【ザ・不労所得】2020年9月の配当状況【3ヶ月に一度の感謝】

幻想的|電球と蝶と青年お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

10月に入り2020年9月度の配当が出揃いました。

米国株は年4回の配当が多いので感謝の月でもあります。

 

昔から放置しているものもあれば、最近まで買い漁っていたSPYDやVYMといった高配当ETFからの配当もあり、個人的にはまとまった金額となりました。

管理人がどんな銘柄から配当を貰っているかを紹介します。

スポンサーリンク

2020年9月の配当状況

9月に貰った配当はこちら。

2020年9月の配当

税引後387ドルなので約4万円ですね。

税引前は525ドルなので痛いですが、目先の現金というはやはり嬉しかったりします。

 

保有している銘柄

入金日銘柄単価数量受取金額
2020/10/2ARCC0.422$6.32
2020/10/2HDV0.85077209$138.27
2020/10/2IJR0.2890440$8.30
2020/10/2VB0.544620$7.83
2020/10/2VTI0.674146$22.26
2020/9/29SPTM0.1416310$1.04
2020/9/29VT0.4025340$98.15
2020/9/29VYM0.705382$41.50
2020/9/25SPYD0.26357160$30.26
2020/9/18VDC0.87135$3.14
2020/9/17MCD1.2520$17.96
2020/9/10SPAB0.06182102$4.55
2020/9/8BND0.1530773$8.03
合計$387.61

古くから持っているVTとHDVは毎回1万円くらい稼いできてくれる頑張り屋さんですね。あとtweetでも書いてますが、放置しているのにお金が入ってくるって素晴らしくないですか?

事業をしたり不動産の目利きとかできない管理人にとって、配当金というのは自分が働かなくてもお金を生み出すマジックアイテムみたいなものです。

まぁ金額はショボいですけど。

 

配当が老後を楽にするかも

海外ETFがざっくり1000万円くらいあって、年間配当が税引後で18万円くらいになりそうです。月平均すると15,000円くらいに育ってきました。

ここまでに10~15年くらいかかっています。

株式は成長する資産なので20年放置していたら倍くらいになるのを期待しても良いんじゃないでしょうか。

 

そうすると月3万円くらいの配当。

そして、あと投資とか副業できる期間が20年くらいとすると、国内ETFでも月2万円くらいは何とかなりそう。

月5万円の配当があれば年金と合わせて最低限の生活ができそうな気もします。つみたてNISAの取り崩しもできるので、意外と老後は困らないのかも。

 

生活に困ったら配当を使うこともできる

高配当ETFとかは2020年現在はハイテクにボロ負けなのですが、勝ち負けよりも低能な管理人にはお金を生み出してくれるだけで感謝感謝なんですよね。

取り崩すのを勿体ないと思ってしまう貧乏性でもあるので、定期的にキャッシュとして金額確定してくれる配当というのはありがたい存在です。

今のところ生活に困っていませんが、子供が大きくなって部活の遠征とか習い事でお金が厳しくなってきたら配当に頼ることがあるかも知れません。

その時は今の自分に感謝しつつ、ちょこちょこと資本主義の恩恵を使おうかな、とも思っています。

意外と便利に思うのですがどうでしょうか。

おわりに|ありがとう配当金。また12月もよろしく頼む

幻想的|ベンチと夜空と光

じっとしているだけでお金が湧いてくるとか資本主義のチートアイテムですね。(たまに暴落という地雷があるけど…)

以上、配当への感謝というお話でした。

投信派の人も、ETF大好き派の人も、コツコツ貯めて資産というより安心感を貯めていきましょう。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました