カードのポイントを使うなんて勿体ない。楽天証券で未来に投資を。

資産形成 お金と投資

クレジットカードでのポイントって、結構な無駄遣いだと思っています。うまく貯めている人ほど有効利用を超えて仕方なく使うケースがあると思います。私もそうです。

記事内容はざっくり書くと、ポイントをお金と考えるなら、消費・浪費に使うのではなく、投資に使いましょうという内容です。そして効果も大きいです。

ポイントは正義!です。

現金同様の使い方も出来て、うまく使えばポイント長者となってちょっとした贅沢も出来ます。

生活する上で必要な支出をカード払いにする事でポイントを得られるのはお得以外の何物でもありません。

ただ「有効利用できているか」というと勿体ないなぁ、と思う事もあります。

いっその事、カードのポイント関係は楽天にまとめて、ポイントの消費でなく未来に投資をした方が長い目で見るとお得な事になります。

スポンサーリンク

ポイント無駄にしていませんか?

ネットをされている方が中心だと思いますので、基本的にはクレジットカードも持っていて、用途に応じて一番お得な使い方やポイントの利用をされていると思います。

多分、私なんかよりも詳しい人の方が多いと思います。現在、私のメインは楽天カードとAmazonゴールドカードです。Amazonゴールドカードを解約してプライム会員は自腹で入って楽天一本化に変更してしまう勢いです。

で、本題なのですが…

手に入れたポイントって何に使っていますか?

生活消耗品の購入時にポイント利用。旅行の際に消費。色々あると思います。

でも、基本的に消費に使っている方が大半だと思うのです。今日の話はちょっとした提案です。

 

せっかくなので楽天ポイントに変えて長期投資をしてみましょう

楽天というだけで嫌がる人も多いと思います。たぶん、同じ年代の人は多いかと。。

基本的に私もAmazonに依存しまくりの生活をしており、楽天に見向きもしなかったのですが、いつの間にか楽天ポイントで100ポイント以上1ポイント単位で投資信託が購入できるようになりました。

せっかくなのでお試ししたところ、かなり使いやすいです。しかもマイナスも痛くない。どうせ楽天ポイントなので。

投資の場合、損失に対しての痛みは儲けの倍、というのが定説です。プロスペクト理論がなんちゃらかんたらです。

ポイントの場合、この痛みを軽減、人によっては無痛という状態まで持っていく事が出来ます。

これが出来るという事は、株式投資の本質である永久に保有するという最終領域に到達がしやすくなります。どれくらいの効果があるか、皮算用をしてみます。

ちなみにAmazon依存は変わることなくヘビーユースしてます。
日常の便利さはAmazonに頼りつつ、クレジットカード利用で得たポイント部分は楽天証券を使って将来の為に利用するというスタイルです。
楽天市場は、ふるさと納税の時くらいしか使っていません。。

 

投資信託で得られる未来(保証は出来ません。)

我が家の場合、電気代、ガス代、通信費その他諸々を合わせて月20,000~30,000円を利用しています。とりあえず私の場合、年間300,000円の1%で年間3000ポイントくらいの楽天ポイントが貯まっています。

たった年間3,000円の投資ですら、忘れた頃の老後には結構な金額に育っています。200年の株式の歴史で平均的なリターン6.7%の利回りを得られたとすると40年後には約40,000円になっています。株式のリターンはインフレも考慮した数値です。

孫が出来たとするとお年玉とお小遣いくらいは用意が出来そうです。そうでない場合、妻と年一回の贅沢な外食かちょっとした旅行は出来そうです。数年分用意しておけば、海外旅行も行けそうです。

 

人によっては、数万ポイントのレベルで貯まっている人もいるかと思います。(数万レベルの人がやったら凄い金額になりそうです。。)

貯めたポイントを消費ではなく未来に投資をしよう、というのが本日の趣旨です。

どれくらいのお得なのかを私の持っている高還元カードと楽天カードを例にして概算で出します。※高還元は生活関係全部入れの平均で2%に設定しています。

 

年間カード利用額300,000円

高還元カード2%の場合、6,000円相当のポイント

楽天カード1%の場合、3,000円相当のポイント

その差、実に3,000円。中々に無視できません。

ですが、差額の3,000円を節約の為に利用して、投資へ回している人がどれだけいるでしょうか。

大半の人がポイントということで消費に回っていると思います。かくいう私もそうでした。。あとは失効している人もいるかも。

当たり前ですが、2%ポイントの現在価値(6,000円)で受け取るか、現在価値を1%ポイントで受け取り投資信託に変換して将来価値(40,000円)で受け取るかの選択です。

高還元ポイントを生活費に回して余ったものを1円でも投資するのが最高ですが、それには強靭な精神力が必要です。私は無理です。楽な方に流れてしまいます。

生活費に困るほどではないので、無理して消費に回したりちょっとした贅沢を生活に足すよりも、将来にそこそこ楽しみが出来る投資が良いのか、と思い、毎月セコセコと楽天ポイントだけを毎月手動で投信買い付けをしています。

スポンサーリンク

実際にそんなに利回りを期待できるのか?

関連記事を2つ用意しました。

月3,000円でも、それなりの数値を出している事を記事内で書いています。

月1,000円、月3,000円の少額投資にも意味はある。大きな意味がある。
長期投資での3,000円は大いにものをいいます。

アメリカのS&P500指数の実質リターンを手打ちしてPDF化しています。20年保有で元本割れは無い事と、それ以上長期で保有すれば全員ハッピーな事が分かる図になっています。

投資信託を購入するならeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を買っておけば、報われる可能性が高いでしょう。これが報われない場合、リアル北斗の拳の世界が待っている可能性があります。

S&P500の長期【実質リターン】をPDFで公開します。30年、40年、50年、60年も簡単に見れます。
常日頃、平均リターンではなく実質リターンを確認すべしと言っているので自作したものをPDFで公開します
重要な事は、ポイントなので多少の損失は気にせず長期で保有しやすい事。投資の事なんて忘れてるくらいで丁度良いのです。その方が良い結果が多いです。

 

あなたがする事

  1. 楽天カードを作る(持ってれば不要)
  2. 楽天証券の口座を開設(持ってれば不要)
  3. 電気、ガス、通信費あたりを楽天カード利用に切り替える
  4. 100ポイント以上貯まったらeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を買う

たったこれだけです。

投資信託は好みのものでも構いませんが、悩むくらいなら王道中の王道、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)で良いと思います。これより良い結果を出せるものは半分もないと思います。平均点で十分です。

まとめ

  • クレジットカードで貯まるポイントは無為な消費になりがち
  • それを切り捨てて楽天ポイントに変えて未来への投資する
  • 結果としては目先のポイントよりも将来の株式価値を取る方が有利と私は考える

マイル貯めてる人とか、もっと有効な利用をしている人は当てはまりません。マイルもやってみたいとは思うのですが。。

 

関連記事です。

楽天ポイントでの投資信託の購入方法(画像9枚・短文)【超簡単】
画像の通りすれば2分で出来ます。

楽天ポイントでの買い方は超簡単です。楽天ポイントと楽天証券の口座がある方はお試しください。記事通りすれば1分で購入が出来ます。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする