※記事内に商品プロモーションを含むことがあります

今年は沖縄旅行するけど費用が怖い→調べてみた結果

お金と投資
↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

今年は夏休みに沖縄旅行を計画しています。

久しぶりの家族旅行なのでお金どんだけ用意すれば良いんや、と不安になったのでちょっと調べてみました。

今日はちょっと雑談ですが、もし良かったらお付き合いください。

※わりと人の懐事情とか好きなので、同じようなブログがあったら読みたいですw

スポンサーリンク

今年は沖縄旅行するけど費用が怖い

子供と初めて沖縄に行ったときの空からの写真

今回の旅行での予算は決めていないんですが、とりあえず副業で貯めに貯めまくったヘソクリ20万円を全放出する予定です。

足りない分は家計から出して貰おうかな、と。30万円くらいなら何とかなりそう。40万円は許可が出ないかなぁ、という予想。

我が家は妻と子供の3人家族。

とはいえ、子供も普通に飛行機代が必要ですし、今回の旅はそこそこお金を用意しておいたほうが良さそうな予感。

寝相が悪くセミダブルでの添い寝では、旅行の疲れも取れないので3ベッド相当の宿も必要。調べる前から脳みそが痺れます。

 

ちなみに子供は過去2回沖縄に行ってるものの、小さくて記憶が無いので、今回の旅行を超楽しみにしてくれています。

毎日、沖縄楽しみー、と言ってくれるのでパパは多少投資を犠牲にしても頑張るつもり。

 

余談ですが、Amazonフォトが旅行の写真全部残してくれてるので大活躍でした。プライム会員は無料で写真は無制限なので子供いる人はおすすめです。

>>プライム会員30日間無料

 

旅の目的は熱帯魚を見ること

うちの子供はまだ泳げないので、シュノーケリングができるか不明ですが、海でキレイな魚を見てみたい、とのこと。

ライフジャケット着ているから溺れないと伝えても本人が怖がる可能性もあるので、浅瀬で魚が見れるようなスポットがあれば良いのですが。。

最悪はグラスボートがあるけど、船酔いも心配だし、ここらへんは日が近づいたらTwitterで賢人たちにいろいろ教えて貰います。

繁忙期なので予算的に一人8,000円を見ておけば大丈夫なはず。

 

あとは食べ歩きをしたり美ら海水族館に行ったり

小さい頃にいったとき、沖縄そばを気に入ったようで、ほぼ毎日食べてた話をしたら、絶対に食べたい、とのこと。

他には何やらYouTubeを見て行きたい場所などを調べているようです。

天気が分からないので雨のときは美ら海水族館にも行こうかと。こちらも実は過去に行ってるのですが、自分の過去の写真を見ながら興味深々でした。

個人的にこういった時間も含めて旅行と思うのが一番幸福感高いんじゃないかな、と今回感じた次第です。

なので、毎年は無理ですが、3年に一度レベルで飛行機に乗って大きな旅行を計画したいな、とも。

 

では、かかる費用等を見ていきましょう。

 

結論|リゾートホテルは予算的に無理、ファミリークラスで何とかなりそう

関西の空港から那覇まで飛行機、現地でレンタカーを借りて、ホテルまでのセット。一応、大人3人での設定。

個別で調べていけばもうちょっと安くなるとは思います。

まずはTwitterで良さげに見ていたルネッサンスリゾートオキナワを調べてみました。

ホテル内で全てが完結するリゾート、かつ子供が喜ぶアクティビティ完備。親としても楽ができるし、夜はゆっくりビールも飲めそう。

で、お値段はこちら。

638,400円。。。

はい終了。

ボーナス全額出しても手が出ません。

 

さすがに良いホテルは難しそうなので、少しお安いリゾートホテルなどを。

アラマハイナ コンドホテル

430,200円。。

無理すれば出せない金額じゃないけどシュノーケリング、美ら海水族館、海水浴、食事代やら他にかかる費用もあるので、こちらも残念。パパが低収入でゴメンな。。

世の中のサラリーマン家庭は毎年このレベルの旅行代を出してるんだろうか。

 

まぁ、無いものは仕方ないので、徐々行けそうな値段を探していきます。

目的はリゾートホテルでなくキレイな海で魚を見ること。

たぶん、子供は遊び疲れて寝るので、良いホテルに泊まってもビジネスホテルに泊まっても変わらないはず。本チャンの目的で満足して貰えるよう頑張ります。

 

ファミリー向けのお値段のホテルが出てきました。

ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ

324,000円なり。

これだとアクティビティと食事代入れても40万円で収まりそうな予感。

ホテルのHPを見てみるとプールだけじゃなく温泉もある模様。なかなか良いなぁ、と思ってたら何となく行ったことある記憶が。。

メールを検索したら前回泊まったホテルでした。

まだ添い寝できる時期だったなぁ、と思いながら、前回の費用を調べようとしたら、2021年までしか見れませんでした。残念。

ホテルでシュノーケリングのアクティビティも申し込めるし、迷ったらここで良い気もします。そういえばノートPC持って行ってブログ書いてたのも思い出しました。

美ら海水族館も近いし、一番候補にしておきます。

 

とはいえ、お金は有限だし、もう少し安い宿を探してみます。

KARIYUSHI LCH RESORT

239,100円。

おぉ、これなら予算的にいける。

ちょっと部屋が狭いけど、ベッドをくっ付けたら3人で寝ることも可能なはず。シャワーのみで温泉などは無し。まぁ、夏だし十分と言えば十分。

ビーチとプールはあるし、ホテルからシュノーケリング等のアクティビティも申し込めるので、予算的に厳しかったらこのクラスになりそう。

 

