高配当戦略の苦戦について思うところ

お金と投資

Amazon、Googleに代表されるFANG(ふぁんぐ)銘柄に押され、今一つぱっとしない高配当銘柄です。個人的には余り気にしてないので、思うところを書きます。

今日は高配当戦略についてのお話しです。

スポンサーリンク

高配当戦略とは?

私個人の場合は、「株式投資の未来」でシーゲル教授が唱えているD-I-V戦略を出来る範囲で実践しています。

・Dividend(配当)
・International(国際)
・Valuation(バリュエーション)

を軸に据えた戦略です。

過去の歴史を紐解くと、これらを備えた銘柄群が成長株等に比べるとリターンが良かったとの事です。

 

最近、Vであるバリュエーションが軒並み高かった事もあり、リターンはぱっとしていません。それどころか、シーゲル派と呼ばれる人達が大好きなPGやXOM辺りはシーゲル教授に魅了された投資家の落胆させるに十分すぎる下落を披露しています。

 

個人的にあまり心配していない理由

各高配当銘柄の配当余力は十分にあり、国際的展開や圧倒的ブランド力は健在なので心配はしていません。

ダウ銘柄から除外されたGEという例外はあるにしろ、個人的にここら辺の銘柄を分産して保有していれば軒並み全滅とかは心配する必要はないと思っています。

むしろP&Gやコカ・コーラといった二社くらいが倒産する時は、大不況で私の生活自体が成り立っていないかと。。

 

リーマンショック前に買った生活必需品ETF(KXI)にしても、そんなにリターンが悪い気もしていません。P&Gなどは、今後も世界的ブランドであり続けながら、配当を繰り出し、成長を続けると思っています。

P&Gなんてエリート中のエリートの集まりですからね。私なんかが自分で考えて投資するより、PG株を買って放置している方が結果的には高いリターンをもたらす事でしょう。

ちょっと前のネット上では、PGの株価が高いし70ドル付近まで落ちてこないかなぁ、みたいな事が書かれているのをいくつか見ていました。

見事にその領域に落ちてきてくれているので、高配当民歓喜で買い漁るかと思いきや喜んでいる書き込みが見当たりません。

 

市場平均(S&P500)に負けるからこそ有効な戦略

グリーンブラッド氏の「魔法の公式」によるバリュー株投資では、ざっくりいうと基本的には市場に負けている事は度々ある。だが、市場に負ける事があるからこそ、この方法は有効である。と書かれています。

この部分に個人的には惹かれています。皆が諦めている時にゆっくり買っていくなり放置していれば、結果的としてリターンはついてくる、という所でしょう。何度も例に出して申し訳ないですが、P&Gがこの株価に降りてきてくれているのに喜ぶ声が少ないのです。

 

自分の才覚を全く信用していない私は、ほとんどチャートどころか株価も見ないのですが、久しぶりに「PG 株価」で検索をして確認しました。

皆、喜んで買いそうな数値っぽいんですが。。PGホルダースレがあったら見てみたいです。ネットでPG保有民を色々探してみたいと思います。(追記にて買った人いました。)

高配当戦略をとる場合、海外ETFを使う必要がありましたが、最近はVYM投信が出たこともあり、配当金は円転してこれを買い付けるだけで十分な気もしています。

 

シーゲル教授も100%D-I-V戦略全力でいくのじゃ、とは言っていなかったので、半分はHDV等の高配当、半分はVT等の株式世界分散で十分と思っています。私の目的は利回りでなく、貯蓄額なのです。

 

まとめ

  • 最近の高配当戦略はFANG銘柄に負けっぱなし
  • 高かったV(バリュエーション)が手を出しやすいところにきている
  • 市場平均に負けるからこそ輝く戦略
  • P&Gの下落が大きいけど心配するより皆が待ってた買い時では?

悲観的になり過ぎるほどでもないし、個人的には本家VTもあるしVTI投信もあるので、正直どっちに転んでも良い状況だったりもします。暴落用にキャッシュもあるので、上がっても下がってもどっちでも良い状況でもあります。

大きすぎるリセッションが来て世界大不況→リストラは避けたいですけどね。

今なお輝きを放つ一冊です。ウォール街のランダムウォーカー、敗者のゲームと合わせて3大経典の一つです。

意外と高いので図書館で借りるのが良いでしょう。読むと必ず高配当戦略をしたくなります。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする