【早くFIREしたいが…】60歳の8割、70歳の半数が働く現実

お金と投資
↓良ければ応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

皆さん、何歳くらいからリタイアしたいとかありますか?

私は60歳には仕事から離れて悠々自適に過ごしたいです。

しかし現実は厳しそうで、参考になるネット記事を見たのでシェアしていきたいと思います。

記事は現代さん。

外部リンク“60歳の8割、70歳の半数が働く”現実…国は何を考えているのか

※リンクは新しいタブで開きます

 

では、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

【早くFIREしたいが…】60歳の8割、70歳の半数が働く現実

記事によると60歳の約8割、70歳の約半数が働いているようです。

え、70歳になっても半数が働くとかしんどすぎませんか?

うーん、でも管理人の父親も義父も70を超えて細々ではありますが働いているので、現実はこんなものなのかも知れません。

 

2025年4月からはすべての企業で65歳定年が義務化されます。

まだ努力義務ですが70歳までの高年齢者就業確保措置も、そのうち70歳定年になっていきそうな感じでしょうか。

今は70歳まで業務委託が多いけど定年を70歳、その後75歳までは業務委託とかいう未来がやってくるかも。。

 

なぜ定年が伸びてきているかというと年金制度の維持です。

 

国は70歳まで働かせたい

少子高齢化によって払う年金は増えるし、年金を払ってくれる若者は右肩下がり。

解決する方法としては老人に働いてもらい、年金の担い手になってもらうのが手っ取り早い解決ではありますね。

70歳まで働いてくれて寿命が80歳だと年金支払いも10年で済むし、働いてるほうが健康で医療費抑制につながる気もします。

 

国民側も働かないと食べていけない老後が増えている事実もあるでしょう。

まぁ国の怠慢や、少子化対策ができず国民にしわ寄せを押し付けたからでもありますけど。

 

なぜ長く働くのか?

なぜ高齢になっても働き続ける老人が増えたかというと、中高年の賃金低下や退職金の減少があります。

そこに年金支給年齢の引き上げ+給付引き下げが進みました。

私たちが老後になることには年金70歳、給付は今の80%とか言われてもおかしくないわけで。。そうなると当然食べるために働かなきゃいけませんよね。

これを逃れるには若いときから計画的に資産形成をしていないと無理じゃないでしょうか。だからこそ、つみたてNISAやiDeCoといった制度を拡充しているんだな、と。

 

労働から逃れられないが楽になる方法はある

定年も年金も先延ばしの未来が待っていそうですが、労働から逃れるのは無理として、少しは楽に働くとかはできそうですね。

記事ではそういった趣旨の本が紹介されていました。

 

残念ながら定年後に日本を救う「小さな仕事」は書かれていなかったのですが、管理人も似たようなことは思います。

それは金融資産をある程度準備して、それを少しずつ取り崩しながら、精神的負担の少ない仕事をすることかな、と。

管理人だと配当+今の副業をして年金まで生き延びれば良い、とかありますね。生活厳しいときは資産取り崩しも使えますし。

ここまでいけたらサイドFIRE(軽く働きながらリタイア)でしょうか。私にはまだまだ先ですけどね。

 

もちろん副業で無くてもパートタイマーもあり。

ポイントとしてはダウンサイジングならぬ意識ダウンが必要かも。現役時代より待遇が悪くなったり、若い人の指示で働くのを許容できる人、できない人がいるでしょうし。

管理人はプライドとか全くなくて、仕事をしてお金を頂ければ十分ですし、キチンと指揮命令系統ができてるほうが嬉しかったりします。

 

結婚をしていれば、自分が月5万、パートナーも月5万円だけ働き、残りは資産取り崩しで生活できる家庭もありそうですね。

資産を残しておきたかったら月10万円ずつ働けば、投資に回すお金とか子育て費用の心配がなければ何とかなりそうですし。

管理人は老後だけじゃなく、いつでもこんな緩い環境に移れば良いや、と思っているので気楽に仕事ができている感があります。

もしかすると厚生年金×2人なので今より良いかも。。

 

苦にならない労働を見つけておくことが重要かも

管理人は恥ずかしながら20代、30代は仕事ホントに嫌だったんですよね。嫌というかつらかった。

ただ、最近になって働いてるのも悪くないかも、と思うことが増えてきました。

妻も子供も何だかんだで働いていることに感謝とかしれくれますし、家でダラダラしてるよりは健康を維持できそうです。(少しの間セミリタイアしていたんですが後半はやはりダラダラする生活になっていました。。)

ななし
ななし

家族からの感謝以上のモチベーションは無いと思っています。

 

個人的にはめちゃくちゃ贅沢をしたいワケじゃなく、慎ましい生活ができれば十分です。

また、働くのが嫌いなのではなく、理不尽過ぎる労働が嫌いなだけだったりします。バブル崩壊後、給料に対して求めるレベル上げ過ぎじゃない?と思うことは山のようにありましたし。。

なので、そんな稼げるわけじゃないけど、働くのが嫌じゃない仕事を老後までに見つけたいな、と思う次第です。

これがあると老後楽になりそうなんですけどね。皆さま、どうでしょうか?

 

おわりに|60歳くらいにFIREじゃないけど引退できるよう頑張っていきたい

blank

記事でもあった通り、私たちの労働期間はどんどん伸びてきています。

これは少子高齢化の中では仕方ないですね。

しかし資産形成をしつつ、少し楽な老後を作っていくのは何とかなる人は多いでしょう。

管理人だと61歳から配当+副業とか。

これで年金貰えるまで粘りたい。

 

というワケで、ずっと頑張って老後も働くとかは地獄過ぎるので、ゆるく嫌じゃない仕事をしながら楽しい老後を過ごせるように資産形成を一緒に頑張っていけると嬉しいです。(もちろん一気に貯めて引退できる人はそちらを。)

ともにコツコツ頑張りましょうね。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ワイは明日からでもFIREしたいんや、という読者様からの応援ポチをお待ちしております。管理人は調子に乗ると会社から即FIREされそう。。

 

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました