ベストバイストック2019開催中

新規も既存も対象の激アツセール開催kindle Unlimitedが99円!(12/9まで)

詳細はこちら

ダウから落ちるGEを記念買い。ワンタップバイ20180622

ワンタップバイ

投資をしていると、ほとんどの場合、月々の収入から積立投資が中心になります。

効率的にしようとするとインデックス投資です。ですが、退屈だから個別株も買いたいという人もいると思います。私がそうです。

 

記事内容は、少額投資の運用状況とGEの購入理由を少し書いています。

 

完全なアクティブ投資で、やってはいけない典型ですが、お小遣いの範囲で楽しむには誰にも迷惑はかけません。

私自身、人の運用状況等を見るのは大好きなので、楽しんでくれる人がいれば幸いです。

スポンサーリンク

運用状況

GEを購入したのはNY市場が閉まった2018年6月22日の朝です。

使っているサービスはワンタップバイになります。手数料的には市場が開いている時間の方が安いのですが、大した金額ではないのと趣味みたいなものですので、大して気になりません。

購入金額は3,000円です。私のお小遣いから出せるのはこの程度です。

 

GE購入後の運用状況です。

保有銘柄の中ではPGが圧倒的に足を引っ張っています。本来ならPG、KO、PFEを購入したいところですが、記念買いを優先しました。

来月あたりにお小遣いの余裕があれば、上記銘柄あたりを買うと思います。

 

ちなみにちゃんと配当も貰えます。4月以降の配当状況です。

小銭とはいえ、私は働きもしないのに企業が毎日頑張ってくれて、ちゃんと配当を払ってくれています。

実際、GEは軽い致命傷レベルのダメージを負っていますが、それでも配当を出してくれています。配当を半分でも出す。ここらへんは米国企業の意地を感じます。

 

ちなみにGEのダウ除外は2018年6月26日です。

重要な事が抜けていました。。

マーケットのお仕置きが酷い場合、同じ金額を追加購入する予定です。

ダウ除外の時に結構下がると言われていますが、凡人の私には上がるか下がるかが分かるはずも無いので、どちらでも良いのです。

 

GEを買った理由

買った理由は、楽しみに読んでいるブログの管理人がGEをメインに保有していて面白そうだから、という一点のみです。

儲かる儲からないよりも楽しむための費用みたいなものです。

宝くじを購入した人だけが、当たった妄想を話して楽しめるみたいな感じでしょうか。

 

実際のところ、GEの株価はダウの負け犬を通り越して、ダウのスーパーバタードッグとなっています。

全世界の株が絶好調の2017年を見ても下がり続けています。

5年チャート

1年チャート

チャートはGoogle Financeから使用

ダウから落ちた事で、もしかすると今後ワンタップバイでの購入が出来なくなるかも知れません。そうなった場合、もう少し買うと思います。

将来的な期待値も分からないし、突っ込むのは10,000円までにしたい。そんな銘柄です。MDLZも同様です。

 

ちなみに、チャートやPERなどの指標は全然見ていません。PGやXOMは気になりますが、他のブロガーさんの情報を見るだけで満足しています。

GEにおいては全く見ずに買っています。なぜなら誰も書かないからです。

 

こんな適当運用でも、ちょっとずつ貯まってきているので、将来リタイアした時の旅行代として開花して貰いたいです。

枯れないよう適度に水をやっていきます。まさに盆栽。

 

多分、こんな適当な運用(投機かそれ以下)でも、20年くらい放置して年に一度くらい配当再投資をしておけば、そこそこのリターンは出ると思います。

上位6社全部がGEのように半値とかになっていたら、世界経済が恐ろしい事になっていそうです。

 

2019年7月22日より楽天証券での米国株最低手数料が0.01ドルになりました!

今まで個別で1株単位から米国株をもちたいと思っていた人には超朗報です。

銘柄数もワンタップバイとは比較になりません。

長期運用をするなら楽天証券を考えるのもアリですね。

スマホから申し込みもできるし持っていて損はしません。

公式リンク:楽天証券

 

関連記事です。

盆栽株(ワンタップバイ)に水(お金)をやりました20180513
インデックス投資は退屈です。お小遣いで個別株を買ってます。

盆栽のように株を育てています。

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新しているので、通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました