ベストバイストック2019開催中

忘年会のカラオケ練習用として最強?Amazon Music Unlimitedが99円!

詳細はこちら

悲観的な相場こそ、複業(副業)収入での投資が効果的だと思う

ラッパを吹く天使隊お金と投資

2019年8月5日時点での相場情報です。

為替は1ドル105円台になり、NYダウと日経平均も続落をしています。

こういう時、スポット購入だと「まだまだ下がるかも」という風に迷う人は多いはず。

私もそうです。笑

記事内容は以下の3点をまとめたものです。

  • スポット買いで用意していたお金だと躊躇う…
  • やはり積立投資は完成された投資法だと思う
  • 副業で入った収入はあまり気にならず投資しやすい

積立投資の他にスポット投資を考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

悲観的な相場こそ、複業(副業)収入での投資が効果的

ラッパを吹く天使隊

周りが悲観的になってきた時こそ、副業での投資は力を発揮します。

本業での収入があり、生活が安定している中で複業(副業)収入は余剰金だからです。

管理人の場合ですとWebライターのお仕事ですね。

同じ投資だから、高値掴みの怖さとかあるだろう、と思う方もいるかも知れません。

しかし本業以外で、投資と関係ない部分から生まれた現金なので失う怖さは「段違い」です。

副収入があると精神的に楽になるとは思っていましたが、投資の面でも良いのかも知れません。

副業なんて普段の仕事でいっぱいいっぱいだよ、という方が大半だと思います。私も間もないので分かります。

そういう人のために積立投資があると思いますし、退屈な場合はお小遣い投資をオススメします。

やはり積立投資は完成された資産形成と思う

とは、いいながら105円台になったのを知ったのはTwitterのタイムラインです。

それを知った後に、入金があったので急いでドル転をしています。

つみたてNISAやiDeCoで積立投資をしていれば、必然的に長期目線になります。

このくらいの動きは気になることなく、仕事を頑張り、余暇を楽しむことに集中ができますね。

おまけ

結果的には早起きしたものの、VYMは買えませんでした。

ドルMMFからの買付に、上記のようなルールがあるのを初めて知りました。

それでもスポット買いをしたい人はお小遣い投資をしよう

2019年8月5日時点での円高や株価下落は、まだまだ精神的に余裕がある人ばかりと思います。

「ちょっとした調整だと思う」「せっかくなので拾いたい」という心境でしょうか。

そういった場合は、自分の財布から少しだけお金を抜き取って投資をすると良いですよ。

失敗しても気になりませんし、成功したら気分が良くなります。笑

あくまでメインは今まで積み上げてきた資産と積立投資です。

気分的な問題であれば、ちょっと飲みに行くのを減らしてお小遣いでの投資はオススメ。

最近だと海外ETFも手軽になりました。

ちょっと試してみるには良いかも知れませんね。

関連記事米国株の最低手数料ゼロ、気付いたらネット証券3社が横並びに

※リンクは新しいタブで開きます

ちなみに、この数日でどれくらい下がったのか

楽天証券資産状況20190805

2019年8月5日の楽天証券口座内

楽天証券状況20190806

2019年8月6日の楽天証券口座内

米国株式だけで30万円くらい溶けていますね。

投資信託も米国株式ばかりなので、明日は同じように下がるでしょう。

入金して即ドルMMFを買っています。

手持ちの円をドルに20190805

2018年12月の急落はもっと大きく動いていたと思いますが、金額は既に忘れています。

忘れるくらいでちょうど良いですね。

悲観的な相場でも複業(副業)ができるようにしていく

副業と小銭

今後も、急落や暴落があるので、コツコツと複業(副業)スキルを高めていきます。

けっして大金を得る必要はないのが気楽なところ。

今はWebライターで投資系の記事を書かせて貰っています。

ただ、景気が悪くなってくるとWebライターの仕事も減りそうなのが問題。。

収入源はWebにこだわらずに色々試してみたりしていく必要がありそうです。

関連記事副業オフ会の復習。太陽光の草刈りを外注で受ければ仕事になるか

※リンクは新しいタブで開きます
ななし
ななし

副業オフ会とか、機会があれば参加をしていこうと思います。

おわりに|複業(副業)収入での投資を続けていきます

投資は老後まで、飽

きることなく続けることができます。

副業も楽しく続けながら、投資と同じように付き合っていきたいと思います。

お読み頂いてありがとうございました。

 

関連記事です。

複業(副業)で月3万円が安定してきた。得ている収入を分野別に紹介します

どういったものが副業収入になっているかを紹介しています。

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新しているので、通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました