キャピタルゲイン課税のあと、株価はどうなるのか?

お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

週末にかけてアメリカのバイデン大統領が富裕層に対し、キャピタルゲイン課税を引き上げるというニュースが株クラを中心に駆け回りました。

バイデン米大統領は富裕層に対するキャピタルゲイン税の税率を39.6%と、現行のほぼ2倍に引き上げることを提案する見通しだ。長年の格差解消を目指した一連の社会的支出の財源にするのが目的。

出典:米大統領が富裕層キャピタルゲイン増税提案へ、2倍に

 

株も仮想通貨も駄々下がりでマーケットを気にしたのか、最終地点は39.6%ではなくて28%くらいになる、というニュースも飛び込んできていますね。

 

結果として今朝時点では株価は急速回復している様子。

 

今は情報が錯綜しまくっている状況なんですかね。法案は調整中で4/28に発表されるようです。しばらくは荒れた相場が続くのかも知れません。

ホワイトハウスのサキ報道官はこの日の記者会見でキャピタルゲイン税の計画について聞かれ、「どのようなものになるか、まだ最終調整中だ」と述べた。バイデン大統領は同提案について、28日に上下両院合同会議で行う就任後初の演説で増税策の一部として発表する見通し。

 

ただし、税率が大きく変わるのは所得が100万ドル(約1億800万円)以上の個人ということで、そこまで影響ないのかもと思っています。

資産ではなく所得なので、日本とはスケールが違います。(我が国は年収1200万円以上の人には児童手当除外とか悲しくなるレベルの話をしてます・・・)

 

Twitterでの声など。

個人的にはケイさんの書いている通りかな、と。

株価というのは短期的には暴れ回るんですが、超長期で見ると企業のあげた利益に近いものになるので、今を見て焦る必要はないと思います。

短期が分からない管理人は、来月も淡々とETFを買いますし。自分が信頼を置いている投資信託をコツコツ買うのを変える必要はありませんね。

敗者のゲームの言葉を借りると、毎日の天気なんて気にする必要はない、ということでしょう。

毎日の「天気」と「気候」は別物だ。 「天気」は短期的な現象、「気候」は長期的な現象を指す。この違いは重要である。

気候のよい場所に住みたいと思ったら、先週の天気だけを参考にしても意味がない。

同様に、長期投資を行う時に、一時的なマーケットの上下に振り回されてはならないのである。日々の市場動向は、「気候」にとっての日々の「天気」と同様、それほど重要ではない。

引用:敗者のゲーム

 

とはいうものの、短期的に気になる人もいるわけで。。

個人的にはお金刷りまくってジャブジャブな状況は変わらないし、行きつくところまでは何かしらのリスク資産にお金は流れるのかな、と。

で、結局、株高が続くというのはありそう。。

 

GW明けとかに大きく下がっていたらラッキーと思いつつ、副業収入でETFを買おうと思います。(上がっていてもラッキーなので、どちらでも気にせず買いますw)

今日は短いけどこのへんで。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

未来はどんどん良くなるので、たまにはノンビリ読書でもどうでしょうか。

 

相場が荒れてきたときには古典を読むのが一番ですね。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする

 

お金と投資
\シェア頂けると嬉しいです/
ななしをフォローする

【不労所得情報】

高配当好きな人にOxfordインカム・レター無料レポートはめちゃおすすめ。いかがわしいトップページ(失礼)なのに素晴らしいです。

 

【お得情報】

DMM Bitcoinが口座開設するだけで1,000円を配ってます。仮想通貨(暗号資産)に乗り遅れたという人もこの機会に1,000円分だけ買ってみるなどはどうでしょうか?

最短1時間で口座が作れるので是非この機会に!

スポンサーリンク&関連記事
blank
氷河期ブログ
タイトルとURLをコピーしました