インデックスだけで億り人やリタイアは無理と言うけども・・・

お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Twitterを見ていると少々株式が過熱気味な感じがしてきました。

理由としてはインデックス投資で満足できない意見が増えてきたからですね。

コツコツ入金して1億円にいくのはヨボヨボになった老人のときで、果たしてそれは嬉しいんだろうかなども話題だった様子。

せっかくなので管理人が思ったことなどをログとして残しておきましょうか。皆さまも自分はこう考えている、など思い浮かべて貰えると幸いです。

スポンサーリンク

事実|インデックスだけで億り人はぶっちゃけ厳しい

blank

不都合な真実ですが、つみたてNISAやiDeCoだけで金融資産1億円というのはぶっちゃけ厳しいです。管理人も1億円貯めるのは無理だと諦めているレベル。

なぜかというとインデックス投資は年3~7%を得るための手段だから。

ちなみにS&P500へ投資をしている場合、ここ10年くらいが10%とかで回っていたので平均回帰を考える(というかインデックスなので当然下がることは想定しなきゃマズいですよね)と2%とかで満足しなきゃいけない時代がやってくるでしょう。

 

年3%複利とかで計算すると、投資云々じゃなくて入金力がほとんど勝敗を決めてしまいます。資本主義にフリーライドしてるけど、資本主義で勝ち組に入らなきゃ資産形成も弱者とは悲しい現実。

 

いやいやいや。

だって複利で回ってギュイーンと伸びて30年後にウハウハで・・・と思うかもですが、これも正直厳しいかな、とも。

私も投資を始めたときは夢見ていました。しかし、、

リスクはリターンを蝕むのです。

関連記事【リスクはリターンを蝕む】株式投資で複利リターン6%は期待し過ぎの可能性大!

※リンクは新しいタブで開きます

 

ちなみにですが先進国株式を30年複利運用で回したときの最頻値はこちら。

  • 500万円一括 年4.6%
  • 月5万円積立 年2.3%

何だかんだで4%くらいを期待してますけど、7%はちょっと難しい感じですかね。

2018年に調べたときのデータなので、期待リターン8.9%、リスク18.0%とかなり甘々な数字での読みですが、現実はけっこう厳しい。。

 

毎月5万円を投資して、30年後に1億円とざっくり夢見るかもですが、期待リターンでも8000万円弱で、最頻値だと4000万円ちょいなのは意識しておくとリターンが低くて悩むことは減ると思います。

まぁ投資総額1800万円に対して4000万円なので一般人には十分大金ですけどね。しかし億り人になってリタイアは無理です。

 

とはいえ、インデックス投資をしている人というのはこの現実をしっかり理解しているんだとも思います。

 

ななし
ななし

個人的には老後に4000万円あれば十分過ぎる。というか老後を待たずにフル労働から足抜けします。

みんながみんな、億を望んでいたり、リタイアを目標に投資をしているワケではないでしょう。一番多いのは老後の不安解消だと思いますし。

 

管理人はもちろん大金も欲しいですけど、じつは不労所得が欲しいのが最近一番思うことだったりします。

大きく望むより、何もしなくて不安よりは、少しリスクを取っておくという人の方が多いかも。

Twitter見てるとみんながトレード上手くて大金持ってるように思っちゃいますけど、あそこが異常なだけで世間一般は違うような気がします。

 

個人的感想|けっこう流行りの銘柄に夢中になってる

blank

みんながみんな億り人を夢見てるワケじゃないと書きましたが、投資ブログやTwitterを見ていると

銘柄の移り変わり

今こそ儲けるときだ

といった熱を感じます。

ちょっと前まではハイテクだった気がするんですが、今はクリーンエネルギーなんですかね。私はあまり付いていけてません。。

 

実力もあって、銘柄選定もしっかりできてる人が乗り換えをしつつ、資産を増やしていくのは見ていて気持ち良いですし、自分にもできるかも!とついつい思いがちです。

ただ、普通にインデックス投資をしている人は手を出さない方が良いですね。

アクティブファンドでなくインデックスファンドを選んだのは、長期で勝ち続けるのがカンタンではないからです。

数年ならともかく20年レベルで市場平均を上回るのは至難の技。

そして、調子が良い銘柄、戦略を乗り換えつつ長期で運用できた人はほとんどいないんですね。有名なファンドマネージャーたちも10年くらいで一線を退きます。

ずっと一線でいるのはバフェット先生くらいかも。なので生きる伝説になってますね。

 

とはいえ、今の過熱感から降りるのは怖い

かくいう管理人もこの状況で冷静とはいえません。

副業収入でS&P500ETF(2558)を買う量は控えていますが、コロナショック大底で買ったVTIをいつ手放すかで悩んでいます。

今だとリスク資産50%を超えているので、リバランスに絶好のタイミングですが資産を伸ばしたい欲にかられていて利確保留中です。

個別株や伸びているセクターETFでガンガン儲かっている人だと、なおさら降りるのは難しいでしょう。

 

上手く降りれたとして、その次はどうするのか

一撃で1億円くらい稼げたら良いんですが、ここで目標金額に届いていなかったら上手いタイミングで降りて、次のチャンスを見つける必要がありますね。

これがまた難しいかな、と。

頭と尻尾はくれてやれ、という格言もありますが、真ん中だけ食べるならインデックスを保有し続けるので十分な気もしますし。

もしくはキャッシュ半分を持ちつつ、暴落に負けず買い向かう方が個人的には勝ち目がありそうと思ったり。

 

まぁ、毎年レベルで暴騰する銘柄は変わるので乗り換え先に困ることは無さそうだけど、ちゃんと勝ち組を選べるかという難題も残ります。

考えようによってはS&P500=勝ち組の加重平均なので、結局はこれをストロングホールドしておく方が気楽で長続きしそう、というのが愚人管理人の投資法です。

おわりに|インデックス投資でほどほどに儲けたい

blank

今思うと投資で大儲けしたいというよりは働かずにチャリンチャリンと不労所得が欲しい気持ちが強いです。

実力のある人からすればソッコーで儲けて、VTI+BNDに乗り換えれば良いと思うかもですが、愚鈍な管理人にはそんな神業はできないので淡々と買うのみが向いてそうです。

反面、上がっても買う、下がっても買う、アホみたいに買うという貧乏人のフルインベストメントを続けていかなきゃいけないので、今年も副業を頑張らなきゃなぁ、と思う所存。

 

皆さんはこの加熱相場でどういった戦略をしようと思っていますか?

管理人は愚鈍なバイアンドホールドです。

もし良ければTwitterなどで気軽に絡んでください。フォローしてくれると嬉しいです。

>>管理人のTwitterアカウント

 

以上、インデックス投資と億り人の個人的感想でした。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました