ふるさと納税の寄付金額と控除確認!住民税通知書で簡単に見れます

ふるさと納税
oznor

ふるさと納税を始めよう、興味がある。けど難しいと思っている人は多いと思います。実は私もそうでした。昨年末に初めて10,000円寄付で挑戦しました。

本記事の内容は、ちゃんと住民税が控除されているかの確認をする方法を書いています。はじめてだったので不安でしたが無事確認が出来てほっとしました。

私の写真を上げて説明しているので、実際ふるさと納税が簡単で「お得な事」を実感できるはずです。短文なのでさらっとお読みください。

スポンサーリンク

簡単な確認の仕方|住民税の通知書で分かります。確認する場所も写真で記載。

写真はこちら。赤枠部分をご確認ください。寄付金額税金控除と書かれている部分です。他の市町村だと違っている可能性もあります。

私の場合、零細企業勤めのサラリーマンですので、給料天引きの特別徴収額の決定と上の方に書かれています。(具体的な給与は恥ずかしいので塗りつぶしています)

住民税は前年度の所得に対して、翌年に支払いをします。この書類が届くのが5月から6月頃なので、ふるさと納税で無駄に寄付してないかと少し不安でした。

 

実際に確認出来て一安心|実際に使った金額は10,000円。自己負担2,000円が差し引かれ8,000円の寄付を確認

使った金額と書いていますが、正確には寄付ですね。自己負担の2,000円はかかるので、8,000円が事前に寄付されているのが上記写真で確認が出来ました。

ルールは分かっていたとしても、結構ドキドキします。良く見ると市に対し4,801円。都道府県に対し3,201円で計8,002円となっています。2円はどこから?と思いますが、誤差なので放置します。

 

収入を得て、住民税を支払っている人は絶対にやった方が良い。何より簡単なので。

やった行動といえば、私の場合、10,000円を楽天市場ふるさと納税サイトで、返礼品を購入しただけです。(意訳)

頂いた返礼品はお米15kgです。10,000円を払って、自己負担2,000円でお米15kgが貰えます。ちょっと良いお肉や、フルーツ、ビールも人気です。

そして自己負担2,000円を除いた8,000円は事前に寄付したという事で、翌年に支払う住民税から控除されます。私は住民税の先払いと表現しています。

ふるさと納税の簡単ガイドは別記事で用意しています。

 

まとめ|ふるさと納税の寄付確認が出来て一安心

  • 住民税通知書を見てやっと実感できた
  • 確認する場所は写真の寄付金額部分

どうせ支払う住民税なのでふるさと納税を使ってお得に生活をしましょう

 

関連記事です。

ふるさと納税はサラリーマンが間違いなく得をする制度
ふるさと納税を話には聞いたり、気になっているけど面倒でやっていない。そんな人も多いと思います。私も昨...

昨年末にふるさと納税を始めて利用しました。拍子抜けするほど簡単なのに、効果は絶大です。記事内は、使いやすいサイトのリンクや、実際に届いた書類の記事リンクを用意しています。

もし興味があれば是非ご参考にして下さい。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする