【秀逸】世界一分かりやすい株式リターン7%の図

お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

皆さん、株式投資のリターンでどれくらいで考えていますか?

S&P500に投資していると7%くらい?

管理人はネガティブな性格もあり3~4%をイメージしていたりします。

 

当サイト(氷河期ブログ)では何度か書いているのですが、強気相場が長かった分、その修正はどこかでくる。それは投資家は長期低迷を受ける必要があると考えています。

さて、ネットを彷徨っていると超絶分かりやすい株式リターンの説明があったので記事にて紹介しようと思います。

スポンサーリンク

【秀逸】世界一分かりやすい株式リターン7%の図

blank

頭の良い人は説明するのも上手いなぁ、と感じた記事はこちら。

外部リンク【FIRE】セミリタイアして本当に大丈夫?インデックスの平均リターンに関する注意点を考察!

※リンクは新しいタブで開きます

ブログ村でも人気の東大バフェットさん(@utbuffett)の記事です。

 

投資初心者あるあるですが、

平均〇%で回るから30年後には□□万円

という失敗パターンがあります。

まぁ、昔の私なんですけど。

 

株式は値動きがあるので幾何平均で計算しないといけなくて、私たちが良く目にするような算術平均より数字が小さくなるんですね。

もし良ければ、たまに紹介している当サイトの記事も読んでくださると嬉しいです。

関連記事【リスクはリターンを蝕む】株式投資で複利リターン6%は期待し過ぎの可能性大!

※リンクは新しいタブで開きます

 

動画だとかず先生のYouTubeが分かりやすいです。

外部リンク「算術利回りと幾何利回りの違い」「インデックス投資で複利でウハウハ?ほんまに?」「みんなが想像しているほどリスク商品は複利は効かない」

 

話を戻します。

私なんかは超長期の平均リターンが7%だとすると、今までは強気相場が続いたので悲観的に見積もろう、なんて伝わりにくい日本語力しかありません。

さて、東大バフェットさんの天才的画像を見てみましょう。

 

まずはこちら。

blank

参考までに投資商品はVTIを想定しているようですが、まぁざっくり上記に近いリターンだったので分かりやすいですね。

記事では超強気相場でFIREした人が今までのリターンを想定してて大丈夫か?というもの。

これは危なそうですね。。

 

さらに分かりやすく書かれたのがこちら。

blank

これです!

天才的です。

この画像見たあと、皆さん2023~2026年はどんな予想リターンになると思います?

 

まぁ、株価は誰にも分からないし、過去のリターンが未来を決めるものでもないんですけどね。分かってるんだったら信用売りしたら誰でも儲かるので。

 

敗者のゲームでは米国株は20年周期で受難の時代と幸福の時代を繰り返してきたと書かれていました。

最近だと周期が早まったのか10年単位な気もします。

実際にリーマンショック前は米国株だけに投資したいなんて人は2ちゃんねるでもシーゲル派の一部の人だけでしたし。。

 

というワケで今日は短いのですがこのへんで。

私はネガティブなので、コツコツと投資を続けながらキャッシュも準備しておきます。

悲観的になるようなリターンが続いたとしても、そこで株数を貯めておくのが次の暴騰期でのアクセルになりますしね。

ちょっと大変な時期がくるかもですが、長期投資とはそんなものですし、焦らず一緒に頑張っていきましょうね。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

関連記事です。

【リスクはリターンを蝕む】株式投資で複利リターン6%は期待し過ぎの可能性大!

記事上でも紹介しましたが幾何平均は算術平均よりも低くなります。もしかすると複利6.7%というのは高く見積もり過ぎなのかも知れませんね。

 

動画はこちらをご覧ください。(かず先生のだけど勝手に紹介してます。)

「算術利回りと幾何利回りの違い」「インデックス投資で複利でウハウハ?ほんまに?」「みんなが想像しているほどリスク商品は複利は効かない」

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました