そして、人口が増えるほど採算がとれる地域に勝手に
この4社の中から2社。後はネット好きな人なら、Amazon、Apple、Googleあたりを入れると楽しめると思います。
昨今、急速な成長を遂げているAmazonを4社から外しているのは、配当が無い(少ない)からです。
配当金はもっとも簡単な不労所得です。私の子供でも可能です。

もう一度、想像してみて下さい。Microsoft、Googleあたりの正規職になるのは非常に難易度が高いです。反面、資本を提供して成長を受け取る事は非常に簡単なのです。

 

毎月3,000円を投資出来る人は、色々な銘柄を増やしたりするのも良いかも知れませんね。

公式リンクOne Tap BUY | スマホ証券

アフィリエイト等は一切ありませんので、安心してご確認ください。

 

まとめ

  • 3000円投資で人生を変えるほどのお金(1000万円)を貯める事は難しい
  • しかし3,000円で資本主義を体験する事は可能
  • もっとも簡単な事は株式を保有して配当を貰う事
  • 不労所得を得ると世界が違った角度から見る事が出来る

投資の興味が出て、勉強をする事があれば少し変わった世界が見える事でしょう。

私の記事だけでは、伝わりにくい部分もあります。
東北投信様の関連記事を2つ掲載します。ぶっちゃけた話も多く面白いので、良ければお読みください。
この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする