老後資産が3000万円を超えました【祝アッパーマス?】

お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コロナショック以降、株式がバグったままで資産の増え方が大きくなった気がします。

総資産が増えてこともあります。昔は100万円増やすのに1年以上かかっていたのが数ヶ月くらいで増えているような状況です。

コロナショック後に大きく投資を始めた人は大きく資産を増やしたことでしょう。

反対に乗り遅れたという人もいて、そういった人たちはリスクを取り過ぎている状態だったりするかも知れません。

 

さて、管理人はというと暴落が来たら資産の半分は必ず被弾し、暴騰があっても資産の半分しか乗り切れないという情けないチキンポートフォリオだったりします。

しかし、コツコツと積み上げていたこともあり半分であっても資産はけっこう増えました。

ざっくりいうと3000万円くらいです。

 

ただまっすぐ右肩上がりに増えたかというと違います。

山あり谷ありでした。せっかくなので昔からの資産の増え方なども含めて記事で見ていきましょう。

もしかすると参考になる人がいるかも知れません。

スポンサーリンク

老後資産が3000万円を超えました【祝アッパーマス?】

では、現在の資産から。

blank

楽天証券と楽天銀行のお金20210824時点

blank

住信SBIネット銀行の定期預金

  • 楽天証券 17,385,109円
  • 楽天銀行 3,783,301円
  • 住信SBIネット銀行 11,043,079円

合計32,221,489円

SBIネット銀行の金額が若干生活防衛費の一部とか含んでそうですが、まぁ3000万円は超えているはず。ざっくりですが備忘録なので。

 

上述した通り、資産の増え方は右肩上がりではありませんでした。入金しつつですが下がった時期もあります。

もちろんこれからもあるはず。。

ただ、今はお金を取り崩す時期ではないのでコツコツ資産を買うのを続けようと思います。

 

では、過去の推移も含めて見ていきましょう。

 

投資を始めてから今までログを取ってきた資産の推移

blank

画像で見るとあっさりですね。

けっこう苦労したんだけどなぁ。。

2013年あたりからは横ばいで、2017年あたりから異様に増えました。2倍近くになった感じですかね。

 

テキストの方が伝わりやすいかも。

年月金額
2007年12月¥3,768,047
2008年12月¥1,482,868
2009年12月¥4,543,010
2010年10月¥6,145,876
2011年12月¥7,722,883
2012年12月¥10,983,498
2013年12月¥14,525,725
2014年12月¥14,853,411
2015年11月¥15,223,236
2016年11月¥14,557,943
2017年12月¥16,781,232
2018年12月¥17,519,171
2019年12月¥21,004,690
2020年12月¥24,655,732
2021年8月¥32,221,489

リーマンショックは数字で見ても痺れますね。。副業収入と株価の両方がバグった結果、えっと、8ヶ月で750万円くらい増えてる。。

ちなみに本業は貯金する余裕も少なく、なんとか年40万をつみたてNISAに回すだけで精一杯だったりします。

資本主義すげーーー

 

ちなみに2020年までの年度ごとで振り返りをしています。

良ければ過去記事をどうぞ。

関連記事私の老後資産2000万円まで貯めた道程【年度ごとに振り返りました】

※リンクは新しいタブで開きます

 

資産が爆増した理由を振り返っておきます。

 

資産が爆増した理由は3つある。株価暴騰に乗れたこと。リスク資産が1000万円を超えたこと。貯まる時期に入ったこと。

blank

資産が暴騰した理由は3つくらいありそうです。

具体的には下記。

  • 株価暴騰に乗れた
  • リスク資産が1000万円を超えた
  • 貯まる時期に入ったこと

この3つが大きいかな、と。

一つずつ思ったことを書いてみます。

 

コロナ後の株価暴騰に乗れた

これは皆さん経験していると思うんですが、相場がめちゃんこ良過ぎますね。

株を持っているだけでお金増えちゃう。

良過ぎる時代を普通に思わないように気を付けたいところ。大きい調整がきて、数年レベルで3000万円を割り込むこともありそうです。

上がり続けたら下がり続けるのも道理ですから。

 

リスク資産の総額が昔より増えたから

リスク資産半分、無リスク資産半分という資産形成のスピードが遅いポートフォリオですが、何だかんだでリスク資産部分も増えてきました。

リスク資産が1000万円を超えたあたりから金額の伸びが大きく実感できるようになりました。

100万円が20%増えても20万円ですが、1000万円だと200万円なわけで、我が家の年間投資額の5倍だったりします。(つみたてNISA40万円×5年分=200万円)

 

そう考えるとリスク資産が大きくなったところに、うまく暴騰が重なったのが要因なのかな、と。

老後資産が2000万円を超えたのがコロナショック前の2019年12月終わりです。そこから2年経たずに1000万円増えているので雪だるまの大きくなるスピードが怖くなってきてます。

 

あと、地味に家の事情などもあります。

 

お金が貯まる時期に入った

もう一度資産推移を見てみます。

blank

2014年から2017年あたりは資産がほとんど伸びていません。

相場がどうだったか覚えていませんが、結婚して子供も小さく、何だかんだでお金がかかった気がします。

今も子育てでお金はかかるものの、若干余裕が出てきましたね。当時より年収は減っているし、投資に回せるお金も減ったけど、実際に資産も増えています。

 

投資をしていると株式リターンだけでお金を増やそうとか考えちゃうんですが、実際には株式だけで増えるよりも家庭環境とかも大きいと思うんですよね。

結婚して子供できるまで正社員二人で共働きだったらガンガン貯まるでしょうし。

うちは子育てや親族との付き合いでかかる費用も減ったタイミングで、うまいこと副業も順調でした。なにより妻も子供も健康でいてくれたことが大きいかな、と。

またしばらくすると、子供にお金かかる時期がくると思うので、何とかつみたてNISAの金額はキープしつつ、次の暴騰期までコツコツ続けていきたいです。

今は人生のなかでお金の稲妻が輝く瞬間なんだろうな、と。

おわりに|老後資産3000万円でアッパーマスになったけどコツコツ4000万円を目指したい

一足飛びで行く男の子

株価暴騰と副業バグのおかげで資産が爆上がりしました。しかしバブルはいつか弾けるので浮かれ過ぎないようコツコツと小さな投資を続けていこうと思います。

感じ的には4000万円くらい用意できれば老後も安心かな、と。50代くらいには何とかクリアしておきたい。

余裕を見て5000万円くらいまでいけば労働を無理しなくても副業+妻パートみたいな感じでも家計は回りそうな気もしています。

 

そうなるまで本業をしっかり頑張りつつ、副業もしつつ、コツコツ投資を続けるのが一番ですね。どれか一本が倒れても、他の二本が助けてくれるかもですし。

今回は管理人の資産という話でしたが、読者様の環境でも資産が爆増するタイミングというのは必ずあります。そのとき逃さないようしっかり資産形成していきたいですね。

もちろん大変な時期もあるかもですが一緒に頑張っていきましょうね。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

関連記事です。

私の老後資産2000万円まで貯めた道程【年度ごとに振り返りました】

記事中でも紹介したのですが、年度ごとに資産推移を振り返っています。当サイトでは珍しい記事ではないでしょうか。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました