私の持ってる投資信託の年間保有コスト公開!簡単に見れるのでみんなもやろう

お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投信積立をしているし、もちろん信託報酬にはこだわっている。そういった人は多いですよね。

管理人もつみたてNISAでeMAXIS Slim米国株式(S&P500)を選んだ理由はそこにあります。

一方で、では自分が保有している商品に実際いくら払っているか?と聞かれるとパッと出てくる人は少ないのではないでしょうか。

 

ちなみに私は2,300円だったようです。

この2,300円を高いと見るか安いと見るか。

自分で個別株を集めて指数に連動させるには莫大な資金も必要ですし、1円単位で調整可能、配当も自動で再投資をしてくれる手数料と考えると激安化と思います。

 

調べ方などは超簡単なので記事にて紹介していきますね。

スポンサーリンク

持ってる投資信託の保有コストの調べ方

きっかけは東北投信のみらいさんのtweetで知りました。

やり方などは非常にカンタン。

SBI証券の人はPDFで届くみたいですね。楽天証券はいつでもネットで見ることができます。

 

楽天証券での年間コストの見方

blank

みらいさんのtweetより画像をお借りしました。もしTwitterを使っているならフォローしておくとこんな感じの情報が入ってくるのでおすすめですよ。良ければ管理人も一緒にフォローお願いします。笑

>>みらいさんをフォローする

>>ななしをフォローする

 

PC画面になるので、スマホの場合、PC画面で見る必要がありますね。Chromeだったらブックマークとかの下の方にPC版サイトというのがあるので、そちらを利用して下さい。

 

SBI証券での年間コストの見方

blank

SBI証券はログインして自分のポストを確認する必要がありますね。

管理人は昔に郵送設定してたようでPDF確認ができていません。書面で届いたらTwitterなどで紹介したいと思います。

 

やはり安いeMAXIS Slimシリーズ

blank

管理人の保有している投資信託だと

  • eMAXIS Slim米国株式 98万円 コスト651円
  • 楽天VTI 76万円 コスト1,089円

といった感じで見やすいですね。

eMAXIS SlimはつみたてNISAで毎月積立しているので、実際はもう少し高めになります。それでもやはり安いですね。

楽天VTIは昔に一般NISAで買ったものです。こちらは売買などしておらず一年間の保有コストそのままで参考になりやすいかも。

76万円に対して約1,000円だと許容範囲かな、と。もちろん本家VTIの方が低コストですけど、投資信託の方が買いやすいですね。

 

今は誰も触れないiFreeシリーズですが、やはり信託報酬の差はそのまま反映されるので0.2475%のiFree NYダウなどは高いですね。

blank

iFree  NYダウはコロナショックのときに打診買いしたんですが、スルスル上がったので放置し提案す。そろそろ売って債券投信に戻そうか思案中。

3月頃に買ったのでMAXのコストでは無いのですが、楽天VTI76万円の1,063円に比べると、8万円で163円は割高に感じます。

 

概算コストなので隠れコストは考慮されていない

blank

 

blank

たぶん、ですが楽天証券の場合、隠れコストなどは考慮されていません。単純に保有期間に信託報酬を掛けて概算を出しているだけの様子。

それでも1年間のざっくりしたコストを見れるのは参考になると思います。

SBI証券は調べられないので保留とさせてください。

 

古い投資信託はやはり高い

そういえば、子供の誕生祝いに投資信託をプレゼントしていたので、古い商品と低コストのものがどれくらいか調べてみました。

保有しているのは

  • ニッセイ外国株式(0.1023%)
  • SMTダウ(0.55%)

の2種類。

ニッセイ外国株式は当時0.25%くらいでしたが、企業努力でガンガンコストを下げてくれています。eMAXIS Slimに対抗できる数少ない投資信託ですね。

 

両社を見比べたのがこちら。

blank

  • ニッセイ 25万円 236円
  • SMT 25万円 1,293円

私たち個人投資家がリターンを改善できる唯一の方法が信託報酬の低い商品を選ぶということです。上記は連動する指数が全く違うので仕方ないにしても、SMTダウを買うくらいならiFreeダウを買うとコストが半分くらいになります。

ダウでなくS&P500でも良いということなら、eMAXIS Slim米国株式を選べば1/4以下に下がりますね。

まぁ、当時はS&P500に投資できる投資信託なんて無かったので仕方ないんですけど。。

おわりに|投資信託の年間保有コストを調べてみよう

信託報酬〇〇%というのは知っていても、実際に自分が持っているが年間いくらかかっているかはイメージしにくいですよね。

もし良ければ調べて見ると意外な発見になるかも知れません。本記事が何か参考になりましたら幸いです。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
お金と投資
\シェア頂けると嬉しいです/
ななしをフォローする

【不労所得情報】

高配当好きな人にOxfordインカム・レター無料レポートはめちゃおすすめ。いかがわしいトップページ(失礼)なのに素晴らしいです。

 

【お得情報】

DMM Bitcoinが口座開設するだけで1,000円を配ってます。仮想通貨(暗号資産)に乗り遅れたという人もこの機会に1,000円分だけ買ってみるなどはどうでしょうか?

最短1時間で口座が作れるので是非この機会に!

スポンサーリンク&関連記事
blank
氷河期ブログ
タイトルとURLをコピーしました