そういえば那覇市内のビジネスホテルだともう少しお安いのでしょうか。

こちらも調べてみました。

西鉄リゾートイン那覇

240,800円なり。

KARIYUSHIとあまり変わらない金額となりました。まぁ、航空券、レンタカー込みなので、ここらへんが下限なのかも知れません。

 

何となくですが25万~30万円あたりを探しておけば、ヘソクリと家計を取り崩すして沖縄旅行が見ええてきました。

実際には夏のボーナスもあるし、妻と子の要望を取り入れながら決めて貰う予定です。(何だかんだで妻が泊まりたい宿に行けるよう頑張りたい。。)

 

さて、一安心したところで、次に思ったことなど。

 

子供と旅行できるのは幸せなこと。たぶんお金より大切

毎年40万円級の出費となると生活大変ですが、数年に一度くらいなら我が家の家計でも何とかなりそうです。

子供が旅行を喜ぶようになったのは最近なので、頑張って思い出を作りたいなぁ、とも。(ばあばの家に泊まりに行ったり、従兄弟が来る家族旅行なら喜ぶのですが、家族3人は乗り気でな無かったので。)

60歳になって資産が増えたときに、子供が無邪気に沖縄楽しみやわーー、と毎日言ってくれるワケがないし、その年齢になったとき、老後にお金があっても子供との思い出なかったほうが悔やむこと多そうですしね。

なので、我が家なりの家計のなかから、できる範囲で色んなところに旅行する機会を作っていきたいです。

 

ちなみに、次は台湾に行きたいと言っています。

頑張ってお金貯めるので3年後かな?

それまでは国内・レンタカーで行ける範囲を楽しみます。

 

スミマセン。さらに余談が続きます。

 

余談|NISAを埋め終わったら配当は全部贅沢に使って良いと思う

管理人の予定だとNISAが埋まるのは7.5年かかるのですが、うまくいってETFにあまり手を付けなければ年間10~20万円くらいの配当金が入ってきます。

インデックス投資家たるもの配当再投資しないのはアホの極みかもなのですが、老後資金はNISAで何とかなるだろうし、毎年旅行などに使っていって良いのかな、と。

7.5年後となると子供も思春期入って一緒に行ってくれないかも知れないので、それまでに毎年旅行に行けるよう、もちろん本業、副業も頑張りますけど。。

 

ただ、副業がポシャっても、今の資産状況だと7.5年でNISAを埋めることはできそうです。

なので、NISAの埋まり具合、資産の残り具合を見ながら、余裕を作って旅行くらいは何んとかなるんじゃないかな、とも。

もしくは配当なんか年20万円くらいなので、NISAが7.5年✕20万円=150万円と考えると、今までの老後資産のキャッシュを取り崩すのも問題無さそう。(老後に150万円で家族との思い出は買えない理論。)

 

うまくバランスを見ながら家族との時間も作っていきたいと、今回の旅行話になって改めて思いました。

そんな意味でも、資産の棚卸や、マイルストーンを用意してみるのは、どの家庭でも良いかも知れませんね。

私の場合は、大したことはしてなくて、資産がどれくらいあって、これを売れば何とかなるな、レベルですが、それでも効果はあった気がします。

関連記事【備忘録】新NISAを埋めるために売れる資産の棚卸2024年1月末

※リンクは新しいタブで開きます

 

ここらへんは管理人が寿命近づいてたり、子供できたの遅かったりと他の家とは違いがありそうですけどね。

とはいえ、幸せになるために資産形成してきたはずなので、今できる行動は元気なうちにやっておきたいところ。(年金支給も遅くなりそうだし、資産足りなければ少し長めに働けばええやろ、と雑な考えでもあります。)

 

というワケで長くなってきたのでそろそろ終わります。

 

おわりに|調べた結果なんとかなりそう

子供と初めて行った石垣島の写真

NISA埋めることに頭が優先されてしまっていましたが、何だかんだで幸せのために資産形成しているのを忘れてはいけませんね。

読者様の家庭ではうまくバランスが取れているのだと思いますが、ここらへん、管理人はヘタクソなので、しっかり意識していこうと思います。

とりあえず今回の沖縄旅行はヘソクリと生活費、最悪ボーナス使えば何とかなりそうなのが分かりました。

 

来年以降も、年20万円くらいは旅行に使えるよう、バランス取るか、副業死ぬほど頑張るかしながら、色んな遣り繰りをしていきたいですね。

あとは国内旅行しつつ、次の台湾旅行に向けて貯金を頑張っていきます。

 

というワケで今日は沖縄旅行するけど費用が怖い→調べてみた結果というお話でした。

楽天トラベル、わりと使いやすいので、応援バナーの下にリンクあるので、良かったらお使いください。(5と0の付く日はダイアモンド会員はさらに割引が出る宿もけっこうあります。)

 

生きるために資産形成もしなきゃいけませんが、ヨボヨボになったときにお金だけあっても悲しいので、うまいことバランスが大切。

なかなか難しいことも多いでしょうが、ともに頑張っていきましょうね。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

毎年海外旅行とか絶対無理ーー、という読者様からの応援ポチをお待ちしております。管理人と旨い酒が飲めそうですw

 

>>楽天トラベル

出張多い人は楽天ポイント貯まるので羨ましいですね。昔はサイト使いにくかったのに、今はサクサク動いて使いやすくなりました。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました